スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請求書の作成のポイント

すっかり、ご無沙汰してしまいましたが、久しぶりに備忘録的なものを少々。

業務が終了した後などに、その代金を請求するために作成する書類が請求書です。現金販売や口頭契約のケースを除き、ビジネスでは最も多くやり取りされる書類のひとつでしょうか。

ただ、大手企業やその系列ですと、不正防止等の観点から、現場とは別の部署が請求~代金回収の業務をおこなうのがむしろ一般的で、請求書の作成も現場がやるケースは少ないと思います。
大手系のコンサル会社では、そういう業務フローだったため、業務~納品~検収までが担当で、それ以降は管理部門の業務であり、ほぼタッチしていませんでした。ごく稀に、スポットの講演やセミナー等で(管理部門がタッチしない場合)「請求書が欲しい」という顧客がいた場合も、会社制定の請求書フォーマットに金額や内容を付記して終わり、と。

今般、諸事情から請求書を作成する必要が生じ、改めていろいろ考えてみると、フォーマット自体はネット上に溢れているのですが、不明確なことも多くて…。
整理してみました。

請求書に必要な項目
請求書について定められた法的な要件は特に無いようですが、代金を請求するための書式として、最低限以下の項目が必要になります。

- 日付
- 請求先
- 請求元
- 請求の根拠となる内容
- 金額
- 支払期日
- 支払方法


日付
請求日です。例えば、コンサルだと、作業終了日又は検収終了日(以降)等でしょうか。また、継続的な売買等だと、締日なども必要になります。

請求先
代金等を請求する相手先の顧客です。企業名か、部署名か、担当まで入れるのか、などの選択支があり。

請求元
自分又は自社です。

請求の根拠となる内容
実施した作業や売買等の内容です。基本的に契約書や注文書等の内容と一致させます。

請求金額
一番大事なのがこちらで、代金+消費税(カッコ書き)→合計金額。

支払期日
いつまでに支払が必要かという期限。支払条件、振込期日などと書く場合もあり。

支払方法
一般的な振込の場合は、銀行・支店名、預金種別・口座番号、口座名義を記載します。
振込手数料の負担の件を付記することも。

これ以外にも、

請求番号

が記載してあると、自社での管理や請求先とのやり取りに便利です。

その他、
「請求書」という文書名
「平素は格別の~」等という前書き
「以上」
など、文書の体裁を整えて、請求書が出来上がりです。
スポンサーサイト

個人事業税と業種

地方税のひとつに、個人事業税というのがあります。
企業ではなく、事業をやっている個人、いわゆる個人事業主に対する課税ですね。

都道府県内で第1種事業から第3種事業にあたる特定の事業を営む場合、前年の事業による所得金額から事業主控除額などを差し引き、それに税率を乗じたのが税額です。

個人事業税の税額 = (前年の事業所得金額 - 繰越控除等 - 事業主控除額)× 税率


基準が前年の事業所得なので、開業の年には課税されません。2年目以降ですね。支払った個人事業税は、事業所得(国税)の計算では、必要経費になります。

コンサルタント業は、第3種事業として明記されています。税率5%。
管理人の場合、システム開発の一部としてコンサルティング作業をおこなうケースもあるのですが、システム開発業は業種として明記されていません。

疑問に思ったので、都道府県税事務所に問合せしてみたところ、契約等の内容によるが一般的には請負業として課税されるケースが多いのでは、とのこと。請負業は第1種事業になります。こちらも税率は5%。
逆に、請負に該当しない準委任や無名契約等であれば、課税対象にならない場合もあるということのようです。

なお、業種が変更になった場合、国税は確定申告の際に業種の記入欄があるので記入しますが、その情報は都道府県税事務所へは連携されないとのこと。別途、変更の届出が必要とのことでした。

Googleカレンダーの検索結果がすべて表示される

行動予定と実績の管理には主にGoogleカレンダーを使っており、とても便利なのですが、ただ、以前にエントリを上げたように検索結果が最大6件しか表示されないのが不満でした。「検索」のGoogleのはずなのに、と。

件数だけは判るものの明細は6件のみ表示なので、すべての明細を見るには検索結果が6件以内に収まるように検索期間の日付をいちいち調整して、分割する必要があったのですね。

ところが本日、検索していると、アレっ!?ズラズラと長いリストが表示されます。仕様が変更されたようですね。
いくつかのワードで検索してみましたが、カレンダー作成以降のすべてが検索結果として一覧表示されているようです。
これは、とても便利な変更です。

Googleスプレッドシート 条件付き書式

必要に迫られて、Googleスプレッドシートで簡易帳簿的なものを作成中です。

チェックのために、セルに条件を付して色などを変えたいニーズが生じたのですが、そこで役立ちそうなのが、条件付き書式の機能。
Excelでも同じような機能がありますが、Googleスプレッドシートでは初めて使ってみました。

1. まず、範囲を選択して

2. メニューの「表示形式」→「条件付き書式」

3. 別ウインドウで開く「条件付き書式設定ルール」の範囲を確認して、「セルの書式設定の条件」をプルダウンから選択。
例えば「次の間にある」条件の場合は、セルの入力値としてXX~XXのように数字を設定します。

4. 「書式設定のスタイル」として、色や文字装飾等のを選択して「完了」。


一度設定した条件付き書式は、設定した範囲内のどこかのセルを選択して、「表示形式」→「条件付き書式」とすると「条件付き書式設定ルール」の別ウインドウが立ち上がり、修正も出来ます。

なお、設定の操作を途中で止めると、デフォルトのカラーが設定されてしまう仕様のようです。途中で取りやめる場合は「キャンセル」します。
もし、誤って設定した場合は、修正と同様に「条件付き書式設定ルール」の別ウインドウを立ち上げ、「ゴミ箱アイコン」で条件を削除します。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。