証券アナリストジャーナル 特集「のれんの会計をめぐる諸問題」

日本証券アナリスト協会の発行する雑誌「証券アナリストジャーナル」。ふだんはキチンと目を通すことも少ないのですが、2016年5月号(VOL.54 №5)の特集として「のれんの会計をめぐる諸問題」がテーマになっておりまして。

■証券アナリストジャーナル(日本証券アナリスト協会)
https://www.saa.or.jp/learning/journal/index.html


ご承知の通り、のれんの償却/非償却は日本基準とIFRSの極めて大きな差異で、もうひとつの日本基準である修正国際基準(JMIS)がわざわざ作成される原因となった論点のひとつです(もうひとつは「その他の包括利益の会計処理」)。

IFRSの定番教科書(基本書)も書かれている秋葉賢一先生(早大大学院)が、特集の解題を担当されておりまして興味津々。



のれんに関する主な論点として、上記ののれんの償却/非償却を含めた10論点が挙げられています。

(買入)のれんに関する主な論点
1. どの企業結合にパーチェス法を用いるか。
2. 自社の株式による場合、取得原価をいつの時価で算定するか(合意日か取得日か)。
3. 100%未満の取得の場合に、被支配株主持分(NCI)を時価で算定するかどうか(部分のれんか全部のれんか)。
4. 識別可能資産・負債をいかに把握し、取得原価を配分するか。
5. のれんは、資産(または、負ののれんは負債)かどうか。
6. のれんに、税効果を適用するかどうか。
7. のれんを償却するかどうか。
8. のれんを償却する場合、何年以内で償却するか。
9. のれんの減損処理をどのように行うか。
10. のれんに関する注記として何を開示するか。
(上記より引用)


掲載されている4つの論文は、論点7(のれん償却/非償却)を中心に、4、5、8~10に関連するものとのこと。


- のれん会計の動向と日本基準の課題 -会計学の視点から- 梅原秀継(明治大学会計大学院)

- のれんをめぐる会計実務について 大迫孝史(トーマツ)

- のれんをめぐる実証研究の新動向 永田京子(東工大工学院)

- のれん情報の価値関連性及び将来業績との関連性 石井孝和(福山大学)


管理人スキルではこれらの内容を完全に理解することはかないませんが、減損に関する点など多くが参考になりました。
ご興味のある方は、ぜひご一読を。
日本証券アナリスト協会のサイトでバックナンバーの購入及び論文1本単位からダウンロード購入もできる模様です)

なお、のれんは広義には自己創設のれんと買入のれんの両方を含む概念ですが、特集は主に後者に関するものです。
自己創設のれん(Intermally Generated Goodwill)とは、当該資産によって市場平均を超過すると期待される将来利益の現在価値。
買入のれん(買収のれん、Acquired Goodwill)とは、当該資産の買収価額と識別可能純資産額との差額。

あと、「のれん代」は日経新聞の偏愛する造語&特殊用語で、実務で言うとバカにされるから、よい子のみんなは使わないでね~。





スポンサーサイト

商船三井フェリー「さんふらわあ ふらの」パシフィック・ストーリー(2016春旅 東北・北海道⑥)



2016春旅 東北・北海道の続き。長々お付き合い頂きましたが最終回です。
(以前のは、こちらこちらこちらこちらこちら

旅の復路は、札幌-東京発着でフェリーと高速バスがセットになった商船三井フェリー他の「パシフィック・ストーリー」という商品を利用してみました。シーズンにより料金は異なり、最安値のA、B期間は9,990円なり。
名称は異なりますが、小樽、旭川、ふらの-東京発着の商品もあるようです。

■商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/ferry/


一時、船旅に凝った頃がありまして、といってもカネも時間もなかったので、大阪、尾道等の渡船とか瀬戸内海、桜島、北九州等の短距離のセコイ奴(←失礼)がほとんどでしたが、それでもけっこう乗り歩いた。ただ、長距離は徳島~東京と、大昔の沖縄行くらいか。
カネは今も相変わらずですが、時間は存分にありまして。新千歳からの空路は飽きるほど乗ったし、新幹線も往路でお腹いっぱい、食指をそそられませんでしたので。

パシフィック・ストーリーの基本プランでは船室はエコノミーですが、これはいわゆる雑魚寝なので、奮発してカジュアルルームというのにアップグレードしてみました。A期間は3,090円増し。差額ベッド代ですね。
カジュアルルームは2段ベッドが3台ずつ向き合う12人部屋。開放型B寝台の雰囲気で、やや鉄としてはお気に入り。閑散期だからでしょうが、専有でしたし…。
なお、2人以上なら、更に上のクラスの個室利用もよいと思います。

展望大浴場も広くてグッド。翌朝も入ってしまいました。
100円玉返金式のコインロッカーが浴室やパブリックスペースにあり、上手く使えば盗難の心配を減らせます。

ひとつ失敗を。大洗港では乗り継ぎバスの接続がとても悪く、バスの時刻もサイト記載とは違っていて、ずいぶん時間を無駄にしてしまいました。ターミナル前で待たず、大洗派出所前停留所まで10分ほど歩いた方がよさそうです。

本当に久しぶりの長い船旅は、とても良かったです。また、すぐにでもフェリーに乗りたいという気分になってます。

なお余談になりますが、熊本・大分の震災の救援に向けて、この「さんふらわあ ふらの」が回航された、という報道を数日後に見ました。

(終わり)



函館、小樽、札幌の食と温泉、喫茶店(2016春旅 東北・北海道⑤)

2016春旅 東北・北海道の続き。(以前のは、こちらこちらこちらこちら

食等に関しては詳しく書くときりがないので簡記だけしておくと…

函館で、お気に入りの「津軽屋食堂」に寄り、北のS本部長ご推薦の谷地頭温泉(市営)に入り、ハセガワストア(ハセスト)のやきとり弁当と「カリフォルニアベイビー」(初訪)でシスコライス。

「津軽屋食堂」の載ってる本(道内の大衆食堂ガイド)


たまたま長時間停車した森で「阿部商店」のいかめし、長万部では、「かなや」かにめしを仕入れ、そば弁当で知られる「合田」で蕎麦を。小樽では「なると」で若鳥半身揚げと「亀十パン」(初訪)など。

札幌では、気に入りの居酒屋「金富士 狸小路店」に日参、「第三モッキリセンター」にも複数回。「コノヨシ 南12条店」、「うにむらかみ 日本生命札幌ビル店」は初訪などなど。

「金富士狸小路店」の載ってる本


あと、札幌では「MARK珈琲倶楽部」、「MISUZU CAFE 札幌駅前店」、「本田珈琲」、「さえら」、「コージーコーナー」と多くの喫茶店にも寄りました。さえらはサンドイッチも旨いです。たらばがにが有名ですが、お薦めはカレーコロッケとえびカツ。

札幌の喫茶店についてはこちらが詳しい(閉店してしまったお店の追憶もあり)


とても豪華とは言い難いですが、充実したB級的食生活でございました。まったく、いつまでこんなことをしてるのでしょうか。
(S本部長、期初の業務ご多忙中に2回もランチにお付き合い頂き、ありがとうございました。)

こちらに上げたのは、管理人お薦めのお店です。自社サイトを確認したところはリンクしましたが、その他、ご興味ある方は、お手数ですが検索して下さいね。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2016/05 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード