スズシロさん「ほんとねこ」Kindle版発売!

先日のブログに書きましたが、いつも拝見しているスズシロさんのブログ「ほんとねこ」が書籍化です。

■ほんとねこ
http://blog.livedoor.jp/lynnsuzu/


版元の手違い(?)で、紙の本はAmazonでは購入できないとのこと。(←こんなことがあるのですね。どんな大人の事情なのか?興味津々。今後、このあたりの内情を書いてもらえると楽しいのですが…)
<修正&追記:予約は出来なかったものの、発売日以降は購入できるようになったとのこと。よかった。>

ただ、Kindle版は本日、Amazonで無事、販売開始しております。



紙の本は、本日取次に搬入予定で、その後順次店頭に並ぶ見込みとのこと(書籍の流通って、ややこしいでんな)。
スズシロさんお手製の店頭ポップや色紙も、ぜひ見てみたいので、管理人は、まずは書店にチャレンジしてみるつもりです。
スポンサーサイト

チキンラーメンで生玉子を固めることについに成功

人生で何度目かの、チキンラーメンブームが来ておりまして。



チキンラーメンで問題となるのが、トッピングの生玉子をどうやって固めるか。つまり、いわゆるチキラー玉子問題でございます。
これまで何百回となく、生玉子を固めることに失敗してまいりました。管理人の好みとして、黄身は生でもよいのですが白身を固めたいのですね。黄身半熟、白身固いが理想(だから真逆の状態である温玉は苦手)。

Web上の情報も取り入れ、いろいろと試してきたつもりな訳ですが、これまでは一度として上手くいきませんでした。
ところが、やっと、今回、成功しましたので、とりあえずのご報告でございます。

成功の決め手になったのは、大袋(5個入りの外装)の側面に書かれていた「たまごをきれいにかためる豆知識」。特に、その3とその4の内容でした。

その3
細口のやかんを使う
少しずつゆっくりそそごう
(引用)

イラストにはコーヒーポットのような細口のが描かれています。(コーヒーの場合のように入れ替えるのは温度が下がるのでNGでしょうが)そういえば、いままで、勢いよく、一気にお湯を注いでいた気がする…

その4
黄身と白身の間を中心にゆっくりまわしかける
白身がきれいにかたまるよ!
(引用)

白身に当てるように、ゆっくりかけるのが重要なのか。

これらを意識してやったところ、袋の写真と同じ、とまではいかないものの、近い感じまで玉子を固めることに成功しました。実にうれしい。充実感。

これまでは、お湯を注いで1分待つことから、その間に玉子が固まる、と勝手に思っていたような気がします。丼に注いだ後の湯で、白身を完全に固められる温度80度を保つのはかなり難しいことは認識すべきでした。そうではなくて、お湯を注いだその時に、すでに9割方勝負は決していた訳ですね。

そういえば、日本蕎麦屋の月見そばで、白身を少し固めるむら雲(群雲、村雲)そばでも、そんな技法を使う場合があると聞いたこともあるような。

■日清食品 チキンラーメン
http://www.chikinramen.jp/

Gmailのメール送信取り消し機能が標準実装に

Gmailに送信してしまったメールを取り消しできる機能が、標準として実装されたとのこと。

取り消しできる時間は送信後5~30秒(!)ですが、送信直後に表記ミス、添付ファイル忘れなどに気付くことはよくあること。このような場合、直ぐにメールを取り消すことが可能です。この機能は、これまでも「Labs」のひとつとして試験的に利用できましたが、一般的な機能に格上げされたということでしょうか。

デフォルトでは、この機能はオフになっているようなので、以下の手順で設定しました。

1. 右上の「ギア」マークのプルダウンメニューから「設定」を選ぶ。

2. 「全般」タブの「送信取り消し」メニューにある「送信取り消し機能を有効にする」のチェックボックスをオンにして、「取り消せる時間」を5~30秒で選択。

3. 一番下部の「変更を保存」。


繰り返しますが、取り消しできるのは送信後5~30秒だけなので、これを機会に、メール送信直後に送信したメールを確認する癖をつけたいものです。



テツの抜け道シリーズ開始「羽田空港第1ビル-羽田空港第2ビル」抜け道

もともと旅行(国内ね)が好きで、また仕事柄というか、勤務していた会社や以前に担当していた業界の事情で、日本各地に出張してまいりました。私的な旅行と合わせると全国47都道府県に行き、たぶん全都道府県庁所在地に足を伸ばしております。
鉄分が多いので、出来るかぎり鉄道関係を利用しますが、問題のひとつがローカル線等での行き止まり、いわゆる盲腸線問題になります。

故宮脇俊三さんが言われていたように「左右の車窓を昼間に確認する」のが乗り鉄の理想で往復乗車するのも一興ではありますが、出張は一応(?)仕事なのでその制約や、時間制限のため、複乗は出来れば避けたいことも多い。そのために考えるのが、何らかの方法を使い盲腸線と他の路線等を繋ぐこと。これをここでは「抜け道」と呼びます。なお、基本は徒歩での移動(つまり歩き)で、基本的にタクシーやマイカー(←死語)、レンタカー等の自動車移動を含みませんが、バスは入れてます。あと、渡船なんかも(笑)

最初にネタばらしをしておくと、この分野には松尾定行さんの「鉄のぬけ道」という先達のバイブル的な著作がありますので、情報を求めている方はそちらをご覧頂くのもよいかと。



なお、このブログでは、管理人が実際に利用した抜け道について、書いてみたいと思います。

なおなお、本シリーズを含め当ブログでは出来るかぎり正確な記述を心掛けておりますが、経時的な変化や、管理人の認識や記憶の間違い等も有り得ます。情報を利用される際には、ご自身の責任で必要に応じて確認等をなされることをおすすめします。また、誤記等に伴い何らかの損害等が発生した場合でも、一切の責任を負いませんので悪しからず。

また、管理人は鉄道好きではありますが、めちゃくちゃ詳しいかというとそのあたりも大いに心配でして、もし補足やミスのご指摘などをコメントで頂けると、誠にありがたいです。

前置きがずいぶん長くなりましたが、テツの抜け道シリーズ第1回は、羽田空港第1ビル-羽田空港第2ビル。いきなり盲腸線と言い切るには微妙な物件ですが、割と最近の利用で、また新たに気が付いた(これまで知らなかった orz)ことがあったので選びました。

羽田空港国内線ビルには、現在は以下の駅が存在します。

羽田空港第1ビル(東京モノレール)
羽田空港第2ビル(東京モノレール)
羽田空港国内線ターミナル駅(京浜急行空港線)
※ 少し離れたところに羽田空港国際線ビル駅(東京モノレール)と羽田空港国際線ターミナル駅(京浜急行空港線)もあります。


このうち、東京モノレールの羽田空港第1ビルと羽田空港第2ビルの間には、地下に通路があり抜け道になっています。
考えてみれば、両駅というか、第1旅客ターミナルビルと第2旅客ターミナルビルを挟む形で京浜急行の羽田空港国内線ターミナル駅があるわけで、つながっていて当然ですが、管理人は羽田空港を少なくとも数百回利用していたにも関わらず、その存在に気付くまでにずいぶん時間がかかりました。

地図上では約650m、9分(Google マップ先生調べ)となっていますが、実測ではもう少し近い感じ。抜け道部分は、5分強で歩けたと記憶します。途中には断続的に、チープな動く歩道(つい「歩く歩道」と言ってしまう)があり歩行を補助しています。

なお、今回記事を書いていて気付いた(今更!)のは、東京モノレールの羽田空港第1ビルから羽田空港第2ビルへのルート。なんと、半円形的に大きく湾曲しているのですね。抜け道は、半円の直径部分をショートカットしている形です。

Twitter 動画の自動再生を停止する設定

Twitterの仕様が変わり、初期設定では動画が自動再生するようになったようです。

興味のない動画が再生されるのは非常にウザいと感じましたので、以下のように設定で停止しました。

1. 「Twitterを検索」と「ツィート」の間にあるプロフィールアイコンをクリックし、プルダウンで「設定」を選択。

2. コンテンツの「Video Tweets」のVideo autoplayチェックを外して、「変更を保存」。

3. 確認のパスワード入力。


考えてみると、Twitterの設定をサワったのは初めてかも。タイムゾーンが、なぜか「Hawaii」になっていました。なんで?

あと、チェックを外すだけで変更したつもりになり、「まだ動画が再生するなぁ、なんでだろう?」と思っていたら、「変更を保存」以下を忘れてました。情弱なり orz

Ginza Itoyaがオープンらしいが…

建て直していた旧伊東屋の銀座本店が「Ginza Itoya」として2015.6.16に再オープンしたようですね。

■伊東屋
http://www.ito-ya.co.jp/


まだ足を運べていないのですが、TLや各ブログからは不穏な情報が多々聞こえてまいりまして萎える…。曰く、文房具を中心とした「セレクトショップ」とか、「ライフスタイルショップ」など。

建て直し中に営業していた仮店舗がそんな感じで、管理人の買えるもの、買いたいものがほとんど無かったので、非常に心配していたのが、おそらく現実になった模様(推定)。

Itoyaオリジナル商品とか、高額商品とか、全然興味ないんすよね。なんとかいう異常な高額手帳とかも。コスト的に、まったく継続的な実用性がないてすから。文具のホームセンターとして、単に日本の文房具メーカーのそれこそ無数の種類の商品をドッと店頭に積んで欲しかったんですが。

まあ、経営としてみると、正しいんでしょうね。客単価数百円の文房具商売に見切りを付け、日本&東京の顔である銀座に相応しい数万円の客単価を目指した商売へと舵取り。
ただ、DRINKとか、CAFEとか、FARMとかは、なんであるんでしょうか?意味不明です。特にFARM、こんなのがペイするはずはないです。室内野菜ビジネスの破綻は、そろそろ出始めてますが、まして銀座で…。

まあ、もう訪れることもないかなぁ。残念ですが。

au迷惑メールフィルター「迷惑メールおまかせ規制」発動

1週間ほど前に、auから新たなタイプのメッセージが来始めました。
どうもメールアドレスが漏洩したようで、知らないうちに適用されていたauの迷惑メールフィルター「迷惑メールおまかせ規制」がメールを弾いたという通知でした。結果通知だけなので発信人アドレス等は何も判りませんが、迷惑メールの数は、1→34→73→50→42→43→40→26(日次)という感じ。

アドレスはスマホ導入時に専用として作成し、開示は数ヶ所のみ。実際使っておらず、これまではキャリアとメーカーからのメールしか来ていないので、どこからどうやって漏れたのか、非常に興味があります。おそらく情報漏洩事件かなと。

なおメッセージでも2件、これまで来たことが無かった迷惑メッセージが来ました。つまり、メールアドレスと電話番号がセットで漏れた可能性がある。ということは、スマホの手続をしたXX店が怪しいかなと推測。

ラック社「日本年金機構の情報漏えい事件から得られる教訓」

情報セキュリティ企業のラックさんが、日本年金機構の情報漏洩問題について、レポートを公表されています。

■「日本年金機構の情報漏えい事件から得られる教訓」公開のお知らせ(2015.6.9)
http://www.lac.co.jp/news/2015/06/09_news_01.html


開示情報から事実関係を整理、原因等を推測して、対策的なことを提言しておられます。
断片的に聞きかじっていた事項が整理され、本件の全容を知ることができました。

Webから物理的に切り離され堅牢に防護された基幹系システムから、個人情報を外部記憶媒体経由で情報系システムにコピーして業務をおこなっていた。そこに標的型サイバー攻撃されてPCがウイルス感染し、情報系システムのコピー情報が盗み取られた、というあたりは、ほぼ推測通りでした。
資産を保全するため銀行に口座をひらき貸金庫を借りたけど、出し入れするのが非常に面倒なので、結局、自宅に貴金属や大金を置いていたら、どろぼうに入られ盗まれた、という感じでしょうか。堅固で高価な基幹系システムを開発し運用している意味がまったくありませんが、実はよく見聞きする話ではあります。

タスクトレイのWindowsアイコンが復元?

以前に「タスクトレイのWindowsアイコンの表示を消す方法」をアップしましたが、気付くとアイコンの奴が復元していて鬱陶しいです。

どうも「再起動」すると、Microsoftから謎の電波?が来て、復元してしまう模様。通常の「シャットダウン」ならば、大丈夫のようですが、諸事情によりほぼ毎日再起動を余儀なくされるので困っております orz

Windows10アップグレード 予約の取り消し&アイコンと通知の非表示

Windows10アップグレードの件。管理人のPCのタスクトレイにも、本日やっとWindowsアイコンが登場していました。
対象は、Windows7 SP1とWindows8.1なんですね。何かの手違いでWindows8のままの方は、一度8.1にアップする必要があるかと。

クリックすると、「無料アップデートの手順」画面が開きます。「受信を確認するためのメールアドレスの登録」はスキップしても、問題ありません。というか、スキップして様子を見たつもりが、この段階で、すでに予約されてました。情弱 orz
アップグレードするかどうか逡巡中の方、特にWindows7ご利用の方は、ご注意下さい。

管理人は、すでにWindows8.1なので、基本的にはアップデート一択で、まあよいのですが。PCのチェックでデバイス2種が動作警告されましたが、それはインテルとMicrosoftのブツ(笑)

また、いきなりインストールされる訳ではなく、一度ダウンロード(2015.7.29予定)→通知→任意のタイミングでインストール(アップグレード)となるようです。

なお、管理人のように誤って予約してしまった場合、予約取り消しも可能です。

1. タスクトレイのWindowsアイコンをクリック。

2. 左上の三本線でメニューを表示(左サイドバー)。

3. アップグレードの表示の「確認の表示」から、「予約の取り消し」リンクを叩く。


鬱陶しい、タスクトレイのWindowsアイコンの表示を消す方法も。

1. タスクトレイの上向き三角印(△)をクリック。

2. アイコン群の下にある「カスタマイズ」リンクをクリック。

3. 「タスクバーに表示するアイコンと通知の選択」画面から「GWX Windows10を入手する」の動作「アイコンと通知を非表示」。通知のみ受け取る場合は「通知のみを表示」


上記は、単に表示&通知されなくなるだけで、Web上ではもっと本質的な対応も出ていますが、情弱な管理人にはこれが理解の限界でした…。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード