「できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド」購入

連休中にEvernoteも始める予定(←自分に言ってる)なので、購入しました。

■「できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド」 コグレマサト 、いしたにまさき、堀 正岳 インプレスジャパン 2014.4.25刊


2010刊行の同名書の最新版。ライフハック業界の三賢人による執筆です。


できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイドできるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド
(2014/04/25)
コグレマサト、いしたにまさき 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

notoに関する疑問点

先日、noteのアカウントを作ってみたのですが、その際の疑問点について追記を。

疑問点は、以下でした。

1.検索は、どうやるのか?

2.「特商法表記に関する設定」として「事業者名」、「連絡先」の設定欄があるが、これは有料の場合は事業者扱いということか?

3.(スキップした場合)「関心のあるジャンル」は、後からどうやって設定するのか?


管理人が調べた限りでは、以下のような結論。

1.検索は、どうやるのか?
→.検索の機能は無いらしい。

これは、けっこう驚きです。
ホームのアドレスを知っている場合はよいですが、さもないと、「おすすめユーザー」や、ランダム(左上「X」みたいなアイコン)で表示されるのを待つしかないんでしょうか?
いや、まさか、そんな、違いますよねぇ…

2.「特商法表記に関する設定」として「事業者名」、「連絡先」の設定欄があるが、これは有料の場合は事業者扱いということか?
→そういうことのようです。

各利用者が事業者扱いだと、ずいぶんハードルが上がってしまいますね。それを避けるために、こういうサイトを利用するのではないか、と思いますが。

3.(スキップした場合)「関心のあるジャンル」は、後からどうやって設定するのか?
→不明。

Dropboxのアカウントを作ってみた



周回遅れシリーズ。

クラウド上でファイルを保管、共有できるサービス、Dropbox(ドロップボックス)のアカウントを作ってみました。
(S本部長、今更ながらで、お恥ずかしいです…)

■Dropbox
https://www.dropbox.com/


手順は、

1.「姓」、「名」、「メールアドレス」、「パスワード」を設定して「登録する」。

2.ベーシック(無料)の「続行」。Dropboxのインストール・ファイル(インストーラ)が自動でダウンロード。

3.インストーラを起動してアプリをインストール。

4.出てきた画面で、メールアドレスとパスワードを入力して完了。


管理人の環境では、ユーザー>>ユーザー名の直下に、「Dropbox」フォルダがアイコン付きで出来ていました。このフォルダにファイルを置くとクラウド上のファイルと同期する、という訳ですね。
ベーシック(無料)だと、デフォルトの容量は2GBですか。画像や動画を置く予定はないので、問題ないですね。

なお、情弱な管理人は、4で引っかかりましたね(笑)パスワード欄入力時も、日本語入力システムがオンのままという仕様のようで、間違ったパスワードを入力し続けていたという…orz

noteのアカウントを作ってみた

4月上旬頃に、ずいぶん話題になった新しいSNSの「note」。cakesを運営しているピースオブケイクさんの新サービスらしい。
またまた周回遅れながら、このnoteのアカウントを作ってみました。

■note
https://note.mu/


cakesのアカウントを持っている場合、またFacxebook又はTwitterで登録できるようですが、「メールアドレス」で登録する場合は、

1.メールアドレス、パスワードと、(アドレスの後半部分になる)ユーザーネームを設定し、「利用規約に同意する」をチェックして「登録」。

2.関心のあるジャンルを選択して「次へ」(又は「スキップして次へ」)。

3.プロフィールの設定で紹介(140字)を入力して、「noteをはじめる」(又は「スキップしてnoteをはじめる」)

4.登録したメールアドレスに、「登録のご案内(メールアドレスの確認)」メールが来るので、確認のリンクをクリックして完了。


簡単にノート(画像、テキスト、音声、映像)を作成して公表、売り買いもできる、というのが売りのようですが、直感的に理解できてません。何に使ったらよいのかな?研究の余地が大です。

今のところ、主な疑問点は…

1.検索は、どうやるのか?

2.「特商法表記に関する設定」として「事業者名」、「連絡先」の設定欄があるが、これは有料の場合は事業者扱いということか?

3.(スキップした場合)「関心のあるジャンル」は、後からどうやって設定するのか?


まあ、「まずやってみる」ことが大事ということで、本日は取りあえずの備忘録として。

井ノ上陽一さん「ひとり社長の経理の基本」

ブログを拝読し、このところ強い影響を受けている井ノ上陽一さん(先生とお呼びすべきか)の新著、「ひとり社長の経理の基本」が店頭に並んだそうです。

■「ひとり社長の経理の基本」 井ノ上陽一 ダイヤモンド社 2014.4.25刊


一昨日は、まだ見つけられなかったんですよねぇ。今日、行ってみるか。


ひとり社長の経理の基本ひとり社長の経理の基本
(2014/04/25)
井ノ上 陽一

商品詳細を見る

林雄司さん「世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書」

デイリーポータルZのウェブマスター(編集長)、林雄司さんの新著「世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書」を読了。

■「世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書」 林雄司 扶桑社 2014.4.10刊


巻末には、DPZの名作「ペリーがパワポで開国提案書を持ってきたら」がカラーで収録されています。

これがビジネス書か?という疑問は大きいが、正しい一般企業社会からドロップしてしまった管理人にとっては、共感できるところ、多し(笑)

[目次]
1.憂鬱なプレゼンを乗り切る
2.最低限の努力で人を動かす
3.アイデア・企画書をひねり出す
4.インターネット上の処世術

以前に、こんなエントリも上げましたが、昨日は以下のイベントもあった模様。

■意識低い社会人のためのゆるふわビジネスマナー(2014.4.25)
http://schoo.jp/class/633


Googleカレンダーに入れてたのに、酔って早寝してしまい、視聴できず…orz
録画配信準備中になっているので、待とう…

CVP分析(損益分岐点分析)

公認会計士の岩谷誠治先生のブログ「会計意識 -岩谷誠治公認会計士事務所blog-」に、非常に興味深い記事がアップされていましたの。

■CVP分析に未来はあるのか?【書評】『「経営分析」入門 』
http://iwatani-c.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/cvp-4fc9.html


記事は、高田直芳先生の新著「経営分析入門」の書評として書かれていましたが、CVP分析(損益分岐点分析)に関する洞察が秀逸です。
管理人は、両先生の著作はテイストが合うので、よく拝読・参考にさせて頂いております。

通常のCVP分析による仮定は、実際の企業活動とは大きな違いがあります。
そこで、私が著作で提唱しているアプローチは、 「計算はするな」 というものです。
(上記サイトから引用)


それに対して、

一方、高田先生は上記のCVP分析の限界を指摘した上で、その限界を乗り越えるための手法を実証的に見つけだすことを目指しています。
(上記サイトから引用)


管理人の感覚では、CVP分析はコスト構造を把握し、戦略・戦術として5つ打ち手のどれを(又はどれとどれを)採用するかという方向性を得るために使うもの、です。
岩谷先生のご見解に近いでしょうか。

5つの打ち手は、

1.売上:数量のアップ
2.売上:単価のアップ
3.コスト:固定費の削減
4.コスト:変動費の削減
5.コスト:固定費の変動費化

特に、5は固定費/変動費という区分がないと発想できない方向性で、CVP分析の長所と言えると思います。アウトソースとか、アンバンドリングなどの戦略や施策が、ここに分類されます。

理研の研究マネジメント?

またまた、周回遅れのネタで恐縮ですが。

小保方騒動(STAP細胞)について、経営的な観点から少々、雑感を。

理化学研究所(理研)では、危機管理(クライシス・マネジメント)はもちろんのこと、一般的な研究マネジメントすら、まともに機能していないのではないか、というのが報道から受ける印象。

単にカネをドブに捨てているだけでなく、イカサマが横行し、まともに研究している方のほうがスポイルされている可能性も大いにありかと。さすが、技術立国、モノづくりニッポン(笑)の代表的な研究機関です。

研究者には(企業と違って)管理の必要などない、というご意見を発する方も見受けますが、逆ですね。
企業は、結果的に管理できなければ潰れるだけなので、ある意味、無問題。役所、独法など、税金を喰い潰して投入している組織こそ、適切な管理が不可欠です。

togetter 鉄道路線別ハンドサイン

周回遅れネタで失礼。

2014年3月末から4月初旬頃に、流行ったハンドサイン・シリーズ。当ブログでも、こんなネタをアップ。

そういえば、京急線や蒲田駅のに、秀作があったなあ…などと反芻していて、きっと路線別にいろいろあったはず、と今頃気づく。(←遅過ぎ)

やはり、togetterに、そのものズバリのまとめがありました。「鉄道路線別ハンドサイン」。

■鉄道路線別ハンドサイン
http://togetter.com/li/651387


なぜか、南武線と阪和線が規模、乗降者数等の割に充実してるのが、とても気になる。

Office2013を購入すべきか、悩み中

自用に、Office2013を購入するべきか、悩んでおります。

管理人が使うのは、圧倒的にPowerPoint(パワーポイント)で、あとはExcelを少々、まれにAccess。Wordは、ほぼ使わない。この組合せにマッチするスイートはなく、結局、数万円の出費になってしまうのです。しかも、しょっちゅう、バージョンアップするし。

せっかく、Microsoft アカウントを作ったことだし、Office Onlineで済ませてしまうのも、合理的かなと。

■Office Online
http://office.microsoft.com/ja-jp/online/


Office2007は持っているので、最悪は、そちらでもカバーできないこともない。

ただ、ITやシステムについても助言等することもあり、最新のOffice2013をある程度使いこなせないのもよろしくない、ような気もしており。(←小心者)
例えば、PowerPointの「図形の合成」のように、習熟しておきたい機能もあるのですよね。

悩み中。


Microsoft Office Professional 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)Microsoft Office Professional 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)
(2013/02/07)
Windows

商品詳細を見る



Microsoft Office Access 2013 通常版 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)Microsoft Office Access 2013 通常版 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス)
(2013/02/07)
Windows

商品詳細を見る

ビジネスモデル関連書籍

このところ、ビジネスモデル関係の書籍をいくつか読みました。まとめて整理しておきます。(備忘録)

■「ビジネスモデルの教科書」 カデナクリエイト 、池本正純(監修) マイナビ 2014.3.8刊

ノウハウ本の形式で、この中では一番取っつきやすいと思います。図解も比較的判りやすい。

図解&事例で学ぶ ビジネスモデルの教科書図解&事例で学ぶ ビジネスモデルの教科書
(2014/03/08)
カデナクリエイト

商品詳細を見る


■「ビジネスモデルの教科書」 今枝昌宏 東洋経済新報社 20143.28刊

副題は「経営戦略を見る目と考える力を養う」。ひとつ上の本と同名ですが、こちらは文字通り教科書(基本書)という位置付けかと。

ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養うビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う
(2014/03/28)
今枝 昌宏

商品詳細を見る


■「ビジネスモデル×仕事術」 細谷功、井上和幸、西本伸行 日本実業出版社 2014.3.20刊

こちらは他の本と異なり、ビジネスモデルを個人の仕事術のネタとして位置付けているのが特徴。

ビジネスモデル×仕事術ビジネスモデル×仕事術
(2014/03/20)
細谷 功、井上 和幸 他

商品詳細を見る


■「ビジネスモデル・マッピング教本」 松原恭司郎 日刊工業新聞社 2013.5.28刊

バランス・スコアカード(BSC)関係で多くの著作がある会計士の方の本。情報量多し。BSCを流用(応用?)した独自の分析&表記法も。

ビジネスモデル・マッピング教本ビジネスモデル・マッピング教本
(2013/05/28)
松原 恭司郎

商品詳細を見る


■「事業創造のロジック」 根来龍之 日経BP社 2014.1.23刊

副題は「ダントツのビジネスを発想する」。著者は、ビジネスモデル業界(←どんな?)では高名な早大ビジネススクールの根来先生。

事業創造のロジック ダントツのビジネスを発想する事業創造のロジック ダントツのビジネスを発想する
(2014/01/23)
根来 龍之

商品詳細を見る


■「利益モデルの方程式」 川上昌直 かんき出版 2013.12.18

こちらは、ビジネスモデルを構成する「利益モデル」部分に焦点を絞っています。

課金ポイントを変える 利益モデルの方程式課金ポイントを変える 利益モデルの方程式
(2013/12/18)
川上 昌直

商品詳細を見る

富士通がニフティ株を売却

近頃、(暇なので)ニフティのデイリーポータルZ(DPZ)というサイトをよく覗くのですが、親会社の富士通が、DPZを運営しているニフティ(東証二部)の株式を売却する、という記事が…

こんなことばかり、しているからや!(オモロイけど)

■その場しのぎメーラー
http://portal.nifty.com/2014/04/12/a/

車内広告に「あぶら蟹の大漁盛」

JRの車内広告、東京ドームホテルさんのホテルプランより。

「ディナーブッフェ あぶら蟹の大漁盛」との記載があって、少し笑ってしまいました。
非常に正直でよろしいですね。少し前にあった食品偽装問題のあおりなんでしょう。以前なら、おそらく「たらば蟹」と書かれていたはずです。

ただ首都圏では、「あぶら蟹」と言われても「?」という方が、今でも多いかもしれませんが。


北海のうま蟹!絶品あぶら蟹1.2kg前後北海のうま蟹!絶品あぶら蟹1.2kg前後
()
北の魚屋さん

商品詳細を見る



Lサイズ たらばがに 足 2kgLサイズ たらばがに 足 2kg
()
厳選! 北海道グルメ かに匠

商品詳細を見る

林雄司さんの「ビジネスメソッド教室 実践編」に行ってきた

このところ、よく覗かせて頂くデイリーポータルZの、ウェブマスター林雄司さんが新刊「世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書(以下、「ビジネス書」と略)」を出された。


世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書
(2014/04/10)
林 雄司

商品詳細を見る


その刊行記念(?)のミニトークショーがありましたので、行ってきました。

■『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』刊行記念イベント
普通の人にはそこそこ役立つ ビジネスメソッド教室 実践編
http://diskunion.net/book/ct/news/article/1/43819


場所は、新宿の「BIBLIOPHILIC & bookunion 新宿」さん。音楽関係の古本と読書用品を扱うお店のようですが、なぜ「ビジネス書」のイベントなのか、は謎(笑)

さぼと広くない店内の中ぼどの小スペースが会場。基本的に無料で、「BIBLIOPHILIC & bookunion 新宿」で本書を購入すると、チケットが貰え、椅子が提供される。他は、立ち見という運営形態。イベントは、非常に緩い感じで進行し、楽しい。
また、ビジネス関係のセミナー、講演会を企画・運営、講演し、またこれらに参加してきた身としては、いろいろと斬新でした。

終了後、チケットを持っていたひとに、「最初からプリンが乗ってる皿」のシールを、著者自ら手渡しで贈呈。
(そういえば、こないだはケロロのシールを貰ったなぁ)

林さんの奥さんでライターのべつやくれいさん、文具ライターのきだてたくさんも来ており、実物を見られて満足でした。

大ケロロ展に行ってきた


ケロロ軍曹(25) (カドカワコミックス・エース) (角川コミックス・エース 21-41)ケロロ軍曹(25) (カドカワコミックス・エース) (角川コミックス・エース 21-41)
(2014/03/20)
吉崎観音

商品詳細を見る


「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ」でやっている「大ケロロ展」に行ってきました。

■大ケロロ展 SKIPシティ侵略であります!
http://www.skipcity.jp/keroro/


ケロロ軍曹と来ては、外せないでしょう、管理人の場合。(こちらで書くべき内容か?は疑問ありますが…)

「SKIPシティ」は、埼玉県川口にある施設。
入場料は510円。(シールが1枚貰えます。初めはケロロ軍曹。)

2014.8.31までやっていますので、皆様&お子さんもぜひ。

ケロリン桶で有名(?)な、内外薬品さんとコラボしてグッズも展開中のようです。

■ケロリングッズ(内外薬品)
http://shop.naigai-ph.co.jp/goods/




ケロロ&ケロリン桶【ケロロ軍曹 コラボVer.】ケロロ&ケロリン桶【ケロロ軍曹 コラボVer.】
()
不明

商品詳細を見る

ハンドサイン

このところ、TwitterのTLに、いろいろな「ハンドサイン」の画像が流れて来て、楽しませてもらってます。

こんなのとか、これとか。

また、お手軽に、このようなハンドサインを作成できる(?)こんなジェネレーターも!楽しいなぁ

■ハンドサイン画像ジェネレーター(2014.4.5)
http://bzmm.jp/hs_gene/


あとこれは、管理人のお気に入り。北海道を中心とした一部の好事家だけに判る、ハンドサイン(笑)

■羊飼いが使うハンドサイン
http://twitpic.com/e0a2ef

カスペルスキー ネット決済保護「保護されたブラウザを実行する」

昨日、記事に上げた「日本郵便 再配達をネットで申込み」の際の出来事。

日本郵便のサイトに行くと、カスペルスキー インターネット セキュリティのネット決済保護機能くんから、「保護されたブラウザを実行する」ことをお薦めされました。日本郵政さんとして、ネットバンク機能があるからでしょうかね。

決済保護機能があることは認識しておりましたが、利用したことはなし。また、これまで、そういうお薦め(警告?)が出た記憶もないので、何故に今度から?と思いましたが、まあ、使ってみるか、ということで。

試行してみると、別のウインドウ(カラー緑色です)が立ち上がり、「決済保護が有効」な旨の告知あり。入力にも一部制約がかかるようですね。

日本郵便 再配達をネットで申込み

郵便物の再配達依頼。これまで、いつも昔ながらの電話依頼(自動応答)でしたが、初めてネットでやってみました。

■再配達を申し込みたい
https://www.post.japanpost.jp/question/123.html


「再配達のお申込受付」リンクより、以下等を入力します。

1.郵便番号
2.「追跡番号(お問い合わせ番号)」又は「お知らせ番号」
3.「郵便物等ご不在連絡票」のお届け日
4.「郵便物等の種類」
5.「希望する「配達先」 以下、次のページへ。


1~4は、実は「郵便物等お預かりのお知らせ」にすべて記載されているのですが、これが日本郵便クオリティで、なかなか難物…(以下、備忘録として)

1.最初に入力する、自宅の「郵便番号」は、「お知らせ」では中段下あたりにある→見つけられず、調べてしまった

2.「追跡番号(お問い合わせ番号)」は、ハイフンで不等間隔に区切られ、桁数も11~13桁と幅があるらしい→最後の1桁を入力漏れ。

3.お届け日は「お知らせ」では配達日になっている。

4.「郵便物等の種類」が不整合→「お知らせ」は番号での記載なのにネットは名称のみ。またネットの方が区分が詳細なのか?というとそうでもなく→入力に迷う。

まあ、単に管理人が情弱なだけかもしれませんが。

スクリーン ビーンズ(改)

投稿の正常化をめざし、まずは小ネタから。

むかし、パワーポイントでよく使われた、Microsoft オフィスの「黒い人」こと、スクリーン ビーンズ(Screen Beans)。過去に、2度ほど記事を書きました(これとか、これ)が、少し状況が変わったようなので再びアップ。

Office2010のパワーポイントの場合、挿入タブの画像グループにある「クリップアート」で、「Office.comのコンテンツを含める」にチェックが入っているのを確認し、「Screen Beans」で検索すると、ワラワラ出てきます。

ちなみに、日本語の「スクリーン ビーンズ」や「スタイル113」、「style113」だと、空振り。「Office.comのコンテンツを含める」のチェックがオフでも、ダメです。

なお、右下にある「Office.comでさらに探す」のリンクは、エラーになります。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード