IASBがワークプランを更新

2013.5.30付で、IASBがワークプランを更新しています。

■Work plan?as at 30 May 2013
http://www.ifrs.org/Current-Projects/IASB-Projects/Pages/IASB-Work-Plan.aspx


メジャープロジェクトでは、ヘッジ会計の確定は2013.3Qに。また、2013.4Qにリースの再審議(Redeliberations)が記載されました。
スポンサーサイト

企業会計審議会総会が開催

2013.5.29に、企業会計審議会が開催されています。

■企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議を開催しました。(2013.5.29)
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/siryou/soukai/20130528.html

「不正アクセスは許可されていません」

またまた、PC絡みの愚痴です。

会社のセキュリティのアプリが変更になりました。PCを立ち上げると、

このマシンへの不正アクセスは許可されていません


と出るのです。何なんでしょうね、コレ。

毎日、見るたびに気分が悪くなり、この会社(手広くアプリを販売してます)の製品は、公私ともに買わないぞ、と心に強く思うわけです。

不正アクセスしようとしたヒトが、この表示を見たからといって、その行為を辞めるはずはありません。
また、そもそも「不正アクセス」が許可されることは有り得ないので、日本語としてもまったく間違ってます。

日経「強制適用 当面見送りへ」

悲しいお知らせ。
2013.5.28付、日本経済新聞1面より(4面にも関連記事あり)。

■強制適用 当面見送りへ 国際会計基準
金融庁、IFRS強制適用の道筋は示さず(2013.5.28)

■金融庁、折衷案作り
国際会計基準見送りへ 混乱招く恐れ(2013..28)


だから「のれん代」っか書くなとあれほど…

Google Keep利用不能に

悲しいお知らせ。

以前に、入力した文字に影がつくという(軽微な?)障害をご報告した、Google Keepですが、先週あたりにアップデートしたようです。管理人の環境では、まったく使えなくなってしまいました。残念。

ブラウザのアップデートも、別のブラウザ(Google chromeとか)の導入も出来ないので、今のところ、対応方法がありません。

スクリーンピーンず(弐)

スクリーンビーンズについては、以前にエントリを上げました(pptクリップアート検索「スタイル113」)が、US版へのリンクが落ちていたので、備忘録として。
(「デイリーポータルZ」さん、ありがとう)

やはり、日本版とは、少し違う雰囲気のがあって、欧米か、とか。
http://office.microsoft.com/en-us/images/results.aspx?qu=screen+beans

日経「わかる財務 国際会計基準のイロハ」連載2

2013.5.24付の日本経済新聞、投資・財務面より。

■わかる財務 国際会計基準のイロハ(下)
売上高は「実質」重視 経常利益の項目なし(2013.5.24)

日経「わかる財務 国際会計基準のイロハ」連載1

2013.5.23付の日本経済新聞、投資・財務面より。

■わかる財務 国際会計基準のイロハ(上)
費用の基準が変わる M&Aのれん代計上せず(2013.5.24)


何を思ったのか、日経さん、IFRSに関する連載をするようです。

まあ、「のれん代」って書いてる時点でアレな感じですが・・・

Adobe Reader「ツール」

Adobe Readerがアップデートされ、なぜか右サイドバーが大きな面積を占有して、邪魔で仕方なかった。(←情弱)

試行錯誤の上、サイドバー上部にある「ツール」という文字(カーソルを合わせるとホワイトニングする)をクリックすると消えることを知る。

または、閲覧モード(上部タスクバーのアイコン又は「表示」→「閲覧モード」)にしても消えます。

右サイドバーを、再度、表示するには「表示」→「ツール」又は「注釈」にて。

組込デリバティブ

一昨日の、FASB案に関するエントリに関連して。
組込デリバティブは、当ブログでも、かなり多く検索される用語のひとつ。稼ぎ頭です、ありがとう(笑)
過去のエントリはこちら、図解はこちら

定義を再掲しておくと、

組込デリバティブ(Embedded Derivatives)とは、デリバティブではない主契約をも含んだ混合契約の構成部分。(IFRS9号 4.3.1)

対義語である、独立デリバティブ(Independent Derivatives)は、金融商品に付帯しているが、契約上、当該商品とは別個に譲渡可能であるか、又は相手先が異なるデリバティブのこと。(同)

よく読むと、組込デリバティブが主契約を混合契約とし、金融商品以外の契約を含むのに対して、独立デリバティブの方は、金融商品に限定しているのですね。つまり、組込/独立で非対称になっている感じ。例えば、商品取引に附随するデリバティブの場合等です。

まあ、独立の場合は、結局、分離するので、取扱いに違いは出ないと思いますが。

再公開草案「リース」プレスリリースの日本語訳

日本公認会計士協会とASBJのサイトで、それぞれ、再公開草案「リース」に関するプレスリリースの日本語訳が公表されています。

日本公認会計士協会
■IASBとFASBがリース会計の変更を提案(2013.5.21)
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/ifrs/information/iasb/iasbfasb_19.html

ASBJ
■ IASBとFASBが、リース会計の変更を提案 (2013.5.21)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20130516.jsp;jsessionid=91ABB6A3C8A712CCD89BD1CB6DE419DB


リース会計基準の重要性が良く判る対応です。
ASBJのは、従前の記事(2013.5.16)をアップデートしたのですかね。

FASB会計基準更新書案「金融資産及び金融負債の認識及び測定」へのASBJコメント

米国財務会計審議会(FASB)の会計基準更新書案「金融商品-全般:金融資産及び金融負債の認識及び測定」に関する、ASBJのコメントが公表されています。

■会計基準更新書案「金融商品-全般(サブトピック825-10):金融資産及び金融負債の認識及び測定」に対するコメント(2013.5.20)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/international_issue/comments/;jsessionid=539CB9239B05B2D2557237555083BAF1


一読しただけですが、なかなか力の入った秀逸なコメントかと。ただ、金融資産の組込デリバティブの分離など、個人的には同意できない主張もあります。

Yahoo!JAPANのID流出の確認

Yahoo!JAPANからIDが流出したか、どうかの確認が出来るそうで。

Yahoo!JAPANのサイトは、大規模なセキュリティ事故をおこしたという反省は、まったく感じられないですね。でかいバナーを貼りつけるべき大事だと思うけど、そんな雰囲気は、まったくないですね。まさか、自分たちは被害者とか、思ってないですよね?

マスコミで報道されている「Yahoo!JAPANからのお知らせ」は、管理人の環境では2件しか表示されず、過去の一覧へのリンクもない。すでに、ここからは入れない状態。

結局、会社概要 > プレスルーム > プレスリリースと辿り、「当社サーバへの不正なアクセスについて(2013.5.17)」のリリースを、やっと見つけて、辿りついた「もっと安全ガイド」。

■もっと安全ガイド
http://id.yahoo.co.jp/security/


この上部にある

「当社サーバへの不正なアクセスについての状況確認はこちら


の「こちら」のリンクをクリック。

「Yahoo!JAPANからのお知らせ」が、一覧で見られない&リンクもない仕様ってのも、どうなんでしょう。

小野薬品工業がIFRSを任意適用

小野薬品工業が、2014年3月期からIFRSを任意適用することを公表しています。

■国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ(2013.5.13、PDF)
http://www.ono.co.jp/jpnw/PDF/n13_0513_01.pdf


グローバルな研究開発やライセンス活動と外国人投資家の高い比率(約3割)を前提に、比較可能性の向上とステークホルダーの利便性を理由としています。

これで、IFRS任意適用は19社目。

IFRS任意適用企業(19)
日本電波工業、住友商事、HOYA、日本板硝子、JT、DeA、SBIホールディングス、アンリツ、中外製薬、楽天、マネックスグループ、ソフトバンク、丸紅、旭硝子、トーセイ、アステラス製薬、双日、電通、小野薬品
(NYSEの三井住友FGは除く)

IASBが再公開草案「リース」公表

2013.5.16付で、IASBが再公開草案「リース」を公表しています。

■IASB and FASB propose changes to lease accounting(2013.5.16)
http://www.ifrs.org/Alerts/ProjectUpdate/Pages/IASB-and-FASB-propose-changes-to-lease-accounting-May-2013.aspx


トゥイーディー前議長のころからの、因縁あるリース会計です(笑)
本文約90ページのほか、結論の根拠、設例、サマリー(スナップショット)も合わせて、提供されています。

公開草案「規制繰延勘定」日本語訳の公表

ASBJのサイトで、IASBの公開草案「規制繰延勘定」の日本語訳が公表されています。

■IASB公開草案「規制繰延勘定」の和訳 (2013.5.13)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20130425.jsp;jsessionid=46B8D35CBC9FD43AB699625ACBF5887E


従前の、リリースの下部に、PDFファイルが付け加えられています。

Google Keep 乙

遅ればせながら、Google Keepという奴を、初めて使ってみました。付箋という感じですが、管理人のニーズとしては、取りあえず十分なようです。

ただ、会社のIEからだと、なぜか、メモ欄のテキストに影が付いて、二重写し状態になり、まったく使えない・・・orz
タイトル欄は、普通なんですけどねぇ。

これでは、iGoogleの代わりには、ならないなぁ。残念。

金融庁「中小企業における個人保証等の在り方研究会報告書」

金融庁のサイトで、「中小企業における個人保証等の在り方研究会報告書」が、公表されています。

■中小企業における個人保証等の在り方研究会報告書の公表について(2013.5.2)
http://www.fsa.go.jp/news/24/ginkou/20130502-1.html


中小企業庁と金融庁が事務局となった「中小企業における個人保証等の在り方研究会」での議論を、取りまとめたもの。

[Excel]ピボットテーブル(1)定義、利点

Excel学習の備忘録の続き。

ピボットテーブル(Pivot Table)とは、データを簡単にクロス集計等できる機能。テーブルが、列単位(縦軸)の集計だけなのに対して、縦横に軸を変化させて集計、分析できます。

ピボット(Pivot)は、、バスケの基本?ピボットと同じ。「ビボット」、「ピポット」、「ビポット」等と間違えないように。(老眼だと確認しづらいけど…)

ピボットテーブルの利点(利用目的?)のひとつは、元データと集計表を分離できることだと思います。
Excelで作業していると、まま、データの入力表と出力表が混じった、よく判らないシートが出来上がる(汗)、ことがあります。(←管理人の場合)

入力と出力では、おそらく目的が異なるので、複雑な場合には、出来れば分けるのがベター。出力目的の集計、分析にピボットテーブルを使うことで、データは入力専用にデザインできると思います。
項目(フィールド)自体は、後で入れ替え等が容易にできます。最初は、あまり考え込まず、まずはピボットテーブル化、視覚的に確認しながら思考錯誤するのもよいかと。

頭があまり精緻でない管理人は、そのようにやっています。

電源ボタンで停止、休止

たまたま、いつもは読むこともない、「日経パソコン」6月号をパラパラめくっていて、驚愕。

「Windows8の満足、不満足」記事中の、マイクロソフトの方の発言。

「基本的に停止等は本体の電源ボタンでおこなうことをお薦めしている」(趣旨)

のだと。

そうなの?電源ボタンは、稼働中は、絶対さわっちゃダメ!(最後の手段として長押し停止以外には)って教わったのよ・・・

ということで、少なくとも、Vista以降(追記:XPでも大丈夫らしい)のOSでは、電源ボタンで停止などが可能だそうです。

アンケートの結果と実態?

(休日モード)

アンケート結果が実態を表さない、というか無意味である好例。(半分ジョークですが)

■自己申告では島根が引っ込み思案・態度では鳥取
http://portal.nifty.com/kiji/130430160492_2.htm


Xイベントの著者、ジョン・キャスティ氏のコメントを思い出した。

講演後の質疑で、「Xイベントの抽出や分析に、アンケートやグループ・インタビューを使えないか?」という質問に、速攻で「市場における取引など、実際の行動や事実のデータは使えるが、アンケートなんて意味無い。言葉と行動は違う。」と即答したのが、印象に残っています。

公開草案「確定給付制度:従業員拠出」の日本語訳

ASBJのサイトで、IFRSの公開草案「確定給付制度:従業員拠出」の日本語訳が、公表されています。

■IASB公開草案「確定給付制度:従業員拠出(IAS第19号の修正案)」の和訳(2013.5.2)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20130325.jsp;jsessionid=22B711D1BCF9AEE4FFE649FEE6117029


このあたり、詳しくないのですが、日本基準とは捻じれたコンバージェンスになっていたはず。更に、ややこしい。

三品和広「リ・インベンション」(3)

三品和広先生の「リ・インベンション」に関する備忘録の続き。

本書のテーマとは関係ないですが、リ・インベンションに掲載されている日本企業のケース、津田駒工業で、「定時の仕事が終わってから、社外の施設に移り~、深夜の12時になったらそこで打ち切って…」(趣旨)とか、散々書いていますが、これって、大丈夫なんでしょうか?(笑)

熱心で自主的なイノベーション活動の表現かと思いますが、今では、どれだけブラック企業なのかと、勘違いされないでしょうか。


リ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すかリ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すか
(2013/03/15)
三品 和広、三品ゼミ 他

商品詳細を見る

三品和広「リ・インベンション」(2)

三品和広先生の「リ・インベンション」に関する備忘録の続き。

本書に、掲載されている企業と製品のケースは以下です。

イノベーション(技術革新)のケース

津田駒工業:自動織機


リ・インベンションのケース

ホヴディング:自転車用ヘルメット
レボライツ:自転車用ライト
スマートペン:デジタルペン
OXO(オキシー):キッチン用品(縦型ピーラー)
ダイソン:エアマルチプライアー
アップル:iPad


管理人は、正直、あまり知っている製品がありませんでしたorz

なお、Amazonで取扱いが確認できた商品は、アフィを貼っておきました(ステマ)。これはあくまでご参考です。


スマートペン エコー / Echo Smartpen Pro pack 8GB Livescribe / ライブスクライブ 並行輸入品スマートペン エコー / Echo Smartpen Pro pack 8GB Livescribe / ライブスクライブ 並行輸入品
()
echo

商品詳細を見る



OXO グッド・グリップス タテ型ピーラー 20081OXO グッド・グリップス タテ型ピーラー 20081
()
OXO (オクソー)

商品詳細を見る



エアマルチプライアー AM02NIBエアマルチプライアー AM02NIB
(2012/04/20)
dyson (ダイソン)

商品詳細を見る



リ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すかリ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すか
(2013/03/15)
三品 和広、三品ゼミ 他

商品詳細を見る

三品和広「リ・インベンション」(1)

三品和広先生の「リ・インベンション」に関する備忘録。
(再読後に修正するかも)

本書では、イノベーションに対比する概念として、「リ・インベンション」を提唱。リ・インベンションとは、ある製品について、いまとなっては解消できるようになったにもかかわらず放置されている不合理や、かつては合理だったもののなかに新たに芽生えた不合理を解消すべく、当該製品を特徴づけると長らく考えられてきた特性パラメーターを無視して、誰に、何を、どのように提供すべきものなのかにまで立ち返り、評価軸自体を作り変えること。(p76)ちょっと長過ぎ(笑)

なお、本書でイノベーションは、過去の競争の中で定められたパラメーター上で、技術的なブレイクスルーにより、漸進的あるいは飛躍的な性能の向上、または多機能化を実現すること(p71~72)と、非常に限定的に定義しています。この点は、留意が必要。つまり、シュンペーターのイノベーションの定義とは違い、プロダクトとプロセスのイノベーションに、ほぼ限定(=技術革新)。

私見では、リ・インベンションも、シュンペーターのイノベーションに含まれると思います。また、リ・インベンションのコンセプトである、誰に、何を、どのように提供すべきものなのか、というのはビジネスモデルの定義そのもの(あるいは、含まれる)、という気がします。つまり、技術革新(笑)のみに頼らず、キチンとビジネスモデルを考えてモノづくりすべき、と言ってるのかと。目新しいことは何もなく(失礼)、非常に正論。それを、リ・インベンションというキーワードで、括り直しているのかと、邪推。


リ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すかリ・インベンション: 概念のブレークスルーをどう生み出すか
(2013/03/15)
三品 和広、三品ゼミ 他

商品詳細を見る

GWの成果?

GWですが、予想通り(?)、事前の意欲に関わらず、読書的には低成果でした…

読了したのは、まともなのは「経営センスの論理」くらいで、あとは「死語事典」、「シノダ課長のごはん絵日記」といった面白本。

後半は、いつもブログ「名言コツコツ」を拝見しているコボリジュンコさんの「朝の名言 インストール」、「夜の名言 インストール」を探して、都内の書店を彷徨うなどの奇行に走る。(無いのだ!!)

神保町の三省堂本店で、やっと見つけましたが、朝があと2冊、夜は1冊。売れてるのでしょうか。平積みで、冊数が少ないと、かえって見つけにくいものですね。


朝の名言インストール  今日のやる気をチャージする (hope books)朝の名言インストール 今日のやる気をチャージする (hope books)
(2013/04/17)
コボリジュンコ

商品詳細を見る



夜の名言インストール   一日の脳をリセットする (hope books)夜の名言インストール 一日の脳をリセットする (hope books)
(2013/04/17)
コボリジュンコ

Googleドライブのピボットテーブル(2)

Googleドライブのスプレッドシートの、ピボットテーブルは基本的に別シートとして、例えば「ピボットテーブル1」等の名称で作成されます。作成場所として元のシートか別シートを選択できるExcelに比べると、自由度が低い。

ただ、データ元のあるシートなどに、ピボットテーブルをコピー&ペーストすることは可能です。ペースト後は、独立したピボットテーブルとして、「レポートエディタ」での設定や編集等が出来ます。

Googleドライブのピボットテーブル(1)

Googleドライブのスプレッドシートでも、ピボットテーブルが使えるんですね。
実は、Excelのピボットテーブルの記事(初歩)を書き貯めていたのですが、こちらを先にアップ。

1.ピボットテーブル化するデータの範囲を選択。データ項目名まで範囲に含めるのがコツ。(後で選択、修正もできます)

2.メニューの「データ」→「ピボットテーブル レポート」。

3.ピボットテーブル内を選択すると右端に出現する「レポート エディタ」で、「行」、「列」、「値」の「フィードを追加」で設定。


主機能的には、Excelと遜色ないですね。

「レポート エディタ」は、Excelの「ピボットテーブルのフィールドリスト」に相当。こちらの名前の方が判りやすいです。ただ、この「レポート エディタ」はExcelのようには位置を動かせないようで、毎度、邪魔なところに出現するので少々ウザい(笑)

将棋「電王戦」関係リンク

盛り上がった、将棋「電王戦」関係のリンクを備忘録として。
(未完成、追記するかも)

■WEB現代【賢者の知恵】
「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実 【前編】対局3日前、「棋界の武蔵」三浦八段が漏らした本音(2013.4.29)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35657

■渡辺明ブログ
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/d/20130420

■日本的美徳がファンを魅了した。将棋・電王戦
平林 久和 | 株式会社インターラクト代表取締役/ゲームアナリスト(2013.4.21)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/hirabayashihisakazu/20130421-00024503/
平林久和氏の論考。
(株式会社インターラクト代表取締役/ゲームアナリスト))

■Naverまとめ:電王戦
http://matome.naver.jp/topic/1MDb0

lifehacker「「プロジェクトのやめどき」がわかる5つのチェックリスト」

lifehackerさんの記事。チェックリスト好きなので。

■続ける? 諦める? 「プロジェクトのやめどき」がわかる5つのチェックリスト(2013.5.2)
http://www.lifehacker.jp/2013/05/130502back_out_of_project.html


5つのチェックリスト(上記より引用)
1.道具やスキルは足りている?
2.引き返せないところまで来ている?
3.「サンクコストの誤り」に陥っている?
4.ほかにできることがあるのでは?
5.あとで再開できる? あるいは、ほかの誰かに委ねられる?
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード