電通がIFRS任意適用

電通が、「目標」という留保表現付きながら、2015年3月期からIFRSを任意適用することを公表しています。

■英国イージス社の買収完了と電通グループの新しい事業統括体制について(2013.3.26)
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2013/pdf/2013036-0326.pdf


メインは、M&Aとそれに伴う体制に関するリリースですが、文末にサラッと言及。2015年3月期(年度末決算)を目標に、IFRSを任意適用することがコメントされています。

これで、IFRS任意適用は18社目。

IFRS任意適用企業(18)
日本電波工業、住友商事、HOYA、日本板硝子、JT、DeA、SBIホールディングス、アンリツ、中外製薬、楽天、マネックスグループ、ソフトバンク、丸紅、旭硝子、トーセイ、アステラス製薬、双日、電通
(NYSEの三井住友FGは除く)
スポンサーサイト

経団連「収益認識への意見」

日本経済団体連合会のサイトに、IFRSの「収益認識」に対する意見書が公表されています。

■IASB・FASB暫定決定「顧客との契約から生じる収益」の「開示」及び「経過措置」に対する意見(2013.3.27)
http://www.keidanren.or.jp/policy/2013/026.html


見解には必ずしも同意できませんが、意見発信し影響を行使するのは良いことです。なお、権利には、責任が伴うことをお忘れなく。

3/26企業会計審議会 資料

金融庁のサイトに、2013.3.26に開催された企業会計審議会の資料がアップされています。議事録は、まだのようで、サイトトップの新着情報には告知されていません。

■企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議 議事次第
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/siryou/soukai/20130326.html


IFRS関係として、経団連の「国際会計基準(IFRS)への当面の対応について」もあり。おそらく、こちらの最初の記事のネタ元ですね。

双日がIFRS任意適用

双日(そうじつ)が、2014年3月期からIFRSを任意適用することを公表しています。
恥ずかしながら、社名は「そうにち」だと思ってました(汗)

■国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ(2013.3.28、PDF)
http://www.sojitz.com/jp/news/2013/pdf/130328.pdf


2013年3月期の有価証券報告書から、IFRSを適用。但し、同期の決算短信、計算書類(会社法)は、引き続き日本基準で開示とのことです。

理由として、財務諸表の比較可能性・利便の向上と、グループ内会計処理の統一を挙げています。

これで、IFRS任意適用は17社目。

IFRS任意適用企業(17)
日本電波工業、住友商事、HOYA、日本板硝子、JT、DeA、SBIホールディングス、アンリツ、中外製薬、楽天、マネックスグループ、ソフトバンク、丸紅、旭硝子、トーセイ、アステラス製薬、双日

金融庁「十分な準備期間を設ける」

2013.3.27付、日本経済新聞より。連日のIFRS関係報道、しかも、なぜか政治面(笑)

■国際会計基準「適用に時間軸を」経団連(2013.3.27)


ロードマップを求める経団連に、金融庁は…

「強制適用する場合も、4~5年など十分な準備期間を設ける」(同庁幹部)方針

って、いいかげん早くしろよ。

この2年ほどは、まったく無駄な時間でした。

日経IFRS記事2題

すっかり、新聞ネタにもならなくなったIFRSですが、珍しく、しもか同じ日に2つの記事を発見。

2013.3.26付、日本経済新聞の投資・財務面より。

■IFRS適用、約60社(2013.3.26)


経団連調べ(2013.2末時点)で、IFRS任意適用する企業が約60社。これは、社数では上場企業のわずか2%、ただ時価総額ベースでは2割強に相当するとのこと。

任意適用予定企業として、武田薬品工業と三菱商事の名が挙げられています。

もうひとつが、同じく2013.3.26付、日本経済新聞マーケット総合2面、コラム「大機小機」。

■IFRSとの向き合い方(2013.3.26)


執筆子は、強制適用(アドプション或いはエンドースメント?)にこだわらない、グローバル企業には適用を促す、IFRS策定における影響力を高める、などを提言しています。

グローバル企業とは何かとか、強制適用しない国が影響力を高められるのか等、疑問が多いです。

IASBがワークプランを更新

2013.3.25付で、IASBがワークプランを更新しています。

■Work plan?as at 25 March 2013
http://www.ifrs.org/Current-Projects/IASB-Projects/Pages/IASB-Work-Plan.aspx


Majorプロジェクトでは、金融商品の、減損の3QにRedeliberationsRedeliberations(再審議)という記載が登場。7/3のコメント期限を待ち、3Qに再審議する、ということでしょうか。
あと、ヘッジがQ2からQ3、マクロヘッジが1~2Qから2~3Qへ、それぞれ延伸。

Comprehensive projectのTarget RFIが3Qから1Qへ前倒しに。

英語の勘定科目

勘定科目の英語表記を確認するためのリンク。備忘録として。

サイト「外資の経理代行センター」

■勘定科目日英対照表
http://homepage1.nifty.com/yamajo/outsourcing/accounts.html

こちらは、B/S、P/Lイメージにて、判りやすいです。

サイト「英語雑貨屋」

■ビジネス英語用語集-会計英語用語集
http://www.rondely.com/zakkaya/dic2/acc1.htm

こちらは、50音順の並び。(和→英)

サイト「RNN時事英語辞典」

■企業会計
http://rnnnews.jp/category/pg/view.php?ch=28

こちらは、ABC順の並び。(英→和)

水永政志「ベンチャーファイナンス実践講義」

著者は、優れたビジネスモデルで知られる、不動産業「スター・マイカ」の社長さん。

■「現役経営者が教える ベンチャーファイナンス実践講義」 水永政志 ダイヤモンド社 2013.2.1刊


ちょっと前に、日本橋丸善に平積みになってました。会社が好調なので、調子に乗っちゃったのかと、一瞬、いじわるな目でみてしまいましたが、以前に書かれた「入門~」の改版で、起業の失敗経験から得た教訓も追加されているそう。投資銀行、コンサルのご出身のようなので、もともと素地がおありなんでしょうか。


現役経営者が教える ベンチャーファイナンス実践講義現役経営者が教える ベンチャーファイナンス実践講義
(2013/02/01)
水永 政志

商品詳細を見る


なお、ベンチャー・ファイナンスについては、磯崎先生の名著もあります。


起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと
(2010/09/30)
磯崎 哲也

商品詳細を見る

日本経済新聞IFRS NAVI

今更ですが、むかしの日本経済新聞のIFRS特集サイト。見逃していたようです。いや、高田橋先生の一部記事は読んだような気も?

■IFRS NAVI国際会計基準特集
http://www.nikkei.co.jp/hensei/ifrsnavi/index.html


対象期間は2011.7~2012.2頃のようで、以後、更新されていないようですが、過去記事に加え、用語集などが有用かと。

プレゼン向けpptショートカット

プレゼン時に使う、パワーポイント(ppt)の代表的なショートカット。備忘録として。

F5:プレゼンのスタート(最初から)

Shift+F5:プレゼンのスタート(途中から)

Bキー:ブラックアウト(もう1度「B」で戻る)

Wキー:ホワイトアウト(もう1度「W」で戻る)

<数値>→Enter:該当スライド(枚数)へジャンプ(ページではなく枚数、表紙0の場合13pは「14→Enter」)

ちきりんと荻上チキは別人

未だに、ちきりん氏と荻上チキ氏が別人であることを知らないヒトがいるんですね。性別も違うやん!
今週も、TLで、両氏が、お互いに混同される問題について、それぞれ嘆いていて、笑わせてもらいました。

管理人が読んだ本では、

■ちきりん


ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
(2011/01/20)
ちきりん

商品詳細を見る



自分のアタマで考えよう自分のアタマで考えよう
(2011/10/28)
ちきりん

商品詳細を見る



社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!
(2012/05/19)
ちきりん

商品詳細を見る


■荻上チキ


ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)
(2007/10)
荻上 チキ

商品詳細を見る


やや、ちきりん派でしょうか。

一般人(?)はともかく、彼らと仕事をする、あるいは仕事を依頼するような方々が、少なからず、混同するってのは、いったいどういうことなのか?単に、知性の問題、という訳ではないような。
思い込み、先入観は、ヒトを思考停止させてしまう、ということか。恐ろしい。

金融庁「IFRSの意見発信等民間委託」パブコメ募集

金融庁のサイトより。IFRSの議論について、IASBからの情報収集と意見発信等の民間委託に関するパブコメ募集です。

■「国際会計基準審議会等の議論に関する意見発信等に係る事務」等の民間競争入札実施要項(案)に対する意見募集について(2013.3.19)
http://www.fsa.go.jp/news/24/sonota/20130319-2.html


従来から、民間委託していたようですね。

吉川洋「デフレは長期停滞の結果」

吉川洋「デフレーション」より

筆者の考えは、デフレは長期停滞の原因ではなく「結果」だ、というものだ。
(p206)


デフレは、日本企業のイノベーションに対して、そうした「プロダクト・イノベーション」からコストカットのための「プロセス・イノベーション」へと仕向けるバイアスを生みだした。これこそが、15年のデフレが日本経済に及ぼした最大の害悪なのではないだろうか。
(p211)




デフレーション―“日本の慢性病デフレーション―“日本の慢性病
(2013/01/19)
吉川 洋

商品詳細を見る

白川日銀総裁「景気が改善し需給が逼迫→物価が上昇、逆ではない」

日本経済団体連合会常任幹事会における白川日本銀行総裁講演の、講演録と資料が公表されています。。

■【講演】日本経済の競争力と成長力の強化に向けて(2013.2.28)
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2013/ko130315a.htm/


日銀総裁としての最後の講演。

景気が改善し需給が逼迫することによって、物価は上昇し、その逆ではない
(図表7)



現代の金融政策―理論と実際現代の金融政策―理論と実際
(2008/03)
白川 方明

商品詳細を見る

Googleリーダーが7/1で終了

大ショック!です…

みなさまご承知のように、Googleが恒例の春の大掃除を実施。Googleリーダーが、2013.7.1でサービス停止との報。
このところ、情報収集はGoogleリーダーに、ほぼ頼っていましたので、業務上も大問題です。Googleアラートからの情報も、こちら経由で受け取ってましたし。

とりあえずは、別のRSSリーダーに乗り換えるとして、抜本的な再構築が必要なんかなぁ。
ソーシャルうんぬんと言いますが、FBもTwitterも、管理人の仕事スタイルでは、あまり役に立ちそうもないんですよねぇ。困った。

減損プレスリリースの日本語訳

以前にエントリを上げた、IASBの「金融商品:減損」の再公開草案に関するIASBのプレスリリースが、ASBJから日本語訳として公表されています。

■IASBが貸付金の損失引当に関する改訂提案を公表
予想信用損失アプローチは信用損失の認識の適時性を改善する(2013.3.12)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20130307.jsp;jsessionid=9228F0499CB6C4510CA43FAD548C1131


「ビッグバス(Big Bath)」って何でしょうか?「V字」回復演出、みたいなイメージでOK?

決算公表前に情報入手?

2013.3.14付、日本経済新聞の一面トップより。

■決算公表前に情報入手 投資家ら20社超、サイト閲覧(2013.3.14)


管理人の頭では、よく理解できないのですが・・・

外部からの接続が可能な別の保存先へ移動。

過去に重要情報を掲載したページのアドレスの日付部分などを書き換える方法でアドレスを割り出し

とあります。

つまり、情報を外部アクセス可能な状態に置いてしまい、リンクアドレスを推測されて、アクセスされた、ということでOK?例えば、リンクを知ってるとアクセスできる、Googleマップの限定公開みたいなの。

リアルで例えると、本社から公道に向けた看板(役所とかにある公示用看板?のイメージ)に、ひっそり、情報を貼り出したら、勘の良い奴にすぐに見られた、とか。そういえば何かの受験で、合格者番号を予定より早く掲示した、というケースもあったような・・・

もし、上記ならば、不正アクセスにも、インサイダーにも、まったくあたらないでしょうね。単に、企業側の、情報リテラシーの著しい不足、という感じです。

以下のネット版は、ヘッドラインのみ。本文は会員限定。
■決算公表前に情報入手 投資家ら20社超、サイト閲覧(2013.3.14)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG13036_T10C13A3MM8000/

ASBJがASAFメンバーに

2013.3.13付、日本経済新聞の投資・財務面より。

■国際会計基準づくり新組織 企業会計基準委が参加(2013.3.13)


IASBに新設される、会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF、Accounting Standards Advisory Forum、金融庁は「会計基準諮問フォーラム」と訳してます)に、ASBJが参加する見込みとの記事です。

なお、「会計基準アドバイザリー・フォーラム」は、昨日のエントリの「モニタリング・ボード」とは別の組織です。(ややこしや)

内容的には、微妙に違和感のある記述が多く、突っ込みどころ満載。ネタ、ありがとうございます(笑)

IFRS財団 モニタリング・ボードの要件

金融庁の公表した、以下のドキュメントより。
(表題、長過ぎ…)

■国際会計基準(IFRS)財団モニタリング・ボードによるメンバー要件の評価アプローチの最終化及び議長選出の公表について(2013.3.1)
http://www.fsa.go.jp/inter/etc/20130301-1.html


現在のモニタリング・ボードのメンバーは、IOSCO、EC、SEC、金融庁で、バーゼル委がオブザーバー。

今後のメンバーたる要件について、引き続き資本市場規制当局であることに加え、資金拠出とIFRS使用のコミットが挙げられています。

(前略)このコミットは、当該市場で資金調達する企業の連結財務諸表についてIFRS の適用を強制又は許容し、実際にIFRS が顕著に適用されている状態となっている、もしくは、妥当な期間でそのような状況へ移行することを既に決定していることにより裏付けられる。


だそうです。

単なるメンバーではなく、河野さんは(暫定取れた)議長でもありますので、日本の当局は早々にキチンとコミットして頂きたいものであります。ハイ。

3.11から2年を経て

「ハザード ラボ」さんの連載記事を。

■陸自史上最大の作戦 東日本大震災 プロローグ 陸上幕僚長たる陸将(2013.3.4)
http://www.hazardlab.jp/think/news/detail/3/6/366.html

30社がIFRS任意適用へ

東洋経済オンラインさんの記事より。

■IFRS導入予定は、わずか22社にとどまる(2013.3.13)
http://toyokeizai.net/articles/-/13220


アンケートでは、22社が導入予定と回答。8社が導入済みなので、計30社が任意適用となりますか。

調査の詳細は、3月15日発売の『会社四季報2013年春号ワイド版』に掲載

とのことです。


会社四季報 ワイド版 2013年2集 春号 [雑誌]会社四季報 ワイド版 2013年2集 春号 [雑誌]
(2013/03/15)
不明

商品詳細を見る

IASBが「金融商品:減損」に関する再公開草案を公表

IASBが「金融商品:減損」に関する再公開草案を公表しています。

■IASB publishes revised proposals for loan-loss provisioning
(2013.3.7)
http://www.ifrs.org/Alerts/ProjectUpdate/Pages/IASB-publishes-revised-proposals-for-loan-loss-provisioning.aspx


金融商品:減損は、いわゆる、Majorプロジェクトのひとつ。FASBとのMoUプロジェクトですが、夏頃に袂を分かち、昨年末にFASBは独自の公開草案を出しています。

ただ、両者のコメント期限は同一であり、IASBは7月上旬、FASBは4月末がコメント期限ですが、アウトリーチの結果と合わせて、何がしかの結論を出そうとしているとも思われます。

なお、日本公認会計士協会のサイトに、本件に関するコメントもアップされています。

■IASBが貸倒引当金の改訂した提案を公表-期待信用損失アプローチは、信用損失認識の適時性を改善する(2013.3.8)
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/ifrs/information/iasb/iasb_54.html

トラックボールを購入

トラックボール・マウスを購入しました。ロジクールさんのM570という奴です。


LOGICOOL ワイヤレストラックボール Unifying対応超小型レシーバー採用 M570LOGICOOL ワイヤレストラックボール Unifying対応超小型レシーバー採用 M570
(2010/10/15)
ロジクール

商品詳細を見る


以前から興味があったのですが、臆病者なので、これまで、なかなか踏み切れず。

設置は簡単でした。
1.受信機(unifyingレシーバー)を、USBコネクタに差し込み。
2.電池用の遮断用紙(矢印形の奴)を外す。
3.スイッチを「ON」に。

自動でロジクールのサイトにアクセスして、環境設定してるようでした。

M570は、5スイッチですが、進む(←)、戻る(→)以外は、よくある3スイッチのマウスと変わらず。最大の違いは、親指(?)でボールを制御するところ。

操作には、まだ慣れませんが、マウスに比べ腕はかなり楽な感じ。下が平面である必要がないので、自由度も高そうです。

公開草案「デリバティブの契約更改とヘッジ会計の継続を公表」の日本語訳が公表

ASBJが、公開草案「デリバティブの契約更改とヘッジ会計の継続を公表」に関するリリースと、公開草案自体の日本語訳を公表しています。

■IASBが、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」の修正案デリバティブの契約更改とヘッジ会計の継続を公表(2013.3.6)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20130228.jsp;jsessionid=80B7A0917C4F90C7FB9432FB31BEB2BA


G20(FSB等)は、店頭デリバティブの中央清算機関(CCP)への集約を指向しています。国によってはこの法律、規制等が早期に発効する可能性があるため、30日間と短期のコメント期間になっているそうです。

Excelはワープロ?帳票作成ツール?

tetsutalowさんのtweetのまとめ。
■公務員が公開するネ申Excelが日本の生産性を落としている話
http://togetter.com/li/469017
Excelが、(データ処理ツールではなく)単にワープロ又は帳票作成ツールとして使われているということでしょうか。

公務員に限らず、例えば、某IT企業グループでも、ドキュメントは基本、Excelで作成する文化があるようでした。議事録もExcel。セルの結合が多用され…

当方、基本的に、パワーポイント(ppt)しか使わない(議事録はword)ので、かなり、ビックリした。
そういえば、まとめやコメントには、pptへの言及が少ないな(汗)世の中的には、使われてないのか。

無限連用日記「知のシャープナー」

久しぶりに、ノウハウ本のご紹介。著者は、文部科学省のお役人さんです。

■「知のシャープナー」 御厩祐司 光文社 2013.2.15


[目次]
はじめに 「知のシャープナー」とは?
1.理論編 「知のシャープナー」の土台づくり
2.実践編 「知のビッグピクチャー」を描く
3.応用編 「冴えるカタログ」を編集
4.発展編 「ソーシャル・シャープナー」で社会に貢献
あわりに 想定問答集

書名が多数の引用され、非常に読みズラいが、Amazonのレビューでは、それを評価してたりするので、ビックリするなど。感じ方は、人それぞれですな。

シャープナーとして紹介されているのは、無限連用日記(MY法)、サエカタ、俳句体操、超エントリーシートなど。
特に、メインとなるツールが「無限連用日記」。よくある、連用日記(複数年分記入できる日記帳ですね、3年連用とか、5年とか)のIT版。スプレッド・シートで作成するので、無限に増殖可能です。

気に入ったので、さっそく、試験的に作ってみました。

といっても、Excelで、
1.縦軸に日付
2.横軸に年
を、連続入力するだけ。
操作は、セルの右下をドラッグして、ラジオボタンで「連続データ」を選択。

イメージ
**** 2013 2014 2015 ・・・ 2050
1/1
1/2
1/3
・・・

せっかくなので(?)、横軸の年は、生年から、2050年まで、取ってみました。まあ、ここまでは生きられないだろうが・・・、と考えると、けっこう短いなぁ。

■知のシャープナー(御厩祐司氏のサイト)
https://sites.google.com/site/knowledgesharpener/


「知」のシャープナー 人生が変わる知的生産日記 (光文社新書)「知」のシャープナー 人生が変わる知的生産日記 (光文社新書)
(2013/02/15)
御厩 祐司

商品詳細を見る

太陽ASG「IFRSニュース」

太陽ASG有限責任監査法人さんの、IFRSニュースvol.16(Quarter 1 2013)がリリースされてました。

■IFRSニュースVol.16(2013.2.25、PDF)
http://www.gtjapan.or.jp/ifrs_news/pdf/IFRSNewsVol16.pdf


季刊なので、20p超とボリュームいっぱい、盛り沢山です。(まだ未読)

Googleの検索件数

Googleの検索画面で、対象の概数(「約XXX,000件」という奴ね)が出てないなぁ?と思い、一瞬、悩む(←情弱)

そうか、「検索ツール」をオンにしていると、被ってしまうのですね。「検索ツール」をクリックで解決(笑)

Adobe Flash Playerが旧バージョン問題(続)

Google Chromeから「Adobe Flash Playerのバージョンがい!」と怒られる問題の続き。

[前回までの経緯]
Google Chromeで「Adobe Flash Playerのバージョンが古いためブロックされました。」と警告が出て遮断。
指示に従い「プラグインを更新…」をクリックすると…
「Google Chrome ブラウザをお使いの場合は、ビルトインされている AdobeR FlashR Player はご利用になれません。Flash Player を有効にするにはTechNoteの手順に~」
TechNoteは英語版のみで、お手上げ orz

いちいち、警告&遮断で、五月蠅くて仕方ない。しかも、上方からフェード・インして来るので、行がずれて、クリックミスが起こったり。

以下等を参考に、対処を実施しました。
http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cpsid_93729.html
(このヘルプは、「Flash Playerを以前のバージョンに変更する方法」なので、そのままではありませんが)

Google Chromeは、Flash Playerを組み込んでいるため、他のブラウザのように、アンインストール/インストールの手順ではダメらしい。

「D. Google Chrome の設定変更」を参考に、
アドレスバーに「chrome://plugins」入力→「+詳細」(右上)をクリック、で見てみると、なるほど、「Adobe Flash Player」が、2つ(2バージョン)ある。

管理人の場合、11.6と10.1で、10.1の方が有効(ややこしいが「(リンク付きの)無効にする」が表示されている状態)になっていました。Google Chrome先生は、この10.1について、バージョンが古く脆弱だ、とおっしゃっているのでしょうか。

なので、「無効にする」をクリックして10.1を無効に、「有効にする」で11.6を有効にしました。

すると、警告は出なくなりました。パチパチ。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード