スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクがIFRS任意適用

ソフトバンクが、2014年3月期からIFRSを任意適用することを公表しています。

■国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ(2013.1.31)
http://www.softbank.co.jp/ja/news/press/2013/20130131_01/


2014年第1四半期から、IFRSで開示とのこと。国際展開を背景にした財務情報の比較可能性向上が理由として上げられています。

検索して、ソフトバンクモバイルのサイトに行ってしまい、「なんで、企業情報が全然ないんだ?」と暫く悩んでしまいました。情弱・・・orz

これで、IFRS任意適用は12社目。
通信、IT、商社、銀行、証券、メーカーは素材、製薬、自動車と、業種も充実してきました。
スポンサーサイト

Googleブックマークのブックマークレット

Google Chromeに設置してある、Googleブックマークのブックマークレット。どこから落としたのか、一瞬判らなくなったので、備忘録として。

■Google Chromeヘルプ:Google ブックマーク
http://support.google.com/chrome/bin/answer.py?hl=ja&answer=100215


このGoogleブックマークのブックマークレットは、Google Chromeのブックマークバー(ややこしい)へ、ドラック&ドロップで設定できます。

マネックスグループがIFRS任意適用

マネックスグループが、2013年3月期からIFRSを任意適用することを公表しています。

■第3四半期 決算説明資料[2013年1月29日開催(2013.1.29)
http://www.monexgroup.jp/jp/ir_library/presentation/pdf/JP_20130129_3QFinancialResult.pdf


マネックスグループは、傘下に、マネックス証券、マネックスFX等を持つ新興金融グループ。松本大さんの会社ですね。
決算説明資料の、p19、「Ⅱ.業績概要」の最後に記載があります。

この2013年3月期(通期)から、IFRSで開示とのこと。
(第3四半期までは、日本基準の開示でした)

これで、IFRS任意適用は11社目。

ノロウイルスの「ノ」

ノロウイルスの命名由来は、ノーウォーク ウイルス(Norwalk Virus)とのこと。

ノーウォークといえば、米国財務会計審議会(FASB)の本拠のあるところです。そう、FASBとIASBの間で、カノッサの屈辱に匹敵するとも言われる、歴史的な、あのノーウォーク合意が、成なされた場所でんがな。

つまり、ノロウイルスとノーウォーク合意は、語源的には兄弟(?)関係にある、というトリビア(←死語)でした。

Garbage In,Garbage Out.

「Garbage In,Garbage Out.(ギャベジ イン、ギャベジ アウト)」とは、ゴミを入れれば、ゴミが出てくる、という警句。

Garbage(ギャベジ)は、ゴミとか屑のこと。一般にはあまり使わない語彙かと思いますが、洋食系の料飲業界、特にホテルなどでは、ゴミ箱等を指すものとして、普通に使います。

この警句の主旨は、例えば、リスク・マネジメント界隈では、インプットデータの重要性の指摘です。どんなに精緻なモデルやソリューション(笑)が構築、準備されていても、入力するデータが「ゴミ」なら、しょうもない結果しか出ない、の意。

「高度な金融工学」なんて、一時、マスコミ等もよく使いましたが、現実に取得できるデータはほとんどアレなので…orz
ビッグデータというBuzzワードもねぇ。

まあ、製造や飲食業など、他の分野においても、概ね通じる考え方かと。原材料や前工程で、不良や不具合の要因が入り込めば、製品、料理等の品質は、当然に悪化する訳で。

信用保証協会のキャラクターが鉄人28号

(休日モード)

おカネ関係のリンクを整理していて偶発的に遭遇。全国信用保証協会連合会(全信保連)のサイトに、鉄人28号が生息。

■全国信用保証協会連合会
http://www.zenshinhoren.or.jp/


しかも、NTTドコモXiのようなリアルバージョンや金色とかではなく、1960年代のTV時代風原色の奴です。管理人世代の心を、鷲掴み。

信用保証制度について知りたい方は、ぜひ正太郎くんに聞いてみよう。(渋い!)

ニッタン「最強金属 NWSΩtypeⅡ」×不二越「最強ドリル アクア 無限」(続)

年初にエントリを上げた、「ほこ×たて」の金属×ドリル対決第6戦。反芻してみても、やっぱり凄い!
@hageatamaさんのブログ「はげあたま.org」で、判りやすい解説を拝見しましたので、こちらもリンクを。

■ほこ×たて「金属VSドリル」第6弾のかみ砕いた専門的解説書きました(2013.1.2)
http://www.hageatama.org/wp/1635


過去の金属×ドリルの対決を、リストしておくと…

左側がドリル(鉾)、右側が金属(盾、ぜんぶニッタン)

第1戦:タンガロイ× 日本タングステン
第2戦:アライドマテリアル×日本タングステン
第3戦:古河ロックドリル×日本タングステン
第4戦:オーエスジー(OSG)×日本タングステン
第5戦:オーエスジー(OSG)×日本タングステン
第6戦:不二越×日本タングステン


あと、以前にリンクで記事をご紹介した産業ジャーナリスト那須直美氏の「製造現場ドットコム」における、過去の対決の記事へのリンクも、まとめておきます。
第4戦~第6戦が解説されています。

第6戦:不二越×日本タングステン
■『ほこ×たて』新春特別解説! 想像を絶する激闘と感動! 不二越VS日本タングステン (2013.1.2)
http://seizougenba.com/node/2337

第5戦(再戦):オーエスジー(OSG)×日本タングステン
■「ほこ×たて」緊急解説第2弾! オーエスジーVSニッタンの激闘!(2012.4.15)
http://seizougenba.com/node/1494

第4戦:オーエスジー(OSG)×日本タングステン
■「ほこ×たて」緊急解説(2011.11.16)
http://seizougenba.com/node/955

系列の扶桑社から、DVDブックも出してるんですね~。人気企画なんだ。2012年9月発売なので、第5戦まで収録されています。


ほこ×たて DVDブック 最強ドリルVS最強金属 編ほこ×たて DVDブック 最強ドリルVS最強金属 編
(2012/09/20)
不明

商品詳細を見る

東京商工リサーチ「こうして倒産した 2012年度」

寒さ厳しきおり、みなさま、如何お過ごしでしょうか。
誠に個人的な事情ですが、業務上、激しい寒風が吹きすさむ今日この頃でございます。このような日には、東京商工リサーチさんの、大型倒産事例「こうして倒産した・・・」などを眺めて、心暖まる一日を過ごすのも一興かと。

■2012年(平成24年)1?12月度こうして倒産した・・・(2013.1.15)
http://www.tsr-net.co.jp/news/detail/yearly/1224754_1606.html


毎月掲載の「こうして倒産した・・・」は、東京商工リサーチさんの大人気コンテンツのようですが、その総集編(2012年版)です。

負債総額ベースでリストされた15社の大型倒産事例は、あのエルピーダメモリではじまり、故河本氏がオーナーだった三光汽船は2度目の会社更生法という快挙(笑)

神戸市住宅供給公社、青い森農林振興公社と公社が2社あるのも実に味わい深いですし、太平洋クラブというのは、かつて短期間だけプロ野球のチーム名にも冠されたアレでございましょうか。感涙でございます。

合掌。

ppt クリップアート検索「スタイル 113」

pptクリップアートに関する備忘録です。

Office97まで、クリップアートで、よく見た「黒い人」。「黒い棒の人」、「黒い豆の人」等とも言われ、正式(?)には「スクリーンビーンズ」と呼ぶようです。

Office97を使用している頃は、他の方のスライドで良く見て、ウザくて、自分ではあまり使う機会もありませんでした。
知らなかったのですが、彼は、すでに過去の人になっていたんですね。

突然、思いつきで、ちょっと使いおうとしたのですが、Office2010のクリップアートに出てこないばかりか、以下でも、これらのキーワードでは検索できません。

■Office マイクロソフト:クリップ アート、写真、アニメーション
http://office.microsoft.com/ja-jp/images/


でも、「シルエット」だと、他のと混じって出てきます。また、「スタイル 113」で検索すると、こいつらだけがワラワラ出てきます。
めでたし、めでたし。

シードアクセラレータ

シードアクセラレータ(Seed Accelerator)とは、シード(種)段階のVBに投資し、企業の成長を促進するタイプのベンチャー・キャピタル(VC)。

2013.1.21付の日本経済新聞に、このシードアクセラレータの記事がありました。

■創業支援VC、12年投資額53%増 期待の起業を丸ごと育成(2013.1.21)


本邦に多い、金融系のVCに対する概念なんでしょうか。より早期、立ち上げに近い時期から、カネだけでなくビジネス・アドヴァイスもおこなう、というイメージ。それって、本来の意味での、VCそのもののような気が…。カネだけ&上場前からでは、VCの意義はどこに?って感じなので。
また、論者によって、定義には、かなり幅があるように感じます。

以下のような企業が、シードアクセラレータに分類されるようです。
・Open Network Lab
・サンブリッジ グローバルベンチャーズ
・サムライインキュベート
・サイバーエージェント・ベンチャーズ
・MOVIDA JAPAN
・モビーダジャパン
(順不同)

公正価値測定の教育マテリアル 日本語訳公表

公正価値測定の教育マテリアルの一部公表開始については、以前にエントリを上げていますが、ASBJのサイトでこの日本語訳が公表されています。

■IFRS財団が、公正価値測定の教育マテリアルの第1章を公表(2013.1.21)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/standards/ias2012/comments20121221.jsp;jsessionid=666A0E804F9663F64C2B6C704FB41E3D


記事の下部に、PDFがあります。

Googleリーダーの不調が解消?

以前に書いた通り、昨年の11月頃から、Googleリーダーがずっと不調でした。

Page Downしてスクロールしていると、あるところに、いきなり戻ってしまい、そこから脱出できない状態になる。
原因は不明で、特定のサイト、長い記事で画像がある奴(のみ)で発生。症状の発生する、そのサイトが嫌いになってしまったりして…

今日、突然気付いたのですが、このところ、その症状が出ていないような。まだ油断はできませんが、事実ならば、良きこと也。
Googleリーダーの利用停止も、真剣に検討しようと思ってましたので。今年に入って、Google Chromeをアップデートしたので、その影響なのでしょうか。わからん。

磯山友幸「国民新党が先送りしたIFRSの行方?」

磯山友幸さんの「現代ビジネス」の記事。

■安倍内閣の真価が問われる「金融資本市場の活性化」。国民新党が先送りした国際会計基準IFRSの行方はどうなる?(2013.1.16)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34583


本当に、いったい、どうなるんでしょうねぇ。
既得権者とそれにおもねる輩が跋扈して、変化できず、全体が沈んでいく…、日本の経済、社会の悲しい現実。
IFRSくらいは、かつて自民党政権下で決めた路線に、キチンと戻して欲しいものです。

自宅のルーター不調

昨日から、ルーターの調子が悪いようで、自宅のPCがネットに繋がりません。わざわざ、Mobileを使って繋いだり。

こういう場合、昭和の人間がやることはひとつ。

電源を切って、再起動!!!


だって、他に方法を知らないので(←情弱)

ルーターにはスイッチも無いようなので、コンセントを引っこ抜き、電源を一度落として、繋ぎ直したら…簡単に復活。

何ゆえ?

講演資料のボリューム傾向

昨日の、スライドの話に関連して。

暴論&定量化できてませんが、総じて、広告屋やIT系の資料はぶ厚く、コンサル系もそれに次ぐ、実務家や元実務家は薄め、学者はまったく薄い、という感じ。

広告屋、IT系 >> コンサル系 > 実務家、元実務家 >> 学者


大学の先生等だと、未だに「レジュメ」と称する数ページのスケルトンだけで、同じくらいの時間、お話されることも。

年末に聴いた、元国税の先生の場合、スライドは使わず、レジュメ+資料+ホワイトボード。レジュメも順序がグチャグチャ、別に配付された資料編と、行きつ戻りつで進行…。内容は興味深かったのですが、聴いていて非常にストレスが溜まりました(笑)

そういえば、大学の講義って、こんな感じだったような記憶。
お歳は、管理人と、そう違わないようで、個人差もあるでしょうが。

スライド1枚当りの所要時間

たまに、「スライド1枚当りの所要時間」というような検索で、当ブログに来館頂くケースがあります。

先週、テーマのまったく違う、2つのセミナーに参加したのですが、両方とも、時間は約90分、資料のボリュームは約40ページでした。

つまり、90分/40pで、スライド1枚当り、平均2.25分。→約2分強。

管理人の場合も、ほぼ同じような計算をします。

もちろん、分野やテーマによっても、大きく異なるとは思います。
広告代理店や企画屋さん等だと、この倍~数倍のケースもあります。紙では配付されないことも多いですが、多くの場合、イメージスライドがほとんどで、後で見てもあまり役立たないので、無問題。
(話が逸れた)

ジャバ、繰り延べ税金資産、メーンバンク

それにしても、「ジャバ」って表現は、如何なものでしょう。日本経済新聞は、何で「Java」って書けないの?
某風呂釜洗浄用洗剤じゃないんだから…

■「ジャバ7」不使用呼びかけ 情報処理機構、サイバー攻撃懸念
(日本経済新聞 2013.1.14)


すらたろう先生がよくtweetしておられる「繰り延べ税金資産」とか、「メーンバンク」なんてのも同じ。

世間や業界では決して使わない用語を、勝手に作り上げて使う。新聞の独善性を、あからさまに示していると思います。

情報処理推進機構「Java 7に脆弱性」

Javaの最新バージョン「Oracle Java SE 7(Java Platform Standard Edition version7)」に、深刻な脆弱性懸念があるそうで。

■「Java 7」の新たな脆弱性、「Windows」や「UNIX」に影響(CNET Japan、2013.1.13)
http://japan.cnet.com/news/service/35026824/

■「ジャバ7」不使用呼びかけ 情報処理機構、サイバー攻撃懸念
(日本経済新聞 2013.1.14)


米国国土安全保障省や情報処理推進機構(IPA)が警告とのこと。
残念ながら、現時点で情報処理推進機構のサイトには情報が上がっていないようです。
なお、重要なセキュリティ情報にある2012.10.12付の「Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2012-5083等)」は、本件とは別案件なので注意。このエントリの内容に従い、Javaをアップデートすると、問題のJava 7になってしまう可能性があります。

(2013.1.19追記)
■情報処理推進機構:Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2013-0422)(2013.1.15)
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20130115-jre.html

■情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

対応としては、以下になるかと。(自己責任でお願いします)
1.Java 7のアップデートはしない。
2.もし、Java 7にアップデート(又はインストール)済みならば、無効化又はアンインストールする。

(2013.1.19追記)
最新版のJava 7をインストール又はアップデートする。

did2さんのサイト「情報科学屋さんを目指す人のメモ」に、各ブラウザでJavaを無効化する手順が判りやすく整理されていましたので、ご参考までにご紹介。

■脆弱性が見つかったときなどに:各ブラウザのJavaを無効化する方法(Chrome / Firefox / Internet Explorer / Opera)(2013.1.14)
http://did2memo.net/2012/08/28/how-to-disable-java-plugins-chrome-firefox-internet-explorer-opera/


Chromeの場合は、アドレスバーに「chrome://plugins/」を入力すると、プラグインの一覧が表示されるのですね。まったく知らなかった。(←情弱)

管理人の場合、Java 6だったので、取りあえずステイしています。

カテゴリに「名言・金言」を追加

2013年のマニュフェストとして党がお約束した、ブログ強靭化計画(笑)として、カテゴリに「名言・金言」を追加しました。

この分野は、強力なブログも多い(いつも拝見している、コブタさんことコボリジュンコさんのこちらとか)ので、網羅的、示唆的に皆様のお役に立つもの、というよりは、管理人の好みで、シニカルなのやジョーク的なものを含め、独善的に集めてみたいと思います。(←いつもそうですが)

昨日の、ベッケンバウアー先生のが、第1弾でした。でも、上の趣旨に相違して、めっちゃ、世間に迎合してますなぁ…

ベッケンバウアー「勝った者が強い」

2013.1.1.12付の、日本経済新聞土曜版「NIKKEIプラス1」1面より。

何でもランキング 座右の銘にしたいのは
1位 165ポイント

強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ。
フランツ・ベッケンバウアー(元サッカー西ドイツ代表)


管理人の世代では、ドイツサッカーといったら、この人。皇帝「ベッケンバウアー」。(and 爆撃機「ミューラー」)

サイゼリア社長の本の題名と、ほぼ同じですな。

■「おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ」
正垣泰彦 日経レストラン 2011.7.21刊




おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だおいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ
(2011/07/21)
正垣泰彦

商品詳細を見る

ポーター賞

ポーター賞は、一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)がHBSマイケル・E・ポーター教授を顕彰し、、2001年に創設。日本企業の競争力を向上を目的として、独自性ある戦略により競争に成功した日本企業などに贈られる、そうです。

2012年には、味の素ファインテクノ 電子材料事業部、クレディセゾン クレジットカード事業、東京糸井重里事務所、リクルートライフスタイル 旅行営業統括部(じゃらんnet)が、受賞しています。
(以下のサイトより)

■ポーター賞のサイトにようこそ
http://www.porterprize.org/


品質管理のデミング賞と、同じような建付けなのでしょうか。

[お題]5Lと3Lのバケツで4Lを量る

たまたま、Web上で遭遇したお題。

5Lと3Lのバケツ2つで4Lを量る


確か、以前に解いたことがあると思うけど、近頃は老人力がとみに高まり、まったく忘れてます。

なお、バケツを斜めにすると・・・とか、テクニカル(?)な回答も出てくるようなので、ここでは

バケツは変形でメモリは無い。他の器具等は使わない。


という条件を付加しておきます。

管理人が思いついた回答例

1.5Lのバケツに水を満杯まで入れる。
5L:■■■■■
3L:□□□

2.5Lのバケツから3Lのバケツへ満杯まで移す。
5L:■■□□□
3L:■■■

3.3Lのバケツの水を捨てる。
5L:■■□□□
3L:□□□

4.5Lのバケツの残りを3Lへ移す。
5L:□□□□□
3L:■■□

5.5Lのバケツに水を満杯まで入れる。
5L:■■■■■
3L:■■□

6.5Lのバケツから3Lのバケツへ満杯まで移す。
5L:■■■■□
3L:■■■

→5Lのバケツに4Lの水が残る。

で、OK?

FASBの金融商品減損モデル

米国FASBが、金融商品の減損に関する公開草案を公表。監査法人さん等のサイトでコメントされています。

Pwc
■FASBが負債性金融商品の信用損失の会計処理に 関する新たなモデルを提案 ※In Brief(PwC US)(2012.12.21)
https://pwcinform.pwc.com/inform2/show?action=informContent&id=1238252212001632

トーマツ
■米国財務会計基準審議会(FASB)が、すべての金融資産を対象とする減損モデルを提案(2012.12.20)
http://www.tohmatsu.com/view/ja_JP/jp/knowledge/ifrs/pub/nl/iasplus/c54abd0d8b1db310VgnVCM1000003256f70aRCRD.htm


この提案は、PLを通じて公正価値で評価する金融資産(FVTPL)以外に適用。予想信用損失(Current Expected Credit Loss、CECL)モデルと呼ぶらしいです。
IFRSとはとはコンバージェンスしない方向なんですね。トーマツさんの資料に、IFRSとの比較表が載っています。

中小企業庁「中小企業の会計に関する基本要領」サイト

中小企業庁のサイトに、「中小企業の会計に関する基本要領」の特集ページが出来ていましたので、ご紹介。

■中小企業の会計に関する基本要領
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/youryou/index.htm


中小企業基盤整備機構の無料セミナーのテキスト「会計を経営に活かす」、日本税理士連合会の作成した「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」へのリンク、公的な金融措置、民間金融機関の対応商品など、関係情報も整理されています。

リース基準暫定決定の解説

IFRSのリース会計基準は、2013年1Qに再公開草案の公表が予定されています。
昨年末に、現時点の暫定決定などに関して監査法人等から解説が出ていたのでリンクを。

PwC
■IFRSを巡る動向 第48回 リース会計(2012.12.17)
http://www.pwc.com/jp/ja/ifrs/knowledge/ifrs-trend/vol48.jhtml

新日本有限責任監査法人
■リース・プロジェクトによる最新の決定(2012.12.21)
http://www.shinnihon.or.jp/services/ifrs/ifrs-commentary/ifrs-others/pdf/ifrs-other-lease-project-2012-12.pdf


PwCさんのはポイントが整理され、管理人のような素人にも判りやすい。他方、新日本さんのは複数の設例があり、50頁を超えるボリュームです。

不正リスク対応基準(公開草案)パブコメ手続

不正リスク対応基準(公開草案)は企業会計審議会監査部会からすでに公表されていましたが、更に2012.12.21付で金融庁のパブコメ手続にかかっています。(2013.1.25 17時必着)

■「監査における不正リスク対応基準(仮称)の設定及び監査基準の改訂について(公開草案)」の公表について(2012.12.21)
http://www.fsa.go.jp/news/24/sonota/20121221-4.html


なお、この公開草案について、日本公認会計士協会監査基準委員会から、以下の文書が出ています。

■「監査における不正リスク対応基準(仮称)(案)に関連する現行の監査基準委員会報告書等」の公表について(お知らせ)(2012.12.13)
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1654.html

続けたい習慣の儀式化はチェックリストで

以前に、「リストのチカラ」(「リスト化仕事術」として文庫化)、「アナタはなぜチェックリストを使わないのか?」をご紹介しました。

リストやチェックリストは、非常に重要&有効なツールだと考えています。
(その割には、上手く使えてない…orz)

大橋悦夫さんの「シゴタノ!」に、興味深いチェックリスト関係の話題がありました。

■続けたい習慣は「儀式」にするとうまくいく(2013.1.3)
http://cyblog.jp/modules/weblogs/11159


続けたい習慣は定例&ルーティン的な儀式にすること、そのためのレシピ(チェックリスト)の有用性と必要性を、述べておられます。

なお、後半に書かれているように、大橋さんは、レシピとチェックリストを区分しています。
「レシピ」は、一般的なチェックリストのうち、事前に見て、それに沿って作業するタイプのものを指しています。
「アナタはなぜチェックリストを使わないのか?」でいう、読むのち行動タイプのリスト。手順書的なリスト、と言えるかもしれません。

(祝)初廃トナーボトル交換

今年の初出勤日。
ルーティンの印刷作業を開始すると、いきなり複合機がエラーです。廃トナーボトル交換指示キター(笑)

ツイてるなぁ。祝、新年初交換ですよ。
というか、昨年末に、エラーのまま、シカトした奴、居るだろ。爆発すべき。

ほこ×たて(続)

(休日モード)

昨日エントリを上げた、元日のフジテレビ系「ほこ×たて スペシャル」、Web上でけっこう話題になっていたようで。
他の対決は置くとしても、ニッタン「最強金属 NWSΩtypeⅡ」×不二越「最強ドリル アクア 無限」はぜひ、見て頂きたい戦いでした。

あと、TwitterのTLで「あなたが見たいほこ×たて」として面白いと思ったのが、「編集者×作家」、「監査法人×粉飾企業」など。「絶対に〆切を守らせる編集者×絶対に守れない作家」なんて、是非、見てみたいですね。

まあ、「監査法人×粉飾企業」の方は、どちらが「鉾」、「盾」なのか、良く判らんし、対にもなってないような気がしますが。

ニッタン「NWSΩtypeⅡ」×不二越「アクアドリル無限」

昨日、フジテレビ系で「ほこ×たて」を見ておりました。

工具メーカー不二越の「アクアドリル 無限」が、金属材料メーカー(?)である日本タングステンの最強金属(超難削材料)「NWSΩtypeⅡ」に、挑む、まさに鉾と盾の対決。いや~、見応えがありました。

このブログでは、ときどき、モノづくり(笑)至上主義(原理主義)を揶揄するので、製造業全般が嫌いなのか、との誤解も受けますが、こういう実力のある会社は、実は大好物です。
(嫌いなのは、補助金がないとやっていけないようなゾンビ企業。メーカーに限らず。)

ちなみに、ドリル側は1.タンガロイ、2.アライドマテリアル、3.古河ロックドリル、4.5.オーエスジーと来て、不二越は6社目だそう。これを、日本タングステンがひとり(1社)で受けて立っている。痺れますな。

「製造現場ドットコム」というサイトで、この対決に関する詳しい解説がされていましたので、ご紹介。

■『ほこ×たて』新春特別解説! 想像を絶する激闘と感動! 不二越VS日本タングステン (2013.1.2)
http://seizougenba.com/node/2337


管理人のような素人が、単にTVを見ていただけでは判らない、更に深いいろいろな解説がなされており、こちらも興味津々でございました。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。