2012年の振り返りと年末ご挨拶

本年、2012年も、こちらのブログを読んで頂いた数少ない皆様。本当にありがとうこざいました。厚く御礼を申し上げます。

1日1エントリのノルマは、2012年も継続。
ただ、特に後半からバックデートの更新が多くなり、アクセス順位を更に下げる結果に。FC2サブジャンル「マーケティング・経営」で従来20位くらいだったのが、40位前後が定位置でした。

また、ここのところメインとなっていたIFRS自体がグダグダで、世間では話題にも登らなくなり…orz

来年は、もう少し、キチンとやりたいと思いますが、問題は主なテーマですね。

では、よいお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

書籍の整理 2012

本日から、年末恒例となりました、本の整理作業を実施。

今年(2012年)は、購入ベースで70数冊。読了ベースでは70冊弱でした。
(仕事用の書籍は除く)

ここ数年、主に収納スペースという物理的な制約から、本の購入を絞って来ましたが、こんなに少ないとは自分で驚いた。
年間数百冊を買ってたのは、いつ頃のことか。しかも、ほんどとが趣味系の雑本です。
ブログでご紹介できるような、学習向けの書籍は、数えるほど。

こうやって、どんどん衰えていくんでしょうかね。少し、寂しい気持ちに。
本格的に、電子書籍に手を出すか…

電子書籍のコスト?

2012.12.29付の、日本経済新聞の記事より。

■混戦 電子書籍 下
コスト・品ぞろえに難題 収益化ハードル高く(2012.12.29)


既存書籍の電子化のコストとして

裁断やスキャンなど紙から電子にする作業に1タイトル10万~15万円、
電子書籍として読めるフォーマットに整えるの3万~5万円。
そこから書店ごとに異なる閲覧ソフトに合わせるのに1万円程度。
(上記から引用)

書籍の電子化にはコストがかかる、という文脈ですが、出版社が関与するのに「裁断やスキャンなど紙から電子にする作業」にコストを掛ける必要はないでしょう。個人で自炊するのと違うんですから。
単に、編集段階で使用した電子データを使えばよいはず。まさか、電子データを使わずに、編集・印刷工程を運用している訳ではないでしょう。

あと(どうでもいいけど)「電子にする」って、表現は、どうなんでしょうか?(笑)

仕事納め 雑感

本日で、仕事納めです。
個人的な備忘録として、雑感を少々。

今年は、仕事で、これまでやっていなかった(避けていた?)新たな分野に着手。これが良かったのかどうかは、ちょっと判らない。Not to Doリストに入れてたのですが、自分で近寄ってしまい、取り込まれたので自業自得。

いろいろとトラブルもあり、年末も、いつになくバタついたりしたけど、まあ切り抜けたという感じ。終わりよければ…です。

年末には、いくつか、仕事絡みで、旧交を温めることもできました。ビジネス人生の最終コーナー(人生自体もですが)に差し掛かり、こういうご縁を大切にする、という気持ちも少し。

日銀セミナー「「中小企業再生の課題と対応」開催

日本銀行の主催で、金融高度化セミナー「中小企業再生の課題と対応」が開催されています。

■金融高度化セミナー「中小企業再生の課題と対応」を開催(2012.12.26)
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2012/rel121226a.htm/


金融円滑化法の出口として、中小企業の再生(と処理?)が直近の課題となりますが、その関係でしょうか。

公開草案「減価償却及び償却の許容される方法の明確化」公表

2012.12.26付で、ASBJのサイトにおいて、公開草案「減価償却及び償却の許容される方法の明確化」の日本語訳が公表されています。

■IASBが、IAS第16号「有形固定資産」及びIAS第38号「無形資産」の修正案:
「減価償却及び償却の許容される方法の明確化」を公表(2012.12.26)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20121204.jsp;jsessionid=C80D71EBB6CB82DA6D6151ECAF817FC1


IASBが、2012.12.4付で公表したものです。日本語化のサイクルも、ずいぶんと早くなりました。
IFRS対応のメインテーマのひとつなので、以前であれば、非常に話題になったろうに…(遠い目)

IASBがワークプランを更新

全然、気付いていませんでしたが、2012.12.19付で、IASBがワークプランを更新したようです。

■Work plan - as at 19 December 2012
http://www.ifrs.org/Current-Projects/IASB-Projects/Pages/IASB-Work-Plan.aspx


前回、2012.12.4付との変化がよく判りませんが、「Next major project milestone」に、「Rate-regulated Activities」が追加されたのでしょうか。違う?

鎖構造を強みにする

ルメルト「良い戦略、悪い戦略」より。(備忘録です)

鎖構造を強みにする、という点に感心。(p166あたり)

経営では、鎖のモチーフはよく使われますが、通常は鎖の弱い部分(Weak Link)の議論。そこがボトルネックになる、という感じで使います。本書では、スペースシャトル「チャレンジャー」のゴム製Oリングがそれ。診断で問題を把握し、そこにフォーカスして、底上げすることで対処します。

「良い戦略、悪い戦略」ではそれに止まらず、鎖構造を強みにする主張も。鎖全体を高度化することで、競合を防ぐ戦略。つまり、一点だけの高度化だと追随者がフォーカス可能ですが、複数だと極めて難しい。ひとつ追いつかれたら、他の高度化で突き放すことも可能ですので。
この例として、IKEAが挙げられています。


良い戦略、悪い戦略良い戦略、悪い戦略
(2012/06/23)
リチャード・P・ルメルト

商品詳細を見る

MUJIの靴下で失敗

(休日モード)

靴下は、神経衰弱状態になるのがいやなので、柄が同じ商品をまとめ買いしています。いわゆる、高畑正幸さんの文具王方式(?)です。

今回、無印良品(MUJI)で靴下(980円/3足を2組)を購入したのですが、これが大失敗。
なんと、左右の区別がある靴下なんです。つま先あたりに一応、「R」、「L」と表示があるのですが、見難くて、よく判らないし。

まったく必然性を感じないのですが、こういうの、今は、普通なんでしょうか?
「日本的」な無意味なこだわりと、思ってしまうのは管理人だけですか、そうですか。


究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる
(2010/09/16)
高畑 正幸

商品詳細を見る

公正価値測定の教育文書

IFRS財団/IASBのサイトで、教育文書( educational material)のリリースが公表されています。

■IFRS Foundation issues first chapter of fair value measurement educational material
(2012.12.21)
http://www.ifrs.org/Alerts/Publication/Pages/Fair-Value-Measurement-December-2012.aspx


対象は、IFRS13号「公正価値測定」の一部のようです。
なお、この教育文書は、IFRS財団の教育イニシアティブ(Education Initiative)により開発されたもの。IASBの承認を得ない非公式な文書という位置付けです。

パナ「ホームスマートフォン」の既視感

パナソニック(旧松下電器)から、ホームスマートフォン(VS-HSP2005)という新製品が!
Androidタブレット型のコードレス子機の付いた固定電話だそうです。

こちらといい、シャープの電子ノートといい、何かが大きくズレているかと。

まるで、コダックのこれと同じような気がするのは管理人だけでしょうか。そうですか。

楽天がIFRS任意適用

楽天が、2014年3月期からIFRSを任意適用することを公表しています。

■国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ(2012.12.20)
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2012/1220_01.html

2013年1QからIFRSで公表。
すでに子会社を含めた準備作業等が広く報道されていましたので、意外感はなし。社内共通語を英語にして、グローバル(?)展開を志向する楽天さんですから。

IFRS任意適用企業
日本電波工業、住友商事、HOYA、日本板硝子、JT、DeA、SBIホールディングス、アンリツ、中外製薬、に続き10社目。

公開草案「持分法:その他の純資産変動に対する持分」日本語訳公表

2012.12.18付でASBJが、IFRSの公開草案「持分法:その他の純資産変動に対する持分」(2012.11.18付でIASBが公表)の日本語訳を公表しています。

■公開草案「持分法:その他の純資産変動に対する持分(IAS第28号の修正案)」の和訳(2012.12.18)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/ed/comments20121122.jsp;jsessionid=62A6657123672E25E7F4CC728EAF8232

久しぶりの公開草案の和訳を読んだ(笑)

なお、本公開草案について、IASB委員の鶯地隆継氏が、ただひとり反対票を投じたとのこと。結論の根拠の最後に「鶯地隆継氏の代替的見解」が付いています。

IKEAの搬入口は斜め

(備忘録として)

家具量販大手「IKEA(イケア)」の搬入口(トラック等の荷台を横付けして、物品の搬入をおこなうところです)は、わざと斜めに設計されているのだそう。

■IKEAの搬入口がかっこいい
http://portal.nifty.com/kiji/121205158624_2.htm


シュゴい、シュゴ過ぎる・・・。こういうのって、感動するなぁ。

新三郷だけでなく、南船橋も、神戸も、福岡も斜め。
(でも、大阪だけは直角で普通。なんでや?)

中外製薬のIFRS任意適用

中外製薬が、2013年12月期決算からIFRSを任意適用することを公表しています。

■国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ
http://www.chugai-pharm.co.jp/hc/ss/news/detail/20121214113000.html

2013年1Qの開示から適用とのこと。

親会社がスイスに本拠を置くロシュなので、ニーズがあるのでしょうね。

(追記)
IFRS任意適用企業
日本電波工業、住友商事、HOYA、日本板硝子、JT、DeA、SBIホールディングス、アンリツ。
中外製薬で9社目。

信用格付業者の処分

金融庁のサイトで、以下が公表されています。

■スタンダード&プアーズ・レーティング・ジャパン株式会社に対する行政処分について
http://www.fsa.go.jp/news/24/syouken/20121214-3.html


信用格付業者であるS&Pは、証券取引等監視委員会が検査しているのですね。
シンセティックCDO格付の検証と更新及び業務運営に、問題ありということです。

カードローンをお薦めされる

(休日モード)

先日の金融庁の警告ではないのですが、近頃、Webを見ていると、アフィリエイトから、やたら「カードローン」をお薦めされるんですな。

XX歳台の、審査を断られた方


ってコピーがが多いように記憶します。

XX歳台でもなく、審査も断られてない(たぶん)し。
検索パターンなどが、似ているということなでしょうか…orz

注意「金融庁のロゴ等を不正使用したホームページ」

IFRSの情報絡みで、よく拝見する金融庁のサイトに、警告記事が掲載されています。

■金融庁のロゴ及びシンボルマークを不正使用したホームページに御注意ください(2012.12.14)
http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/20121214.html


せっかくの告知ですが、これだけじゃあ、何がなにやら、という感じ。いかにも、お役所仕事的ですなぁ
Web上の情報によると、カードローンのアフィリエイトサイトで使われているようです。ご注意を。

「良い戦略 悪い戦略」購入

ついに、ルメルト「良い戦略 悪い戦略」を購入しました。

■「良い戦略、悪い戦略」 リチャード・P・ルメルト
日本経済新聞出版社 2012.6.23刊

Amazon「ほしい物リスト」には、ずいぶん前に入れていました。ただ、ハードカバーで厚くて、値段が高くて、表紙のデザインが苦手、等と言い訳し、忌避。どうせ、管理人には、「戦略」の仕事なんて来ないし…

先週、久しぶりにお会いしたS副本部長から「何度も読み返す本」と、推薦を受けては、買わざるを得ず。
まだ読了していませんが、読み始めてすぐから、「!」の嵐でした。
(読了後、また関連記事をアップするかも)


良い戦略、悪い戦略良い戦略、悪い戦略
(2012/06/23)
リチャード・P・ルメルト

商品詳細を見る

不正リスク対応基準(仮称)の公開草案等

金融庁の企業会計審議会監査部会で、監査における不正リスク対応基準(仮称)の設定及び監査基準の改訂が検討され、公開草案が公表されています。

■企業会計審議会第32回監査部会を開催しました。(2012.12.11)
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/siryou/kansa/20121211.html


これらの内容に詳しくないので、印象論になりますが、監査(公認会計士)だけに、多くの責任を負わせても、大きな問題は解決しない、と思われます。

内部統制の導入で、何か、変わったでしょうか。

森 博嗣氏のコラム本2冊 「常識にとらわれない100の講義」、「つぶやきのクリーム」

業務連絡。
推薦していた、森 博嗣氏の本は、以下です。

■「常識にとらわれない100の講義」森 博嗣 大和書房 2012.7.21刊

■「つぶやきのクリーム」森 博嗣 講談社(講談社文庫) 2012.9.14刊

「つぶやきのクリーム」の方が先に書かれ、すでに文庫になってました。単行本で買っちまった…orz


常識にとらわれない100の講義常識にとらわれない100の講義
(2012/07/21)
森 博嗣

商品詳細を見る



つぶやきのクリーム The cream of the notes (講談社文庫)つぶやきのクリーム The cream of the notes (講談社文庫)
(2012/09/14)
森 博嗣

商品詳細を見る

ソニーは一品料理?だそうで

元記事のインタビューは読んでいないのですが、備忘録として。

■「Appleが作ってるのはインスタントラーメン、僕らが作ってるのは一品料理」ソニーのキーパーソンの発言から見える日本メーカーの課題(2012.12.6)
http://techse7en.com/archives/4293913.html


ポジショントークかもしれませんが、それにしても、ソニー(の方)は、いろいろ、根本的に間違っているような。料理の種類うんぬん以前の問題かと。

インスタントだろうが、一品料理だろうが、何でもよい訳です。売れているのが、「おいしい」料理でしょう。


おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だおいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ
(2011/07/21)
正垣泰彦

商品詳細を見る

Googleリーダーの画像表示

以前に、Googleリーダーで、いくつかのサイトの画像が表示されないことについて書きました。

あと、追加で登録した、あるサイトの画像が、表示されない。(せっかく、癒しを得ようと思ったのに)


Web上の情報を参考に、リンク先を「http」→「https」にしたら、解消しました。
無事、猫と犬のなかよしの画像が、毎日見られるように(嬉)

企業財務委員会 配付資料

反IFRS派の砦のひとつ(?)、経済産業省企業財務委員会。三菱電機顧問の佐藤某氏が、委員長です。
2012.12.3に第23回が開催され、配布資料が公表されています。

■第23回企業財務委員会‐配付資料(2012.12.3)
http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004637/023_haifu.html


「IFRSをめぐる海外の主要な動き」など、参考になるかと。

松井証券が信用取引の手数料をゼロに

2012.12.6の日経夕刊の記事より。
ネット証券の松井証券が、信用取引の利息、手数料をゼロにするとのこと。

証券取引の手数料には詳しくありませんが、信用取引とは資金又は証券を借り入れておこなう取引で、この利息や手数料は、いわゆる借入金利に相当するもの。それがゼロとは、タダで借りられるということ?

リードを見たときは「なんと!やっちまったな」、と思いました。0(ゼロ)以下はないので、これはパンドラの函。もう、それ以上は打つ手が無いわけで。

ただ、よく読むと、

同じ日に反対売買をして取引を終わらせる投資家

1注文あたりの取引金額が300万円以上の場合


とありますので、同日決済する大口取引に適用され、全部がタダということでもないようです。
(当然ですね)

東証アカデミー特別企画「IFRSを巡る国内外の動向と日本基準の開発状況」

東京証券取引所が、年明けにIFRSのセミナー(東証アカデミーの特別企画)をおこなうようです。

■【特別企画】国際会計基準(IFRS)を巡る国内外の動向と日本基準の開発状況のご案内
(2012.12.6)
http://www.tse.or.jp/learning/academy/course/tokubetsu_kikaku/index-20130115.html


講師は、ASBJの新井副委員長。
無料ですが、果たして200名も集客できるのでしょうか(笑)

IASBがワークプランを更新

2012.12.4付で、IASBがワークプランを更新したようです。

■Work plan - as at 4 December 2012
http://www.ifrs.org/Current-Projects/IASB-Projects/Pages/IASB-Work-Plan.aspx


主要プロジェクトでは、ヘッジ会計の最終基準化が従来の2012 4Qから2013 1Qへ延伸しています。

他に、サイトの見てくれが激変しています。
単なる表だったのが、「Major IFRSs」、「Interptretation」、「Research Project」、「Completed IFRSs」、「Agenda Consultation」という、5つのタブを使った造りに。

Googleリーダーの不調が続く

個人PCの、Googleリーダーの不調が継続中です。

相変わらず、「次のアイテム」としても、特定の画像に戻ってしまい、何度やっても突破できない…
頻度は少ないのですが、ものずごく、イライラします。Googleリーダーを使うのを、やめようか?と思うくらい。

あと、ササクレだった心を癒す目的で追加登録した、あるサイトの画像が、表示されない。(せっかく、癒しを得ようと思ったのに)
これも、何が原因なのか判らず。(←情弱なり)

日本取締役協会「IFRS連絡会」

日本取締役協会さんの主催で、国際会計基準(IFRS)連絡会というのが、おこなわれているそうです。

■国際会計基準(IFRS)連絡会
http://www.jacd.jp/committee/ifrs/


実績をみると、毎年3回ほど開催されているようです。

※一般参加できます。


とありますが、公開されているということなのでしょうか?

会計士協会サイトのIFRSページが不調?

よく利用させて頂いている日本公認会計士協会さんのサイト。

特にIFRSの専門ページは、よく拝見するのですが、リンクを辿っても「メンテナンス中」表示に。
管理人側の問題なのか、それとも2012.12.1にメンテナンスをされたようなので、その際の不具合でしょうか。

まあ、あまり見る方もないIFRSページなので無問題かもしれませんが・・・
(寂しいね)
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード