サイト「鉄道Now」

(休日モード)

Googleマップ上を、鉄道車両のアイコン(正面)が、「ウゴ、ウゴ…」という感じで、ダイヤ通りに移動しているだけのサイト。

■鉄道Now
http://www.demap.info/tetsudonow/


実用性は「?」ですが、やや鉄系の管理人としては、眺めているだけで楽しくなる!
スポンサーサイト

「Gゼロ後の世界」読了

国際政治、地政学分野の一冊。

■「Gゼロ後の世界」 イアン・ブレマー
日本経済新聞出版社 2012.6.22刊


副題は「主導国なき時代の勝者はだれか」。著者は、国際政治・地政学系の調査研究・コンサルティング会社「ユーラシア・グループ」の代表。奥付には(話題?の自民党新総裁)「安部晋三にも助言」とある(笑)

[目次]
1.Gゼロとは何か?
2.Gゼロへの道
3.Gゼロ・インパクト
4.勝者と敗者
5.来るべき世界
6.Gゼロ・アメリカ

Gゼロとは、世界のリーダーになるという課題に対応できる、単一の国または永続的国家連合が存在しない世界秩序をいう。


かなり、面白い。
以前にご紹介した「2050年の世界」などと同じ、シナリオ系の話として読みました。

Gゼロへの道筋は、こんな感じでしょうか。

G2 米国とソ連

G7 米国、英国、ドイツ、カナダ、フランス、イタリア、日本(先進7カ国)

G8 G7+ロシア

G20 たくさん…

Gゼロ


例によって、少し、いちゃもんを付けておくと…
ブラジルやアフリカ諸国が過剰に評価されているのは、かなり違和感あり。
アフリカは論外として、ブラジルも、都市のど真ん中に犯罪組織が居座って、地下経済を巣くり、一般人が生活するのも超危険な国に、まともな投資が継続されるとは、ちょっと考えにくい。このあたりは、ジョージ・フリードマンの「100年予測」、「激動予測」の方に理がありそう。
もちろん、周辺には競合できる国がないので、地域覇権国にはなるんでしょうが。

また、政治学分野の方なので仕方ないんでしょうが、国というものの能力や役割、パワー等に、過剰な期待バイアスがかかってます。「A国はXXXであることを理解しており…XXXと行動する」という擬人的な表現が多用されますが、そんなことが現実離れであることは、極東の某二流国(三流?)の震災後の右往左往や国境紛争での稚拙な対応(相手国もね)を見れば、明らかですよね、ですわよ(笑)

他方、経済や経営の実態に関する理解レベルは、あまり高くないようにお見受け。例えば、日本の高度経済成長は通産省のおかげ、というような、既に全否定された幻の神話が、まじめに書かれています。

日本の通商産業省(現・経済産業省)は、国内経済の多くの側面を運営するために介入をおこなった。(引用)


のは事実かもしれませんが、その多くが失敗(製鉄所の増設や自動車製造への参入を妨害した)。成功したケースは、誰がやっても同じか、役人の個人的に資質に依存したものか、または単なる偶然。国が経済に対して、長期的に貢献できるのは、規制を無くし、邪魔をしないことだけです。


「Gゼロ」後の世界―主導国なき時代の勝者はだれか「Gゼロ」後の世界―主導国なき時代の勝者はだれか
(2012/06/23)
イアン・ブレマー

商品詳細を見る



2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する
(2012/08/03)
英『エコノミスト』編集部、船橋 洋一 他

商品詳細を見る



100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図
(2009/10/09)
ジョージ フリードマン、George Friedman 他

商品詳細を見る



激動予測: 「影のCIA」が明かす近未来パワーバランス激動予測: 「影のCIA」が明かす近未来パワーバランス
(2011/06/23)
ジョージ・フリードマン、George Friedman 他

商品詳細を見る

お薦め本「ビジネス寓話50選」

とても良い本だと思います。

■「ビジネス寓話50選」 博報堂ブランドデザイン
アスキー・メディアワークス(アスキー新書) 2012.8.10刊


アスキー新書の一冊。博報堂系のブランド・コンサル会社「博報堂ブランドデザイン」の方が執筆。

実はまだ、読了していないのですが、もう暫くかかりそうなので、まずはご紹介を。
(読み終わるのがもったいないので、チビチビと少し長く、楽しもうと思っています←ケチ臭い)


ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから (アスキー新書)ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから (アスキー新書)
(2012/08/10)
博報堂ブランドデザイン

商品詳細を見る

大和総研「退職給付会計が原則主義へ」

大和総研「コンサルティング・インサイト」から、退職給付会計に関する記事のご紹介。

■第219回 IFRSへのコンバージェンスに伴い退職給付会計が原則主義へ(2012.9.25)
http://www.dir.co.jp/souken/consulting/researcher/insite/120919.html


IFRS(IAS19号)へのコンバージェンスに伴う退職給付会計(日本基準)の変更について。
コンサルティング・ソリューション第三部の三上徹さんの執筆です。

グラフがあり、(管理人のような門外漢にも)とても判り易いのでお勧めです。

連結財務諸表の用語、様式~告示の改正

金融庁のサイトに、以下の告示の改正が告知されています。

■「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件」等の一部を改正する件について(2012.9.21)
http://www.fsa.go.jp/news/24/sonota/20120921-4.html


2012.1.1から6.30までに、ASBJが実施した、日本基準の退職給付に関する会計基準の新設等に対応。

また、同じく、IASBのおこなったIFRSの改正(IFRS1号等)を、指定国際会計基準に反映しています。

Amazonにおける配送料の商品価格への転嫁

ちきりんさんのもう一つのブログ「ちきりんパーソナル」より。

■アマゾンが一番すごいと思う(2012.9.23)
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin+personal/20120922#p1


Amazonがスゴいことに、異論はまったくありません。

ただ、Twitterの

「千円以下のものを一品だけ買っても、配送料無料」を実現できる企業が、アマゾン以外に出てくるのに、あと何年かかると思います? (もちろん品物の値段に上乗せ売るのではなく、という話)


というつぶやきの最後のところに、非常に違和感を感じて。

配送料は費用なので、直接費として紐付けしない場合は、間接費として取引や商品に配賦します。
商品の値付けは費用を上回るようにおこなうのが原則で「企業が配送料を負担する」というような「ジャパネットたかた」的なことは、管理会計的には有り得ません。
(結果的に、転嫁しきれない場合に赤字になる、ということはあります。特に、一部の商品やある一定期間、あえて、そういう状態にすることもある。戦略的価格、という奴です。)

つまり、配送料を、すべて無料にする、というのは、すべての商品につき、金額ベースで一律の割合で配送料を転嫁している(上乗せする)のと同義かと。
これは、消費税における税込価格のイメージですね。たくさん買っている方には多く、そうでないひとには少しだけ、価格に比例して、配送料が転嫁されている訳です。

例えば、「1,000円未満の場合は有料で、それ以上なら有料(実費)」という場合には、一律賦課の関係を歪めて、少額の購入者に多く負担させることになります。

Google Choromeの起動時のページ変更

Google Choromeの起動時ページ変更の備忘録。
(iGoogleが勝手に外されたので直そうとしたのですが、日本語HELPの情報が古く、よく判らないので。)

「レンチ」マークから「設定」→「起動時」セクションの「特定の1つのページまたは複数のページを開く」ラジオボタン→「ページを設定」でアドレスを入力。

古いホームにカーソルを合わせ、出てきた「×」をクリックして削除。

廃止予定のiGoogleがGoogle.comへ

2013.11に廃止されるiGoogleが邪険にされていて、大変、迷惑です。

管理人は、iGoogleをホームページに設定しているのですが、一昨日頃、強制移住的な処理がおこなわれた模様。ホームが勝手に、Googleの検索画面なってしまうのです。

なお、右下の「Google.com」をクリックしたところ、無事、iGoogleへ着弾。iGoogleが「Google.co.jp」から切り離され、「Google.com」に集約されたのかと。(←推定)

ハンバーグの焼くプロセス:シェア

(休日モード)

元ミート担当として、思わず反応してしまいました。

■lifehacker「新常識?! 「つぶしハンバーグ」をカリッとおいしく焼く3つのポイント」
http://www.lifehacker.jp/2012/09/120922smashburgers.html


これ、某マクドナルドでは「シェア」と呼び、基本的な製造プロセスです。

正確には、「つぶす」のではなく、焦げ目を付けて肉汁を閉じ込めるため、ミートを鉄板に置いてから20秒後に「ジュ~…」と、3~4秒ほど専用のヘラで押しつける作業。肉汁が出てしまうまで、つぶしてはダメです。

ちなみに、その後、55秒後にターン(肉を裏返す)し、塩コショウした後、105秒後に鉄板からバンズに移す、だったかな…

なお、これは数十年前のレシピ。現在は、少し変わっているんでしょうね(遠い目)



()


商品詳細を見る

リースの会計処理(2012.7暫定決定)(3)

貸手のリース会計処理も、借手と同様に定額リースと前倒しリースの区分に応じて設定され、以下の通りです。

定額リースには、現行のオペレーティング・リースと同様の会計処理を適用。

前倒しリースには、債権残存資産アプローチ(receivable and residual approach)を適用。

リースの会計処理(2012.7暫定決定)(2)借手のリース会計処理

借手のリース会計処理は、定額リースと前倒しリースの区分に応じて、以下の通りです。

定額リースには、定額アプローチ(single lease expense Approach)を適用。(現行オペレーティング・リースの定額法と同じ)

前倒しリースには、従前の公開草案で提案された(使用権資産の償却+利息費用の認識)方法を適用。(現行ファイナンス・リースの会計処理と同じ)

リースの会計処理(2012.7暫定決定)(1)

7月までのIASBの暫定決定による、リースの会計処理の概要です。

リースには、短期リースを除き、使用権資産(right-of-use asset)モデルを適用します。

リースを、定額リース(Straight-line leases)と「前倒しリース(Accelerated leases)」の2種類に区分し、借手・貸手とも、各2つの認識パターンを使用します。リースを区分する観点は借手と貸手で同様で、以下の通り。
-リース期間が原資産の経済的耐用年数に占める割合
-固定リース料の現在価値が原資産の公正価値に対する重要性

具体的には、不動産リースかどうか、を出発点に、以下のように区分します。

1.不動産のリースは、以下の要件に合致する場合を除き、定額リースに区分する。
-リース期間が原資産の経済的耐用年数の大部分である。
-固定リース料の現在価値が、原資産の公正価値とほぼ等しい。

2.不動産以外の資産のリースは、以下の要件に合致する場合を除き、前倒しリースに区分する。
-リース期間が原資産の経済的耐用年数のわずかな部分(insignificant portion)である。
-固定リース料の現在価値が原資産の公正価値と比較して重要ではない。

仕事の方程式

方程式の備忘録シリーズ。

人事・労務系に「仕事の方程式」というのがあったな、と。
むかしは、こういう分野の仕事や研修講師などをけっこうやってたのですが、近頃はさっぱりなので、浦島太郎。

古い記憶ですが、確か

成果=能力×意欲


だったかと。

職能資格制度(←死語)の、エッセンスがこれだったはず。

Webで調べると、上の算式に、更に「考え方」だとか「プラス思考」を乗じてる新バージョンも、いろいろあるようで。ただ、これらは、能力の一部のようにも感じます。

能力は、知識・ノウハウとスキルに分けられるので

成果=((知識・ノウハウ+スキル)×意欲)


・知識・ノウハウ→知っている
・スキル→できる
あたりで、如何でしょうか。

やる気の方程式

方程式の備忘録シリーズです。

RSSで購読させて頂いているM.Horiさんの「Lifehacking.jp」より。

■どこかになくした「やる気」を探し出すチャート(2012.9.14)
http://lifehacking.jp/2012/09/procrastination-chart/


チャートが紹介され、その前提となっているのが以下の方程式。元ネタがあるので、孫引きになりますね。

やる気=(成功の確率×価値)/(緊急性×先延ばしの負荷)

(上の記事では、キチンと分数の形式になってます)

経団連「「デュー・プロセス・ハンドブック」に対するコメント」

日本経済団体連合会(経団連)企業会計委員会が、IFRS財団の公開草案「デュー・プロセス・ハンドブック」に対するコメントを公表しています。

■IFRS財団 公開草案
「デュー・プロセス・ハンドブック」に対するコメント(2012.9.5)
http://www.keidanren.or.jp/policy/2012/064.html


内容には必ずしも同意できませんが、このようにコミュニケーションする姿勢は、大切なことですね。

会計士協会「スマホ向けゲームアプリの配信開始」

日本公認会計士協会が、AndroidとiOS向けに、ゲームアプリの配信を開始。

■ゲームアプリの配信開始(2012.9.13)
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/jicpa_pr/news/post_1676.html


中学生・高校生・大学生をターゲットとし、公認会計士や監査に興味をもってもらうことにより、受験者層の裾野拡大を目指す効果、社会への知名度及び浸透効果を目的
(上記サイトより引用)

としているそう。

個人的な印象は「殿、ご乱心」という感じでございますが、果たして効果があるんでしょうか。

ネタありがとうございます(笑)

伊東屋とタリーズのコラボ店

昨日の「ビックロ」に続き、少し気になる複合業態(複合店舗)のご紹介。

文房具の「伊東屋」とカフェ・チェーンの「タリーズ」のコラボです。

[伊東屋のサイト]
■タリーズコーヒー ウィズ イトーヤ 京急横浜駅店
http://www.ito-ya.co.jp/store/store22.html

[タリーズのプレスリリース]
■「タリーズコーヒー ウィズ イトーヤ 京急横浜駅店」オープン(2012.7.26、PDF)
http://www.tullys.co.jp/u/pdfs/120726.pdf


こちらは、すでに開業済みで、場所は、京浜急行横浜駅下りホーム。正式名称は、「タリーズコーヒー ウィズ イトーヤ 京急横浜駅店」。
「ステイショナリーとカフェ」の融合?で、オリジナル・グッズも販売とのこと。

なかなか素敵なロケーションです(笑)
京急線利用者限定で、商売として成り立つのか、すごく心配。

ビックカメラ+ユニクロ=ビックロ

ビックカメラとユニクロのコラボ業態「ビックロ」が、2012.9.27、新宿東口にオープンとの報。

■ビックロ 新宿東口店
http://www.uniqlo.com/bicqlo/


今年7月にオープンしたビックカメラ新宿東口店を改装し、開業とのこと。
中味は別として、「ビックカメラ+ユニクロ=ビックロ」というのは、語呂があまり良くないような気が(笑)

大和総研コラム「IFRSは製造業に向かないのか」

大和総研ホールディングスのサイトにアップされた、IFRSに関するコラムのご紹介。

■IFRSは製造業に向かないのか(2012.9.10)
http://www.dir.co.jp/publicity/column/120910.html


筆者は、金融調査部の鳥毛拓馬さん。「IFRSの採用により欧州の製造業の業績が悪化したという話は、聞いたことがない。」とあり、まったくその通りでしょう。

「IFRSは製造業に向かない」とか訳の判らないことを言ってる方は、単にIFRSに反対し、自分の既得権を守るため、そういう理由付けを勝手に展開しているに過ぎない。
また、別に、製造業のことを、真剣に考えている訳でもないのです。

磯山友幸「IFRS導入で高まる 日本企業の国際競争力」

サイト「WEDGE Infinity」に掲載された、磯山友幸さんの記事です。WEDGE2012年9月号からの転載記事のようです。
(以前にご紹介した、磯山友幸さんのIFRS関係記事は、こちらこちらこちら

■IFRS導入で高まる 日本企業の国際競争力(2012.9.10)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2180

個人的には、IFRS導入で「高まる」かどうか、は個々の企業次第だと思いますし、会計が経営に与える影響も、出来れば少ない方がよいとも考えますが。

少なくとも、IFRS導入で多くの日本企業の国際競争力が下がる、ということはないでしょう。

個別企業で、IFRS導入後に経営が傾く例が生じる場合には、それはIFRS導入ゆえではなく、単にその企業がダメだった又は運が悪かっただけのこと。

レビュー・ドラフト「ヘッジ会計」公表(日本語訳)

レビュー・ドラフト「ヘッジ会計」公表については、先週、記事をアップしましたが、日本公認会計士協会のサイトに、このIASBのコメントの日本語訳が掲載されています。

■一般ヘッジ会計に関して近々公表されるIFRSのドラフト(2012.9.10)
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/ifrs/information/iasb/ifrs_34.html


ここで、このレビュー・ドラフトの位置付けが解説されています。

レビュー・ドラフトとは、スタッフにより作成され、最終基準化の叩き台となるドキュメント。コメント募集はおこなわない。

最終基準の元になる文書そのものであること、コメント募集をおこなわないこと、が公開草案(Exposure Draft)とは、異なるようですね。また、IASBの手続上、必須の文書ではないと理解しています。

磯山友幸のブログ「トモ・スズキ氏の肩書き」

先週後半から、また、「トモ・スズキ」で検索いただくケースが増えているなぁ、なんでかな、と思っていました。

磯山友幸さんのブログ「磯山友幸のブログ」に、以下の記事が。FACTA8月号に掲載された記事の、転載のようです。

■金融庁が「詐称」を容認した学者(2012.9.3)
http://d.hatena.ne.jp/isoyant/20120903/1346598255


真偽は判りませんが、「オックスフォード・レポート」などという虚仮脅しの好きな方のようなので。当局の現場の方も、いろいろと大変ですね、という感想。

ネタ、ありがとうございます(笑)

ショールーミング

ショールーミング(Showrooming)とは、小売店舗で実物を確認したうえで、より割安なオンライン・ショップで購入する顧客の購買行動のこと。具体的には、ヨドバシで実機を見て、Amazonで購入するなど。

「Showroom」+「ing」の造語。販売側からの視点で、店舗がショールーム化してる、ということでしょうか。
消費者がクリック&モルタル(←死語)の、良いとこ取りをしているという訳です。オンライン・ショップが、フリーライドしているとも、言えます。

ちなみに、管理人が書籍を購入する場合には、通常、Webで調べAmazonで「お気に入り」として管理して、書店で実物を見てから購入します。これって、逆ショールーミング?

レビュー・ドラフト「金融商品:ヘッジ会計」

IASBのサイトで、「金融商品:ヘッジ会計」のレビュー・ドラフト公表が、アナウンスされています。

■Draft of forthcoming IFRS on general hedge accounting(2012.9.7)
http://www.ifrs.org/Alerts/ProjectUpdate/Pages/Draft_general_hedge.aspx

これは、現行のIAS39号におけるヘッジ会計の改定部分で、将来はIFRS9号に統合されます。

以前、2010年10月に公開草案(Exposure draft)が出ていますが、今回は手続上の位置付けが異なるレビュー・ドラフトのようですね。年末(2012 4Q)までに、基準化が予定されています。
なお、マクロヘッジ(Accounting for macro hedging)は、更に別枠、別スケジュールで検討されています。

久しぶりにIFRS関係の記事を書いた気が。何か、新鮮です(笑)

白川日銀総裁「成長力の強化に向けて:日本経済の課題」講演録

日本銀行のサイトで、白川総裁が、読売国際経済懇話会でおこなった講演の全文が、PDFで公表されています。

■「成長力の強化に向けて:日本経済の課題」(2012.9.6)
読売国際経済懇話会における講演 日本銀行総裁白川方明
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2012/ko120906a.htm/




現代の金融政策―理論と実際現代の金融政策―理論と実際
(2008/03)
白川 方明

商品詳細を見る

サイト紹介「文字化け解決支援」

ライフハッカーさんで、文字化け対策に役立ちそうな良サイトを取り上げておられたので、孫引きにてご紹介。というか備忘録。

■文字化け解決支援
http://ltside.com/enc/


過去に書いた、Googleドキュメントに関する文字化けの記事は、こちら

ピアーズ・スティール「先延ばしの方程式」

ikadokuさんの記事で、ピアーズ・スティール氏の著作にあるという、先延ばしの方程式というのが気になったので、取りあえずメモを。

ikadokuさんの「生かす読書」より

■ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか(2012.9.4)
http://ikadoku.blog76.fc2.com/blog-entry-1577.html


ちょうど、こういう概念的な算式を集めてみたい、と思っていたところ。

ピアーズ・スティールの先延ばしの方程式
モチベーション =(期待×価値)/(衝動性×遅れ)




ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのかヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか
(2012/06/28)
ピアーズ・スティール

商品詳細を見る

インフォグラフィック

インフォグラフィック(Infographics)とは、グラフィック手法で情報を表現すること。InformationとGraphicsからの造語。無理に日本語にすると「情報のデザイン的表現」でしょうか。

特に、絵(デザイン)で描かれたグラフが典型的なものです。

ビジュアルシンキング(Jun Sakuradaさん)

■インフォグラフィックに学ぶ、棒グラフ表現 #1
http://www.visualthinking.jp/archives/9438


リンクの元記事では、「注意しなければならないのは、意味のない演出を加えないこと」とコメントされています。

管理人には、この類の手法自体が意味の無い演出に思え、否定的です。アート(Art)として評価するならば別ですが。その場合には「インフォ」は不要ですね。

情報に、何の付加価値も付いておらず、というか無駄な装飾で、むしろ価値は毀損している。情報が判りにくくなって、誰得?単に、デザイン屋さんだけが濡れ手に粟で儲けているのではと、邪推してしまいます。
または、情報を判りにくくして、誤解させるのが、目的なのでしょうか?

まあ、こういうのを好む方も存在するので、ニーズはあるんでしょうが。

通常サイクル復帰に尽力中

(休日モード)

書き散らしていたメモを、整理して、アップし、足りない分は、新たにいろいろと書いて…。なんとか、辻褄を合せたところ。

いくつか、せっかく思いついたテーマやネタを失念していますが、記憶の混沌から拾い出せない状態。(←自業自得)

また、あらためて感じたのは、強制されることで、自分のアウトプットがやっと続いているのだ、ということでした。(←個人の感想です。強制されないと続かない)

ブックカフェ(都内)

「セレブスタイル」(笑)というサイトの、以下の記事を拝見して。

■本を読むのにオススメ♪都内でゆっくりくつろげるBOOKカフェ*21選(2012.8.31)
http://celeb-style.jp/blog/756/


都内の、ブックカフェが、21ヶ所リストアップされています。

ただ、ブックカフェ(BOOKカフェ)という業態が、管理人には、正直、上手くイメージできず。「?」が頭上に5~6個、発生中。

カフェと書店が併設されていて、飲食物を注文すれば、売り物の本を(買わなくても)そこで読める、という理解でよろしいんでしょうか。
それとも、本は別に売り物じゃなくても良いのか?だとすると、漫画喫茶(とか、普通の喫茶店で蔵書多数の場合)等と何が違うのか?同じなの?
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード