FC2ブログ

2010年の雑感など

今年一年、当ブログ「No Consulting,No Life. コンサルタントの経営工房」をご覧頂き、ありがとうございました。年末にあたり、久しぶりに雑感などを少々。

まず、毎日何かしらのエントリを上げる、という目標は、とりあえず、完遂しました。パチパチ…
「ものごとを継続する」ということに非常に難のある管理人ですが、このような半強制の仕組みがあれば、多少は更生も可能だということが、実証されています。

アクセス数は、毎日平均100件程度で、Maxでも300件弱と、低位安定でした。
FC2のアクセス解析がボロで、なぜか8~12月のデータしか見れませんが、5ヶ月で15,498件なので、1日当たり平均値は、約101件と感覚通り。
FC2ブログのサブジャンル「マーケティング・経営」では、ランク20位台が指定席。これは、閲覧数等の変動に関わらず、ほとんど動きません。不思議。

今年は、ほぼ、IFRSネタ(277件)で埋めてしまい、内容が非常に単調になってしまいました。
個人的には、備忘録&リンク集が出来て、それなりに面白くて、役立ってもいるのですが、いろいろと疑問も。例えば、会計専門家でもないのに?、とか、コンサルタントとして他にやることないの?、など。そして、何より、そろそろ、飽きてきました(笑)
ネタの方向性をどうするか、が来年の課題です。

では、よいお年を。
スポンサーサイト



PRESIDENT誌「IFRS適用に輸出企業が戦々恐々なわけ」

REUTERS PRESIDENT(プレジデントロイター)のサイトで、以下のIFRS関連記事が公開されています。

■儲かる会計思考入門:IFRS適用に輸出企業が戦々恐々なわけ 収益認識基準(2010.12.24)
http://president.jp.reuters.com/article/2010/12/24/31DD69F6-083D-11E0-8873-87273F99CD51.php


元ネタは、2010.11.29付「PRESIDENT」誌の「儲かる会計思考入門」シリーズの記事です。

収益認識といっても、公開草案「顧客との契約から生じる収益」には触れていません。現行の収益認識に関する、以下の基本的な論点が取り上げられています。
1.収益認識基準
2.ポイント・マイレージ

見出しの「輸出企業~」は、遠隔地や輸出企業における収益認識のタイミングの問題という観点から付けられたようです。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。