FC2ブログ

持分金融商品(315/365)

持分金融商品(Equity Instrument)とは、資本に相当するもので、IFRS(IAS39号)では原則として公正価値で測定します。
但し、活発な市場における価格形成がなく、公正価値を信頼性をもって測定できない場合には、取得原価で測定しなければならない、という特例があります。

1.持分金融商品(原則)→公正価値
2.持分金融商品(特例:信頼性ある公正価値で測定できない場合)→取得原価

なお、IAS39号の公開草案ではこの規定は削除され、廃止される見込みです。つまり、持分金融商品は、すべて公正価値で測定されることになります。(但し、何をもって公正価値とするかについては別途検討され、ガイダンスが出る模様)
スポンサーサイト



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。