FC2ブログ

経営指標:生産性(2)付加価値(169/365)

先述したように、生産性は本来、量ベースであるものを、財務ベース(金額ベース)で測るところに、まず相当に無理があります。また、投入量と産出量を、それぞれ何で測定するか、が問題になります。
そこで経営分析では「付加価値」なるものを導入して投入量と産出量の差異を代替し、解決を図っています。

付加価値の定義には、中小企業庁方式、日銀方式などがあり、以下のようになっています。 

名称概要
中小企業庁方式売上高をベースに、外部から購入した価値を控除して、付加価値を算出する方式。
日銀方式利益をベースに、内部的な費用を加算して、付加価値を算出する方式。

付加価値1(中小企業庁方式)=生産高-外部購入価値 …(1)

付加価値2(日銀方式)=利益+人件費+減価償却費+金融費用+租税公課 …(2)

他に、経済産業省方式、財務省方式も、あるらしいですが省略。

付加価値率とは、付加価値が売上高にしめる割合のことです。

付加価値率(%)=付加価値/売上高×100 …(3)

スポンサーサイト
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。