スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gmailのセキュリティ機能アップ

Gmailのセキュリティ機能アップが、日本語版にも反映されたようです。

ひとつは、Gmailへのアクセスを確認できる機能。フッター部分に「このアカウントは他Xか所のロケーション (IP: XX.XXX.XXX.XXX) で開いています。~」と表示されます。「詳細」をクリックすると、ポップアップで「このアカウントのアクティビティ」が開き、タイプ、IPアドレス、日時などが確認できます。
「他のセッションをすべてログアウト」で、強制的に切ることも可能。例えば、出先や他人のPCなどで、Gmailを確認したあと、ログアウトを忘れた場合などに、自分のPCなどからログアウトできます。

もうひとつは、SSLにより暗号化するhttpsを使用する機能。ヘッダーの、「設定」から「全般」タブの最下部へ入り、「ブラウザ接続」の「常にhttsを使用する」のラジオボタンをオンにします。
スポンサーサイト

Googleブックマーク+ノートブック

GoogleブックマークとGoogleノートブックが、統合され(つつ)あるようです。

例えば、Googleツールバーの「ブックマーク」から「すべて管理」へ入ると、ブックマークが表示されますが、これがGoogleノートブックとほぼ同じ仕様に(Googleドキュメント風の奴です)。
また、左サイドバー上部には、ノートブックへのリンクが表示されています。ちなみに、ここから入ると「全画面表示」になり、ツールバーの隣のリンクアイコンから入ると「ミニノートブック」が開く。

ただ、ラベルに関しては従来通りで、ノートブック側から見た場合のみ、統合されています。そのため、ノートブック側からは、ブックマーク側で登録したアイテムも見られますが、逆は、ダメ。
また、まだ改善途上のようで、管理人の環境では、かなりの確率で「Googleブックマークの読み込みで問題が発生しました。一部の機能が使えない可能性があります。」と表示されます(笑)

Vista+IE7で単語登録が使える!

これまでOS:Windows Vista+ブラウザ:IE7の組合せでは、「保護モード」機能とやらのおかげで、IMEの単語登録機能が使えなかった(登録した単語を辞書から呼び出せず、単語登録することもできない)のですが、いつの間にか使えるようになっていました。

そういえば、先週、IE7の更新があり、その後、何となくIMEが変な感じ(学習機能が働いていない?)だったのを思い出しました。あの時からか?

いや~、これは嬉しい機能向上です。メールアドレスとか、いちいち入力又は変なところからコピーしなくて良いし。まあ、Windows XPでは当然の機能だったんですけどね(笑)

Googleツールバー5(BETA)

IE向け「Googleツールバー5」のベータ版が利用できるようです。
近頃、検索語を入力すると、すぐブラウザが落ちる、のに悩まされていたこともあり、(改善されるか判りませんが)、さっそく、ダウンロードして使ってみました。

「Googleサービス一覧」から「ツールバー」へ入り「New! Googleツールバー5(BETA)を試してみる」をクリック。
「Googleツールバー5(BATA)のインストール」で「ツールバーの設定」をチェックボックスで選択し、利用規約とプライバシーポリシーに「同意してダウンロード」。
OS等の警告が数回出ますので、「実行」、「確認」。再起動で完了です。


以前のバージョンとの主な違いは、検索窓内の下向き矢印(「g」の右隣り)で検索タイプを変更できること、Googleノートブック(のアイコン)が一体化したこと、ツールバー設定を複数のPCで共用できる(選択)こと、などですかね。特に、検索タイプの変更機能は、便利そうです。

なぜビジネス書は間違うのか

『なぜビジネス書は間違うのか』 フィル・ローゼツワイグ 日経BP者 2008.5.19刊

著者は、スイスによるIMD(国際経営開発研究所)の教授。シスコ、ABBといった企業の実例や、書籍「エクセレント・カンパニー」、「ビジョナリー・カンパニー」、「ビジネスを成功に導く「4+2」の公式」、「ビジョナリー・カンパニー2」を挙げて、ビジネス書の「妄想」を暴いています。副題は「ハロー効果という妄想」。

[目次]
1.わかるのはほんの少し
2.シスコ・ストーリー
3.ABBの栄光と転落
4.ハロー効果のまばゆい光
5.企業調査は答えを教えてくれるのか?
6.星を探し、ハローを見つける
7.積み重ねられる妄想
8.ストーリー、科学、多重人格的超大作
9.たたびビジネスの最大の疑問
10.エセ科学に惑わされないマネジメント

本書では、9つの妄想について、論じています。(p2)

妄想1.ハロー効果
妄想2.相関関係と因果関係の混同
妄想3.理由は一つ
妄想4.成功例だけをとり上げる
妄想5.徹底的な調査
妄想6.永続する成功
妄想7.絶対的な業績
妄想8.解釈の間違い
妄想9.組織の物理法則

いくつか、コメントをしておくと、妄想1の「ハロー効果」は、本邦では人事評価の分野の概念として知られています。例えば「業績優秀」な社員の場合、「能力」があり、「モラル」も高い、と評価してしまうもの。ちなみに「ハロー」は、高位の仏像などで見られる「後光(ごこう)」のこと。後光が差す、という奴ですね。ABBに対するマスコミなどの毀誉褒貶は、この代表的なものとして有名です。

妄想2「相関関係と因果関係の混同」は、原因(例:要因A)→結果(例:パフォーマンス)という因果関係が必要なのに、要因AがXXのとき、パフォーマンスもXXという単なる相関関係が当てはめられているということです。
妄想1と妄想2が組み合させれると、そもそも、何で、何を説明しているのかすら、よく判らなくなります。

妄想3「理由は一つ」で連想するのは、ソリューションの導入時に顧客サイドからよく言われる「投資効果を示せ!」という妄言。本書の結論でもありますが、特に企業全体の業績につながるような要因は一般的にはほとんど示せないし、その運用やヒトの関与、他のシステムの効果・影響やリスクなども考え合わせる必要があり、そんなこと示せるか!というのが本音です。また、投資しなかったときの(非)投資効果は考えてるのか?とか。学校秀才的なヒトの多い大企業などでよくある話ですが、一問一答で答えが出せるような単純なことならば、そもそも経営者やコンサルタントはいらないんですよ。

妄想4「成功列だけをとり上げる」は、マジックのネタとしてよくある奴で、複数の答を用意しておき、選ばれたものだけを取り上げ「それを選ぶと思っていました」というものです。本当は、外れの方が多かったりするのですが。経済評論家やエコノミストと称する輩の、予測にもこういうのが多いです。

妄想5「徹底的な調査」は、いくら大規模で徹底的に調査しようと、元ネタが新聞、雑誌などのようにハロー効果が含まれているものであれば、何の意味もない、ということです。「Garbage in, garbage out.(ゴミを入れれば、ゴミが出てくる)」ってことですかね。
ちなみに、新聞、雑誌などのマスコミの情報は、ハロー効果以前に、事実のレベルでも間違いが非常に多いです。例えば、管理人の担当しているやや特殊な分野の記事が、新聞などに載ることが、マレにありますが、解釈や意見を除いた事実の部分のうち、少なくとも1~3割、多い場合は大半が誤記である場合があります(この場合は解釈や意見も、ほとんど的外れになる)。重要なキーワード自体が、そもそも間違っているケースもありました。それぞれ、自分の得意分野の記事をじっくり確認頂くと、判ると思います。真実や科学が必要な場合、マスコミ記事は、基本的に疑ってかかるものだと思います。

管理人の場合、「エクセレント・カンパニー」は、社会人になる前後に読み、感動した覚えがある。つまり、騙されていました(笑)本書にもある通り、このような本は「ストーリー」として楽しみ、元気をもらうには有効です。ただそれは、エセ科学であり、宗教や信仰にすぎず、科学としては役立たずです。「株で儲ける方法」とか「FXで大金持ちになる」などの本を本気で信じる人はいないでしょうが、それらと同類ということ。
「ビジョナリー・カンパニー」の頃は、すでに騙される方から騙す方の世界に足を踏み入れていましたので、いかにも怪しい本としてスルー。「2」も同様。マッキンゼーのコンサルタント、スタンフォード・ビジネススクール、ハーバード・ビジネススクールの教授、なんて言っても、こんなものなんです。未だに「進んだ欧米の」とか言ってる、某参議院議員や某省庁、判ってるのか?

それにしても、「妄想」のほとんどは、コンサルタントにそのまま当てはまりそうです(汗)つまり、「なぜコンサルタントは間違うのか」。思い出すのは、昔の同僚。どんな業種、どんな課題を抱えたクライアントでも、「ヒトの問題です。従業員研修をやりましょう。」という報告書を作る。彼は「研修くん」と呼ばれてました。
そこまで酷くはなくとも、因果関係を逆転させたり、曖昧な相関関係を元に針小棒大的に結論を、でっち上げたりするのは、広く行われているところ。また、成功例だけをとり上げる手法を使えば、ほぼ、どんなバックデータも準備可能です。どのコンサルタント(誰)を、使うかが重要になる所以。

以前にご紹介したナシーム・タレブの「まぐれ」と同じくらい、お薦めです。スタンスも似てるかも。文章は「まぐれ」ほど偽悪的ではなく、読みやすいです。ただ、今後、よむべき戦略本が少なくなってしまうかも。

[如何なものか(ダメ出し、いちゃもん、横槍など)]
amazonのランキングで656位(本エントリ執筆時点)と、さほど売れていないのは、ひとつは書名に問題があるのだと思います。ビジネス書マニア(管理人など)は自己否定されたように感じるだろうし、単なる難癖本のようにも見えてしまう。

[私的INDEX]
カーゴカルト・サイエンス(積み荷信仰の科学)、バンドワゴン効果、バッキーボール組織、緩急よろしきを得る、BHAG、因果曖昧性

お薦め印:★★★★★(間違う、というよりは騙してる?)

なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想
(2008/05/15)
フィル・ローゼンツワイグ

商品詳細を見る

Googleノートブック(4)Googleブックマークとの連携

左サイドバーの「未保管のブックマーク」というのが、Googleブックマークの内容そのものです。

ラベルは、両方共通(左サイドバーの下部に表示)。そのため、Googleノートブックの「移動」機能により「未保管のブックマーク」から「ノートブック」にブックマーク(メモ)を移すことができます。逆(ノートブック→未保管のブックマーク)も可能。ちなみに、Googleブックマークでは、このような「移動」はできません。

ちょっとややこしいのが、Googleブックマークの「メモ」をGoogleノートブックでは「コメント」と呼ぶこと。Googleノートブックでは保管したページ自体を「メモ」と呼んでいるためと思われます。このコメント(メモ)も基本的には共通で、どちらからでも入力可能ですが、ノートブックから未保管のブックマークへ「移動」すると、ブックマークの「メモ」欄の文頭に、なぜか、半角スペースが挿入されます。ちょっとウザい。

Googleノートブック(3)全画面表示

全画面表示にすると、メモ(保管したページ)の整理などがやりやすいです。セクションの追加やメモのドラッグよる移動など。
また「並べ替えとフィルタ」が使え、「ツール」からは、「印刷」のほか「Googleドキュメントにエクスポート」、「HTML形式でエクスポート」も可。左サイドバーには「ごみ箱」も表示されます。
「コメント」にはフォントの選択、文字装飾などGoogleドキュメントに近い機能が使えます。(ノートブック、セクション、ラベルには使えない)

共有オプションでは、招待したコラボレータとノートブックを共有できます。共有しない場合は「いいえ」になっていることを確認。

Googleノートブック(2)ミニノートブック

管理人の場合、ブラウザの上下にそれぞれ、常時、ノートブックのアイコンが表示されています。このノートブックのアイコンをクリックすると、画面右下に「ミニノートブック」が開く。メイン(右側)と左サイドバーの2分割で構成されています。

左サイドバーで「新規ノートブックを作成」し、アクティブなページを対象にメインの左上部にある「☆切り抜き」をクリックすると、そのページが保管されます。簡単。保管した各ページのことを「メモ」と呼んでいるようです。ハイライトしてから「☆切り抜き」すると、部分的な保管も可能らしい。

左サイドバーでは、複数のノートブックやセクション(ノートブックの下位区分)から保管する先を選択可。メインでは、コメントとラベルを付与できます。なお「全画面で表示」をクリックすると、本来のGoogleノートブックのホームへ飛びます。

Googleノートブック(1)ミニノート機能セットアップ

私ごとですが、仕事のデスク廻りや自宅だけでなく、web上の情報も各ツールに散在し始め、手に負えなくなりつつあります。
そこで、Googleノートブックを軸に新たな運用を考え、そのために必要なGoogleノートブックの機能をメモ。(初心者のたわ言です)

Googleノートブックですが、管理人は数カ月?前に導入はしたものの、いまひとつ使い勝手が悪い感じがして、放置していました。でも、久しぶりにちゃんと見てみると、なかなか良くなっている。しかも、Googleブックマークともリンクしているようです(知らなかったorz)。

まずは、ミニノートブック機能のセットアップ。無くても使用可能ですが、操作性がまったく違いますので、導入をお薦め。
iGoogleの上部ツールバーなどから、Googleノートブックのホームへ入り、helpへ。Windows XPとFirefoxが対象ですが、画面が異なるので選択。XPの場合、IE6.0以降がサポートされているそう。なお、「(現在、VISTAでは動作しません)」となっていますが、管理の場合には、VISTA-IE7で問題なく動作しています。
「ブラウザの拡張機能」→「同意してダウンロード」でOK。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。