ブログで見かけた昔の同僚

はてブ→Googleリーダー経由で、先週開業した、ある会社の方のブログを見ていたら、開業風景の画像がアップされており、そこに昔の同僚が写り込んでいました(というかセンターに居た)。

いわば、街場で偶然、見かけたような感覚で、おそらくご本人はweb上で見られていることを認識していないでしょうが、お元気そうでしたので、何よりです。やりがいのありそうなお仕事ですし。って、何のことか、まったく判らんですね。自分向けの備忘録です。失礼。
スポンサーサイト

SIBUYA109のビジネス

TBS系列の「がっちりマンデー」(首都圏では日曜7:30~)で、渋谷駅前のファッションビル「SIBUYA109」の特集をやっていました。気になった点を、以下にメモしておきます。

・店の評価指標は、ひと月の坪当たりの売上(月坪売上)。全店平均は125万円(都内の百貨店は同40万円なので、3倍以上)。

・月坪売上トップの「CECIL McBEE.(セシル マクビー)」は、顧客を見て時間帯によっても、商品の配置を変更。また、1ヶ月で、ほぼすべての商品が入れ替わる。

・年間に、約50店がリニューアル又は入替。店舗数は約100店なので50%に相当。


やっぱり、ビジネスの基本は「スピードと競争」なんだと、あたり前のことに、納得。

SIBUYA109のサイトは、以下です。
http://www.shibuya109.jp/
CECIL McBEE.
http://www.cecilmcbee.jp/

セミナーを終えて

先々週、とあるセミナー企画会社で、3時間ほど、お話をさせて頂く機会がありました。
プレゼンや講演などは、仕事柄、しょっちゅうやっているのですが、テーマ制の有料セミナーは、かなり、久しぶり。申込を頂くまで、参加者のプロフィールや目的などが判らない、という怖さがあります。いろいろと、迷走したのですが、その際の問題点や気付きなどを、以下にまとめておきます。

[問題点&気付き]

  • 「○○のための××」という企画にしたのですが、結果的に、「○○」の顧客は、ゼロでした。典型的なマーケティングの失敗。逆に、想定外の業種・業態から、参加がありました。つまり「××」というテーマ自体には、まだバリューがあるということ。ターゲットの絞り込みと、周辺・関連への拡張等は、「言うは易く、行うは難し」です。
  • 逐時、セミナー企画会社から連絡される、申込者の会社・部署等の情報をみて、当初企画の失敗を確信。セミナー及び資料の内容を、「○○」向けから、かなり変更しました(アジェンダは変えずに、中身を差し替え)。結果的に、これは、おそらく当たりでした。
  • なお、公的組織から参加の方は、当方が関連するテーマでセミナーを聴講した際の、講師の方でした。管理人の作成した資料には、彼の資料からの引用(出典は明記)すら有り。これって、インタラクティブ(双方向性)?(笑)
  • 資料作成及び講演時の時間配分などは、ほぼ想定通り。管理人の場合、基本的にパワーポイント等のスライド1頁あたり3分で計算します。3時間だと、約60頁ほど。ただ、いくら準備期間があっても、直前にならないと着手しない点は、いつもながら、大きな課題。
  • セミナー終了時にアンケートを取るのですが、好意的なコメントをして下さる方が多いことに驚く。自分が受講側の場合、よほど感動した場合以外は、これまで、あまりコメントを書かなかったのですが、講師側に回ると、何気ない一言が、相当、嬉しい…ことが判りました。

Googleリーダーを使ってみる(7)

Googleリーダーの「英語版」では、オフライン機能が使えるようです。フィードを一度、落としておけば、オフライン状態でも読めるという訳。出張の際の移動時など、うまくネットに繋がらない場合などに便利そう。但し、英語に、からっきし弱い管理人には「日本語版」に移植されるまで、縁がないと思っていました。

しかし、英語版といっても、設定の変更だけのようです。
ヘッダー部分タスクメニューの「設定」から入り、「各種設定」タブの「言語」のプルダウンメニューから「英語-English」を選択すると、タスクバーに「Offline」の表示が出てきます。ここから、ウィザード通り「Install Google Gears」へと進みます。

Googleリーダーを使ってみる(6)

以前にエントリを上げた、小山龍介さんの「STUDY HACKS!(スタディ ハック)」で、「ウォッチ」の手法として、はてなブックマーク(はてブ)の情報を「RSSで受け取り、情報収集の自動化を図ります」(p54)という記述があったのですが、これが、どうも直感的にイメージできない。

STUDY HACKS!STUDY HACKS!
(2008/02/28)
小山 龍介

商品詳細を見る


はてブの機能を理解していないからだと思いますが、取り残され感があって、非常に情けない。仕方ないので、実際にやってみたのが以下のメモ。

具体的には、はてブの「ブックマーク」のどれかを選択し、アドレスをGoogleリーダーの「登録フィードを追加」する(だけ)。
例えば、「私塾のすすめ」の著者「梅田望夫さん」のブックマークだと「http://b.hatena.ne.jp/umedamochio/」を登録。
タグの場合は、エントリーに付与されているタグを選択し、そのアドレスを同じように「登録フィードを追加」します。例えば、「google」タグの場合、「http://b.hatena.ne.jp/t/google」を追加します。

すると、ブログなどと同じように、その方のブックマークや、そのタグ付いたエンリトーが追加されるたびに、情報がGoogleリーダーにアップされます。やっとみると、超簡単(当然ですね)。自分から見にいかずとも「プッシュ型」で情報が入ってくる感じです。これを、小山さんは「ウォッチ」と表現されていたんですね。

ビジネス向けマインドマップ本2冊、ビジネスマッピング、仕事に役立つマインドマップ

ビジネス向けのマインドマップ本2冊が、ほぼ同時に発売されています。
「ビジネスマッピング」と「仕事に役立つマインドマップ」。「仕事に役立つ~」は、御大トニー・ブザンの本ですが、お薦めは、もう一冊の「ビジネスマッピング」の方です。

『ウォーレン・アーバクルのビジネスマッピング』 ウォーレン・アーバクル PHP研究所 2008.4.21刊

経営コンサルタントである著者が、マインドマップのビジネスへの適用である「ビジネスマッピング」について、論じています。

[目次]
1.ビジネスマッピングって何?
2.マップを描いてみよう
3.マップを使ってみよう
4.マップで問題解決しよう
5.企業の活用事例

カラーで、詳細なマップの事例が豊富に掲載されています。これが、「仕事に役立つ~」とまったく違うところ。
また、チーム作業のファシリテーション・ツールとしてマインドマップを使う(p53~)というのは、ちょっと、意表をつかれた感じ。でも、本書のマップや写真などを見ると、なかなか良さそうです。

[如何なものか(ダメ出し、いちゃもん、横槍など)]
議事録とか、週間予定表とか、マインドマップが適さないような用途も、多々、含まれています。そのあたりは、マインドマップ原理主義者以外の方は、スルーするのがが賢明。
ちなみに、管理人の場合、部下が議事録としてマインドマップをメールで送りつけてきたら、本人には何も言わずに人事評価をC(最低)ランクにすると思います。

[私的INDEX]
個人マップ、全体マップ、
お薦め印:★★★☆☆(ファシリテーション・ツールとしてのマインドマップ)

ウォーレン・アーバクルのビジネスマッピングウォーレン・アーバクルのビジネスマッピング
(2008/04/22)
ウォーレン・アーバクル

商品詳細を見る


『仕事に役立つマインドマップ』 トニー・ブザン ダイヤモンド社 2008.5.9刊

[目次]
1.無限の創造力を解き放つ
2.マインドマップで問題解決
3.プランニング、時間管理、記憶力アップ
4.進化の勢いに乗る
5.チームを成功に導く
6.いじめを克服する
7.プレゼンテーション力
8.ワーク・ライフ・バランスの実現

まあ、仕事にいろいろ使える、とうたってますが、マップの事例が乏しく説得力に欠ける。特に「ザ・マインドマップ」と上の「ビジネスマッピング」を読んだ方には、必要ないかと。

お薦め印:★☆☆☆☆(役立つか?)

仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
(2008/05/09)
トニー・ブザン

商品詳細を見る

LIVE HACKS!

『LIVE HACKS!』 大橋悦夫 ゴマブックス 2008.5.10刊

web上で「シゴタノ! 仕事を楽しくする研究日誌」を主宰する大橋悦夫さんの最新刊。テーマは「時間」です。

[目次]
1.最優先課題を知る-自分の「時間畑」を知る
2.時間の使い方を改める-自分の「時間畑」を耕す
3.望ましい行動を植え付ける-自分の「時間畑」にタネをまく
4.「備え」を厚くする-自分の「時間畑」に肥料を与える
5.成功を繰り返し再現する-自分の「時間畑」から収穫を得る

このところ、ビジネス本のエントリがすっかり滞っていましたが、久しぶりに書いています。
ありがちなテーマですが、ちゃんと「時間畑」というコンセプトに置き換えているのが、よいですね。時間管理で定番の重要×緊急マトリクス(アイゼンハワーのマトリクス)は、各領域を「憂い」「備え」「穀潰し」「憂さ晴らし」と命名。本書の中核となるツールとして用いています。
また、5~15分でおこなうワーク(WORK、エクササイズ)が途中に組み込まれ、すぐに実践できるような仕掛けもあり。
わが身を振り返り、時間畑にタネをまく、ことが出来ていないことを痛感。「気分という天候不順」の影響が大きいです。
なお、「利益の方程式」でボロが出つくした感のある勝間和代さんをマクラに使っているのは、如何かと。

[私的INDEX]
一人会議、現金払い/ローン払い、pack rat、時間畑の四則演算

お薦め印:★★★☆☆(今年の時間畑は豊作?)

LIVE HACKS! [ライブハックス!]LIVE HACKS! [ライブハックス!]
(2008/04/22)
大橋 悦夫

商品詳細を見る

外付けハードディスク導入、バックアップ作業

PC購入時から懸案だった外付けハードディスク(HDD)をついに導入。なんと、約1年もズルズル引き延ばしたことに…我ながら実に情けないorz

基本的にバックアップ用途で考えているので、必須のスペックは容量500GB、USB2.0接続のみ。後は安いものを探すと、ヨドバシカメラで、BuffaloのHD-ES500U2が14,600円でした。先週より、1割くらい値下がりしたような。ちなみに、web上でも同じ価格でした。
本当は、やるべき仕事などがあるのですが、すぐにいぢってみる。一種の逃避ですな。
さっそく、電源をコンセントに差し、電源ON。まず、USBケーブルのHDD側を接続、次にパソコン側を接続します。これだけ。家電並みですな。
ただ、Vista、XPのみで使用する場合は、NTFS形式でフォーマットし直すことを推奨する、とのことなので実行。
HDDにアクセスして、書庫を解凍し、DriveNavi.exeを起動。
「かんたんスタート」→「製品のセットアップ」→「NIFS形式でフォーマットします」、「TurboUBS機能を有効にします」→「Yes」。Vistaでは「続行しますか?」と聞かれるので「続行」でOK。

さて、HDD購入の目的であるバックアップ。
せっかく強力なバックアップ機能を持ったVista Businessなんですから、使ってみよう。1年ほど、放っておいたのですが。以下は、作業メモです。
まずは、Windows Complete PC バックアップ。
「バックアップと復元センター」から「コンピュータのバックアップ」→→Windowsの警告は「続行」→ラジオボタンで外付けドライブを「選択」し「次へ」。「○GB以上の領域が必要です」、ハイハイ、約500GBありますので。しばらくして終了。

次は、ファイルのバックアップ。
同じく「バックアップと復元センター」から「ファイルのバックアップ」→Windowsの警告は「続行」→外付けドライブを「選択」し「次へ」。バックアップするファイルの種類を、チェックボックスで選び「次へ」。定期バックアップのために、頻度、日、時刻をプルダウンで選択。「設定を保存しバックアップを開始」。初回は新しい完全バックアップを作成するため、だいぶ時間を要しました。30分くらい?

Googleマップ:保存した場所

Googleマップの検索窓の右隣り、「地図を検索」ボタンとの間に、プルダウンメニュー「▼」があります(これも新設?)。

マップ080510-1


こちらから「保存した場所」という過去のマップの検索履歴へ、簡単にアクセスできます。(以前からあった機能ですが)「保存した位置を編集」したり、「位置を自動的に保存する」か、どうかをチェックボックスで選択します。

Googleマップ:このエリアを散策

今日、Googleマップを使っていたら、の左サイドバーに「このエリアを散策」という新しいメニューがありました。

写真のサムネイルがデフォルトでいくつか表示されていますが、リンクを辿ると、更に多くの写真(Panoramio)と動画(YouTube)のサムネイルが、サイドバーに加え、マップ上にも表示されます。実用度は判りませんが、なかなか楽しそう。

大通080510


「その他の写真」→「写真をPanoramioへアップロード」で、写真のアップロードもできるようです(2GBまで)。

[参考]Google Japan Blog
Google Japan Blog: 写真や動画で、地図をもっと楽しく。エリアを散策してみませんか。

Googleリーダーを使ってみる(5)

Googleリーダーの共有設定について。
Googleリーダーには、フィードを「共有」できる機能があります。利用方法が良く判らないですが、ソーシャル・ブックマーク的な機能でしょうか?共有のための公開ページがあり、アドレスを知っている人は誰でもアクセスできます。そのため、知らずに「共有」設定してしまうなど、利用方法によっては、個人の情報が流出します。

まずは、左サイドバー(ナビゲーションパネル)の上部にある「共有アイテム」メニュー(または「設定」から「タグ」タブを選び、共有アイテムの「公開ページを見る」リンク)を辿り、共有設定した以外のアイテムが表示されていないことを確認します。万一、間違って公開(共有)していた場合、公開ページから削除するには、アイテムの「共有アイコン」をクリックします。共有でなくなる(非共有)と、アイコンの色が「オレンジ」から「無色」へ変わります。

Googleリーダーを使ってみる(4)

Googleリーダーでは「タグ」という機能があります。これは、なかなか使い勝手がよいです(こんなことを今頃、知ったとは…orz)。

タグは、アイテム(個々のエントリ)ごとに設定します。管理人の場合、ブログ記事から、特定のネタをピックアップしておくなどの使い方か?
タグの場合、アイテムを表示し、下部にある「タグを追加」(すでにタグを付けている場合やフォルダを設定している場合は「タグを編集」)をクリックし、タグを入力。複数の場合は、カンマで区切り「保存」。

タグ自体を削除するには、「登録フィードの管理」→「タグ」タブで、削除するタグを選択し「選択した項目を削除」。すべてのアイテムから、タグが削除されます。
個々のアイテムから、タグを削除するには、下部の「タグを編集」から削除します。

Googleリーダーを使ってみる(3)

Googleリーダーでは、分類にフォルダとタグが使えます。フォルダがフィード(ブログなど)に、タグがアイテム(個々のエントリ)に対応するイメージです。(ただ、実態はすべて「タグ」ベースの管理のようですが)

フォルダの場合、アイテムを表示して、タスクバー(上部)の「フィードの設定」プルダウンリストから「フォルダに追加」からフォルダを選択します。該当のフォルダない場合は「新しいフォルダ」で新設。
または、サイドバー左下の「登録フィードの管理」→「登録フィードタブ」→右端の「フォルダに追加」から、同様にフォルダを選択または新設します。フォルダを変更する場合は「フォルダを変更」から、同様の手順。
Googleリーダーでは、フォルダを設定すると、「タグ」のところにも、表示されます。

なお、管理人の場合、現在40件ほどフィードを登録してあるのですが、最後の5個ほどが「登録フィードの管理」画面では切れてしまい、表示されません。全画面表にすると問題ないのですが。何か設定をミスっているのか?

Googleリーダーを使ってみる(2)

Googleリーダーに、個別にフィードを追加するには、左サイドバー(ナビゲーションパネル)の「登録フィードを追加」をクリックし、現れた「入力欄」にURL(RSSではなくてURLでOK)をコピーするか、キーワードを入力して検索し「登録」します。

また、「登録フィードを追加」の右となり「一覧」→「おすすめ」タブから選択したり、「ブラウズ」タブから、パッケージでまとめて登録することもできます。「検索とブラウズ」で「キーワード」から検索も。

いずれも、あとで個々のフィードを(まとめて)削除することも簡単にできます。「登録フィードの管理」→「登録フィード」タブ→「選択」チェックボックスオン→「登録解除」。

Googleリーダーを使ってみる(1)

Googleリーダーを本格的に使ってみることにしました。なんか機能がありすぎて、良く判らないので、メモをしながらトボトボと。

管理人は、これまでIE7のRSSフィードを使用していたので、まずはこの内容をGoogleリーダーへ移行します。そのために、一度、標準フォーマットであるOPML形式のファイルに変換します。
まずIE7の「ファイル」のプルダウンメニューから「インポート/エクスポート ウィザードの開始」→「フィードのエクスポート」を選択し「次へ」→「ファイルにエクスポートする」ラジオボタンを選択し「次へ」、「完了」で終了。簡単。

デフォルトでは「ドキュメント」フォルダ内に「feeds.opml」というファイルができます。
Googleリーダーの「設定」メニューから「インポート/エクスポート」タブを選択し、「参照」により作成したOPMLファイルを選択し、「アップロード」します。
左サイドバー(ナビゲーションパネル)に登録フィードが表示されればインポート成功です。これで、IE7とGoogleリーダーのフィードの同期が取れました。

なお、標準フォーマットである「OPML形式」のファイルを介することで、他のフィード(リーダー)間でも、基本的にエクスポート/インポートが可能なようです。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード