FC2ブログ

未来学

『未来学』 根本昌彦 WAVE出版 2008.2.1刊

リサーチャー出身の著者が、未来学(未来の社会を長期トレンドで予測することで、長期的リスクを回避し、同時に今までになる新しい機会を発見し、その対処法をを考える学問)について、論じています。

[目次]
第1章 未来学とは何か
第2章 未来学の現状
第3章 2020年までの未来
第4章 歴史から学ぶ
第5章 未来学の方法論

書店で何度か手にとっては、棚に戻し、購入までにずいぶんかかりました。結局、「本は10冊同時に読め」を読んだ勢いで、購入(おかげで、また積読が増えた…)。

例えば、「少子高齢化」、「デフレ不況」、などの言葉を不用意に使うところが、頂けない。経済学的な論点に関しても、初歩的なところを外しているように感じます。また、金融に関しては、相当ピント外れです。(p99~100、p157~158、これについては、別途、エントリをあげたいと思います。)
ただ、中国の将来シナリオ(p147)、地球温暖化へのコメント(p86)の2つだけでも、この本を読む意味はあった。また、総研系の会社の出している「こうなる」予測本よりは、キチンと踏み込んだ結論を書いてます。シナリオ・プランニングについて触れているのも、よいですね(シナリオ・プランニングについては、別途、参考図書をご紹介する予定)。
平易なので、リサーチや、コンサルティング、企業環境の分析をする方などに、ぜひ一読をお薦めします。

[私的INDEX]
モジュール型/インテグラル型、オープンイノベーション、プロシューマー、デルファイ法、知識産業化、ブルーゴールド、バーチャルウォーター、NGN、地政学、海洋国家/大陸国家、予測パターン、シナリオ・プランニング、未来年表

お薦め印:★★★☆☆(未来と予測…とリスク)

未来学―リスクを回避し、未来を変えるための考え方未来学―リスクを回避し、未来を変えるための考え方
(2008/01/31)
根本昌彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。