勝ち馬に乗る!

『勝ち馬に乗る!』 アル・ライズ、ジャック・トラウト 阪急コミュニケーションズ 2007.2.1刊

マーケティング戦争』の著者たちが、「キャリア」について、競馬をモチーフに論じた本です。相変わらず、ライズ=トラウト節が炸裂。ひとことで言うと「身も蓋もない」本。自分探しや、自己啓発、目標の設定、成功法則、キャリア・アップなどが全てバカバカしくなる。
曰く、自分の能力に賭けるのは「穴馬狙い」で倍率50~100。つまり、ほとんど当たらない。それよりも・・・商品、アイデア、他人など他の力を使うことを考えろ。しかもそれらは、ひとつに絞ることもない、という話。

まあ、自分が、今の会社だけでなく、前の会社にいても出世しなかっただろう、ということが、改めて判りました。でも、親、家族の馬も特に無いし…
[私的INDEX]成功に導いてくれるのは自分以外の他人、本命:商品・アイデア・他人・パートナー・配偶者・家族

お薦め印:★★★★☆

勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること 勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること
アル ライズ/ジャック トラウト (2007/02/01)
阪急コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

なぜあの人は会社を辞めても食べていけるのか?

『なぜあの人は会社を辞めても食べていけるのか?』 藤井孝一 クロスメディア・パブリッシング 2007.4.30刊

週末起業の、藤井さんの近刊です。4か月ほど前の出版ですが、ある書店では平台に積まれていました。

独立・起業を前提に、それに必要なことを、稼ぎ力、人間力、お金力、時間力、継続力の5つの観点から、論じています。
具体的に自分に当てはめながら読むと、良いかも。管理人の場合は、非常に偏りがあり、お金力、時間力はそこそこですが、人間力はダメダメ。確かに、他人を使って起業するモチベーションはないなぁ、と納得。

特に「稼ぎ力」は、起業だけでなく、企業内のビジネスでも不可欠だと思います。
[私的INDEX]サラリーマン気質、儲けのツボ、創業計画書、起業用の口座

お薦め印:★★★☆☆(ビジネス力=稼ぎ力)

なぜあの人は会社を辞めても食べていけるのか? なぜあの人は会社を辞めても食べていけるのか?
藤井 孝一 (2007/04)
クロスメディア・パブリッシング

この商品の詳細を見る

動産担保の夜明け

『動産担保の夜明け』 久保田清 銀行研修社 2007.3.20刊
著者は、銀行から、ドンキホーテに転じた経歴の持ち主。当局の政策等とは別個に「動産担保」に着目し、ドンキの目利き能力を使って実現させた方のようです。
情熱や思い入れが、やや過多となっている部分も見うけられます。例えば「銀行は医者でなくてはならない」という論は、現在の銀行の実態からはちょっと乖離しているでしょう。ただ、本来は真っ当な主張であるともいえ、リレバンなどにも通じるものだとも思います。
平易な書きぶりで読みやすいので、動産担保に興味があり、これから学習しようとされている方に、お薦めです。
[私的INDEX]目利き人、動産譲渡登記制度、動産評価鑑定士、流通価格と買取価格、ABL協会

お薦め印:★★★☆☆(ABLはどのくらい普及するか?)

動産担保融資の夜明け―中小企業の運転資金確保に新しい時代の波 動産担保融資の夜明け―中小企業の運転資金確保に新しい時代の波
久保田 清 (2007/03)
銀行研修社

この商品の詳細を見る


[参考]
動産担保融資については、2007.6.28のエントリーで「ABL」としてコメントしました。
直近では日経のシリーズ記事「東京市場ここが弱点」(2007.8.11)でも、取り上げていました。(NIKKEI NETには記事はアップされていないようです。)

フラット革命

『フラット革命』 佐々木俊尚 講談社 2007.8.6刊
グーグル―Googleウェブ2.0は夢か現実か?など、刺激的な書籍を出している佐々木俊尚さんの新作。
ネットとマスメディアの関係性の説明に強く納得。それにしても、例示された毎日新聞の馬鹿げた対応は、実に情けない。怒りを通り越して、笑えるレベル。
ネットに限らず、「言論」や「メディア」に興味のある方々にお薦め。
[私的INDEX]<われわれ>の喪失、人間関係の相対性理論、闘技的民主主義

お薦め印:★★★★☆(言論に公共性?)

フラット革命 フラット革命
佐々木 俊尚 (2007/08/07)
講談社

この商品の詳細を見る

わざの伝承

『わざの伝承』 柴田亮介 日外アソシエーツ 2007.5刊

著者は、元電通の企画マン。書名からは、ちょっと判りにくいかもしれませんが、マーケティング、プランニングなど企画技術の伝承について論じています。
特に、「まなぶ、まねぶ-伝統芸能にみる知恵」と題した第2章が、参考になりました。能などの伝統芸能に、わざの伝承のための具体的な範を求めています。

企画領域に限らず、広く、部下の育成に悩む管理職(本当は経営幹部)の方々に、お薦め。
[私的INDEX]徒弟制度、型とわざ、風姿花伝

お薦め印:★★★★☆(型だけでなく、わざを伝承)

わざの伝承―ビジネス技術 (日外選書Fontana) わざの伝承―ビジネス技術 (日外選書Fontana)
柴田 亮介 (2007/05)
日外アソシエーツ

この商品の詳細を見る

チームハックス

『チームハックス』 大橋悦夫、佐々木正悟 日本実業出版社 2007.7.26刊

前のスピードハックスに続き、これも買ってしまいました。小飼弾さんのブログでも、ずいぶん薦めていたので期待し…。

「チームは難しいな」、というのが正直な読後感です。
本書に示されているHackをやってみるのは有効でしょうが、それが根本的な解決法なのか。見解は分かれるでしょう。
そもそも、目的と手法の間に乖離があるような、気もします。著者は、1+1>2となるようなチームを想定しているのだと思いますが、「時間」や「納期」を守れないような人に、そのようなことを求めることは、そもそも難しいのでは?
時間等を守るというのは、ビジネスにおける非常に重要な「スキル」だと思います。(というか、ビジネスとは「約束」すること、そのもの。)現実には、それを守れない人がたくさんいる訳ですが。

管理人は、もっと簡単で確実なHackを使います。それは「期待しない」こと。チームでやるのは、あくまで「作業」と位置付けて、ダメなら、他の人に換えるか、自分でやる、というものです。ちょっと、身も蓋もないですが。

お薦め印:★☆☆☆☆(チームは作業の場)

チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術 チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術
大橋悦夫/佐々木正悟 (2007/07/26)
日本実業出版社

この商品の詳細を見る

ブログの選択(2)

ブログの目的ですが、典型的には、商用やアフィリエイトへの利用などがあります。商用を許容するブログは少ないようですが、FC2ブログやseesaaブログでは可能です。アフィリエイトは、ほとんどのブログで可能ですが、ホスト側の認めた業者に限定されるケースが多いです(例:楽天ブログ→楽天)。この点でも、FC2ブログやseesaaブログでは、業者の制限がありません。
また、画像のサイズの問題もあります。例えば、FC2ブログでは、アップロードできる画像は1つあたり500kbまで。高画質の大きな画像を前提とする利用目的には、不向きです。ココログでは、個別の画像のサイズは制限がありません。
逆に、単にテキストと普通のサイズの画像で日記などを記載していく目的の場合、どのブログでも、あまり問題がないと言えます。

次に、目的以外の機能です。
管理人は、インポートとエクスポートの機能が重要で、またjava等のタグの使用も可であることが望ましいと思います。
特に、エクスポート機能はデータのバックアップやブログの移行に必須です。インポートは、他のブログから移行する際に必要ですが、まあ、最初はよいのかもしれません。FC2ブログとココログは、エクスポートとインポートの両方が可能で、例えば、相互にデータをアップすることもできます(一部以降できないデータもあります)。
タグは、いろいろなブログパーツを利用するのに必要です。
ちなみに、管理人が最初に使用した「楽天ブログ」は、エクスポート、インポート、ブログパーツ、のいずれにも対応していません。利用目的と合せて、まったく機能不足だったという訳です(知らないって怖い)。
これらの観点から、ブログを選択しては如何かと思います。(他に、操作性や好みなども当然ありますが)
ブログの選択に際して管理人が参考にしたサイトは、以下です。
ブログサービス比較
無料blog比較
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。
但し、各ブログの機能は向上又は修正されている場合があるため、一部の内容が古くなっている場合があります。最終的には、当該ブログのヘルプなどで、直接確認された方がよいと思います。

ブログの選択(1)

管理人は、知識のないまま、成り行きで「楽天ブログ」を始めました。そのため、後に「FC2ブログ」へ移行するハメになりました。できれば、ブログを始める前に、自分にあったブログを選択しておくと、このような事態を防げると思います。
ブログを選択するための観点は、いくつかあると思いますが、ここでは以下を挙げておきます。
1.ブログが有償か、無償か
2.ブログの目的は何か?そのために不可欠な機能は?
3.その他の重要な機能:エクスポート、インポート、java等のタグの制約

最初の、ブログが有償か、無償かは、機能に大きく影響します。例えば、有償でサーバ契約するタイプであれば、機能面の制約はほとんど無いでしょう。また、大手プロバイダー系のブログ(例:ココログ)などでは有償と無償の両方のコースが設定されている場合があり、機能が異なります。ただ、圧倒的に多数の方々は、無償のブログを使われると思いますので、本稿では、以降、無償で運用可能なブログを前提とします。
(続く)

コンサルティング入門

『コンサルティング入門』 内田和成 ゴマブックス 2007.8.10刊
著者は、ボストン コンサルティング グループ(BCG)の元コンサルタント。
本書は、コンサル会社の新人~初級者向け研修に、そのまま使えそうな内容です。「入門」の名の通り、基本的な事項が多いのですが、知識というよりは思考パターン・行動特性に類することが多いので、知っているだけではダメ。自然にできることが重要で、BCGのスタッフも、おそらく皆ができる訳ではないでしょう。
例えば、「経営判断に使う分析では、有効数字の精度は1桁で十分」(28p)とあります。非常に有効な指摘ですが、これがなかなか難しい。管理人はいろいろな方々と仕事をしますが、会計専門家やエンジニアなどの方は、総じて、このような「大づかみ」な把握が苦手のようです(もちろん、例外もありますが)。元々の仕事が細かい数字を扱い、又は非常に稠密な業務を得意とするためと思いますが、それらの長所を残しながら、鳥瞰的な視点も備えるのことは、実は簡単ではありません。
部下への指示の出し方もツボを押さえていて参考になりますが、3~5倍の実力差を部下の方はなかなか認識できないと思います。
[私的INDEX]有効数字の精度、APPLE to APPLE、力量に応じた指導、RWA、チェンジモンスター

お薦め印:★★★☆☆(基本を実践することが重要)

BBTシリーズ8 コンサルティング入門 (BBTビジネス・セレクト 8) BBTシリーズ8 コンサルティング入門 (BBTビジネス・セレクト 8)
内田 和成 (2007/07/04)
ゴマブックス

この商品の詳細を見る

FC2ブログを使ってみる

新たな続きもの(シリーズ)として「FC2ブログを使ってみる」を始めます。
本エントリーのシリーズは、ITに弱い管理人が、ブログを始め右往左往した経緯がベースとなっています。基本は、自己の備忘録兼ご同輩(初心者限定)の利用に供するためのメモ、という性格です。一部にミスや間違い、不適切な記載などがあると思いますが、お許し下さい。
(コメントでご指摘頂けると、ありがたいです。)

当面、以下の項目について、記述することを想定しています。
1.ブログの選択
2.FC2ブログの開設
3.テンプレートの選択
4.プラグインの導入
5.付加機能
6.エントリー(記事)の投稿
7.コメントとトラックバック
8.amazonアソシエイトプログラム(アフィリエイト)
9.Google AdSsense

なお、あくまで予定ですので、進行していくに従い、この内容から若干ズレてしまうこともありえます。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード