『ダブルキャリア』書評に関して

2007.7.10に書いた『ダブルキャリア』の書評に、著者のおひとりである荻野進介さんから、直接コメントを頂きました。

2007.7.10のエントリはこちら

お返しのコメントには「驚きました」と書いてますが、本当は非常に嬉しく、「感動した」というのが本当のところです。
一介の管理人のようなものが書いた駄文が、本の著者自身の目に止まり(おそらくは自著名で検索した?)直接コメントが来る。紙の文化であれば、そして、ブログや検索という機能がなければ、おそらくあり得ない出会いです。
「WEB2.0なんて実体はない」という見解もあり、また、確かに経済的効果が良く判らないところはあるのですが、コミュニケーションの状況が劇的に変わりうることは間違いない、と改めて実感しました。こういうことは、(稚拙ながら)自分で体験して、初めて判るような気がします。
スポンサーサイト
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード