請求書の作成のポイント

すっかり、ご無沙汰してしまいましたが、久しぶりに備忘録的なものを少々。

業務が終了した後などに、その代金を請求するために作成する書類が請求書です。現金販売や口頭契約のケースを除き、ビジネスでは最も多くやり取りされる書類のひとつでしょうか。

ただ、大手企業やその系列ですと、不正防止等の観点から、現場とは別の部署が請求~代金回収の業務をおこなうのがむしろ一般的で、請求書の作成も現場がやるケースは少ないと思います。
大手系のコンサル会社では、そういう業務フローだったため、業務~納品~検収までが担当で、それ以降は管理部門の業務であり、ほぼタッチしていませんでした。ごく稀に、スポットの講演やセミナー等で(管理部門がタッチしない場合)「請求書が欲しい」という顧客がいた場合も、会社制定の請求書フォーマットに金額や内容を付記して終わり、と。

今般、諸事情から請求書を作成する必要が生じ、改めていろいろ考えてみると、フォーマット自体はネット上に溢れているのですが、不明確なことも多くて…。
整理してみました。

請求書に必要な項目
請求書について定められた法的な要件は特に無いようですが、代金を請求するための書式として、最低限以下の項目が必要になります。

- 日付
- 請求先
- 請求元
- 請求の根拠となる内容
- 金額
- 支払期日
- 支払方法


日付
請求日です。例えば、コンサルだと、作業終了日又は検収終了日(以降)等でしょうか。また、継続的な売買等だと、締日なども必要になります。

請求先
代金等を請求する相手先の顧客です。企業名か、部署名か、担当まで入れるのか、などの選択支があり。

請求元
自分又は自社です。

請求の根拠となる内容
実施した作業や売買等の内容です。基本的に契約書や注文書等の内容と一致させます。

請求金額
一番大事なのがこちらで、代金+消費税(カッコ書き)→合計金額。

支払期日
いつまでに支払が必要かという期限。支払条件、振込期日などと書く場合もあり。

支払方法
一般的な振込の場合は、銀行・支店名、預金種別・口座番号、口座名義を記載します。
振込手数料の負担の件を付記することも。

これ以外にも、

請求番号

が記載してあると、自社での管理や請求先とのやり取りに便利です。

その他、
「請求書」という文書名
「平素は格別の~」等という前書き
「以上」
など、文書の体裁を整えて、請求書が出来上がりです。
スポンサーサイト

個人事業税と業種

地方税のひとつに、個人事業税というのがあります。
企業ではなく、事業をやっている個人、いわゆる個人事業主に対する課税ですね。

都道府県内で第1種事業から第3種事業にあたる特定の事業を営む場合、前年の事業による所得金額から事業主控除額などを差し引き、それに税率を乗じたのが税額です。

個人事業税の税額 = (前年の事業所得金額 - 繰越控除等 - 事業主控除額)× 税率


基準が前年の事業所得なので、開業の年には課税されません。2年目以降ですね。支払った個人事業税は、事業所得(国税)の計算では、必要経費になります。

コンサルタント業は、第3種事業として明記されています。税率5%。
管理人の場合、システム開発の一部としてコンサルティング作業をおこなうケースもあるのですが、システム開発業は業種として明記されていません。

疑問に思ったので、都道府県税事務所に問合せしてみたところ、契約等の内容によるが一般的には請負業として課税されるケースが多いのでは、とのこと。請負業は第1種事業になります。こちらも税率は5%。
逆に、請負に該当しない準委任や無名契約等であれば、課税対象にならない場合もあるということのようです。

なお、業種が変更になった場合、国税は確定申告の際に業種の記入欄があるので記入しますが、その情報は都道府県税事務所へは連携されないとのこと。別途、変更の届出が必要とのことでした。

個人事業主の帳簿の選択

税法における個人事業主の会計帳簿(以下「帳簿」)には、いくつかの選択肢があります。

■国税庁:帳簿の記帳のしかた -事業所得者用-(PDF)
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/44.pdf


上記や国税庁のサイトのドキュメントを読むと、

- 事業所得、不動産所得、山林所得が対象。

- 白色申告と青色申告で異なる。

- 白色申告は従前には一定の所得金額以下なら無帳簿でも許容されていたが、2014年以降はすべて帳簿必須に。

- 白色申告は簡易帳簿で可。具体的には、法定帳簿として収入金額や必要経費を記載した帳簿。他は任意帳簿。

- 青色申告は一定水準の帳簿の作成を条件に青色申告特別控除等の税法上有利な取り扱いをするもの。簡易帳簿と正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)に従った帳簿の2パターンあり。

- 簡易帳簿の場合、青色申告特別控除は10万円。正規の簿記の原則に従った帳簿の場合、青色申告特別控除は65万円。

- 正規の簿記の原則に従った帳簿とは一般的には複式簿記。但し、簡易帳簿に加え「簡易帳簿では記帳されない預金・手形・元入金・その他の債権債務について、新たに「債権債務等記入帳」等を備付けて、全ての取引を整然と記録すること」も許容。(←ここが少し判りにくい)

- 帳簿ではないが、事業所得、不動産所得、山林所得の合計が300万円以下の場合、現金主義による所得計算も可。(届出要)青色申告特別控除は10万円。

図解にするとこのような整理になるかと。

白色申告
特別控除無し
青色申告
10万円特別控除
青色申告
65万円特別控除
簡易帳簿×
簡易帳簿(現金主義)×
簡易帳簿(改)
複式簿記

「簡易帳簿(改)」とは管理人が勝手に名付けたものです。
65万円の青色申告特別控除では正規の簿記の原則に従った帳簿が必須でB/SとP/Lの作成が義務付けられ、そのためには一般的には複式簿記が必要だが、(それだけでなく)簡易帳簿に債権債務に関する帳簿等を追加(改)しそこからの誘導によりB/SとP/Lが作成できれば許容する、ということでしょうか。

戦略・施策等の策定~システム開発までの概要(4)合成型の問題

システム開発では、昨日~一昨日のように内容が業務→システムへと移る際に担当が変わるため、それが要因となって問題が生ずる分断型のケースのほかに、企業とSIerやPKGベンダー等のIT会社(以下「IT会社」)のプロジェクトの進め方自体が問題を生んでいるケースもあるように思います。

1. 戦略や施策の策定

2. 業務の設計

3. システム要件の定義

4. システムの開発


上記の「2. 業務の設計」と「3. システム要件の定義」を、両者をごちゃ混ぜにして「要件定義」とか「フィットギャップ分析(Fit&Gap分析)」と称してIT会社のSEや系列のITコンサルが主体となり実施するような場合があります。

IT会社から見ると、自社PKGやSIのベースとなる既存のシステム資産と、企業の業務の差分を分析するのであり違和感がないのかもしれませんが、その際に、管理人のような業務コンサルからみると、業務機能やシステム範囲等の重要な要素に関してとても迂遠な要件定義がおこなわれるケースを散見し、それによりシステム開発段階でデスマーチのような問題になるとか。

前回までの分断型に対して、こちらは合成型の問題(仮称)ですね。

(おわり)

戦略・施策等の策定~システム開発までの概要(3)

昨日は、システム開発では、内容が業務→システムへと移る際に担当が変わるため、それが問題点のひとつの要因となるという話をしましたが、その続き。

企業側外部
1. 戦略や施策の策定ユーザー経営コンサル
2. 業務の設計ユーザー ◎業務コンサル
3. システム要件の定義情シス◎SE◎
4. システムの開発情シス◎SE◎


問題を回避するには、企業の方は業務とシステムの双方に詳しい担当をプロジェクトにアサインする、その前提としてそのような人材を育てることなりますが、これは大企業等の縦割り組織では相当に難しいこと。例えば業務側の上司にとって、優秀な担当がシステムに時間を割くのは誠に無駄に見える。逆もまた真です。育成は更に難しく、長期的な視点のある経営陣の理解がないと…

外部の方は「2. 業務の設計」ステップで、多少なりともシステム開発と連携できるコンサルを選ぶ手もありますが、例えばIT会社系コンサルとなると、それはそれで利益相反や「業務」の質、特にバラツキの問題が生じたりもします(←偏見)。
一般的には、比較優位としてより業務に詳しいIT会社を選びますが、それも難しいこと。

(つづく)

戦略・施策等の策定~システム開発までの概要(2)



昨日、コンサルの観点から戦略や施策の策定からシステム開発までの手順、ステップごとの内容と企業の担当、コンサルタントについて記しましたが、その続き。

ひとつのポイントは、システム開発では2と3を境に担当が大きく変わること。

企業側外部
1. 戦略や施策の策定ユーザー経営コンサル
2. 業務の設計ユーザー ◎業務コンサル
3. システム要件の定義情シス◎SE◎
4. システムの開発情シス◎SE◎
※ 2. 業務の設計に情シス、SEが補助的(△)に関与する場合はある。

内容が業務→システムとなり、それに伴って企業側はユーザーから情シスへ、外部はコンサルからSE等へ担当が変わります。システム開発に問題が生じる、大きな原因のひとつがここにあります。
「業務設計の不備」、「要件定義の不足」等、言い方はいろいろありますが、ザックリ言うと業務からシステムへ上手く引き継がれない、ということですね。

もちろん、業務にもシステムにも詳しいというスーパー担当者とか、同SEがいて、何とかなってしまうこともあるのですが、それは稀で。大規模システムになれば、齟齬が振幅して更に増大していくという悪循環も。
(つづく)


個人事業開業時の国税以外の備忘録



昨日はコンサル等の個人事業開業時の税法関係として国税関係のエントリでしたが、本日は国税関係以外の手続や要件について。

1. 事業開始等申告書
事業の開始から所定の期日(都道府県により異なる、東京都は15日)以内に、所管の都道府県税事務所に事業開始等申告書を提出。個人事業税。
市区町村役場へも同様の届出が必要ですが、都道府県へ一括届出できるところもあるようです。

■東京都主税局:個人事業税
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_c.htm
※事業開始等申告書の名称や手続等は都道府県ごとに異なります。

2. 従業員を雇用する場合
労働基準監督署(労災保険)、公共職業安定所・ハローワーク(雇用保険)年金事務所(健保、年金)に各種届出や報告が必要。
(詳細は省略)

なお、昨日、書漏らしましたが、従業員を雇用する場合は税務署(国税)へも源泉所得税や専従者給与等に関する届出が必要な場合もあります。

あと余計なことですが、当記事作成中に、新規開業に関する検索で上位に来るWeb上の情報で、おそらく間違いと思われる記述をいくつか見つけてしまいました。
複数のサイトで内容の異なる情報等は、国税庁等のサイトで確認することが大切だなと実感。



個人事業開業時の税法関係の備忘録



コンサルビジネスのような事業を、個人事業主として開業する場合の税法関係の手続や要件を備忘録として。国税庁のサイトより。

1. 開業届
事業の開業から1ヶ月以内に、納税地を所轄する税務署長へ届出。
■国税庁(以下同様):[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

2. 青色申告承認申請
事業所得では青色申告特別控除、青色事業専従者給与、純損失の繰越しと繰戻し等、当然ながら白色申告より青色申告の方が圧倒的にお得。
新たに青色申告をする場合、その年の3月15日までに青色申告承認申請書を納税地を所轄する税務署長へ提出。但し、1月16日以降に新規開業の場合は、開業から2ヶ月以内に提出。
■No.2070 青色申告制度
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

なお、青色申告で現金主義による所得計算の特例を適用する場合は、所得税の青色申告承認申請書(兼)現金主義の所得計算による旨の届出書も提出。

但し、青色申告は正規の簿記の原則に従った記帳(原則は複式簿記だが簡易帳簿も)が必要。
■帳簿の記帳のしかた -事業所得者用-(PDF)
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/44.pdf

3. 消費税
基準期間における課税売上高が10百万円以下の事業者は消費税の納税義務が免除されるため、新規開業した場合は1年目は免除。2年目以降は前年、3年目は前年と前々年の課税売上高に応じる。
■No.6501 納税義務の免除
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm

■No.6531 新規開業又は法人の新規設立のとき
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6531.htm

自分が不勉強なのは認めるとして、それにしてもいろいろ判りにくい。この程度をまとめるのにも、かなり時間を要してしまいました。国税庁がと言うより、税法自体が複雑怪奇なせいだろうけど。

[参考]目次として
■タックスアンサー:事業主と税金
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto316.htm



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード