サンドボックス制度

このところ仮想通貨絡みの話題ばかりアップしておりましたが、たまにはそれ以外のネタも。

サンドボックス制度(Regulatory Sandbox)とは、新規ビジネス育成等を目的に現行法の規制を一時的に緩和する措置のこと。実証によって具体的に事業の功罪を見極めるものですが、規制のグレーな部分だけでなく、現時点では明確な規制の存在するところに切り込む、非常に積極的な政策です。
元々のsandboxは砂場のこと。周囲と隔離して自由に遊べる場所といった感じでしょうか。それが転じて、規制の砂場、規制の実験場とも。
サンドボックスは国家戦略特別区域(国家戦略特区)での運用される予定で、時限的&場所的な限定が付されることになります。

なお、特区には、国家戦略特区のほか、構造改革特区というのもあるのですね。無知でした。
図解すると、こんな関係になるかと。
特区構造改革特区(構造改革特別区域法
国家戦略特区(国家戦略特別区域法(これまでの)
サンドボックス


[参考]
■首相官邸:国家戦略特区
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kokkasenryaku_tokku2013.html#c01
スポンサーサイト

ピュアプレー

日本経済新聞投資情報面のコラム一目均衡「「ピュアプレー」の時代」(2017.9.26)で知った新語?

ピュアプレー(Pure Play)とは、シンプルに単一の事業(ビジネス)で勝負すること。

異業種による多角的経営によりビジネスのシナジー(相乗効果)を追求するコングロマリット(Conglomerate、複合企業)に対義する概念でしょうか。ビジネスで選択と集中を厳密に推し進めると、このピュアプレーという方向に向うと思われます。

個人的にはシナジーというのは誠に怪しい概念だと考えていますし、以前からコングロマリット・ディスカウント等とも言われていましたので、概念自体は目新しいことではありません。
ただ、超超巨大企業ダウ・ケミカルとデュポンの統合会社である「ダウ・デュポン」で、それが実践される意味は大きいのでしょうね。

プラットフォーマー 日経 経済教室「エコノミクス トレンド」柳川教授

2017.7.19付日本経済新聞の経済教室面、経済教室「エコノミクス トレンド」シリーズは柳川範之東大教授のプラットフォーマー(プラットフォーム企業)に関する論考です。気になったポイントをメモ。

-プラットフォームは様々なものを結びつける「場」。プラットフォーマーとは、そのような場となるべく、サービスやシステムなどを積極的に提供する企業のこと。
-成功したプラットフォーマーは意図的に産業横断的にできる基幹部分を括りだしてビジネスモデルにして様々な企業や技術を引き付けてきた。
-プラットフォーマーの問題はデータや情報の急速な集中(偏在)。
-ローカルなプラットフォーマーの可能性。そのために魅力的なサービスと人材、見やすく使いやすいアプリやウェブサイトが重要。既存大企業で軽視されがちな部分。
-より深化した結びつき実現のため、結びつきやすい構造を技術面、組織面で作る必要。これはオープンイノベーションと関係。
-収益性と持続性の確保には(単なる規模拡大ではなく)利用継続によるメリットが生じる構造をサービス又は契約内容で作り出す必要。

[キーワード]
プラットフォーマー、場、データや情報の偏在、ローカルなプラットフォーマー、プラットフォームビジネス、ロセットとティロールの二面的市場モデル、オープンイノベーション

特に「ローカルなプラットフォーマー」というのが、目新しい視点でした。その重要性については同意ですが、果たして採算性が伴うのかという疑問が。



地政学リスク?とは

日本経済新聞(日経)2017.6.16付の特集記事「ニュースぷらす」の以下の記事によると、地政学リスクという言葉が、市場関係者を中心にブームになっているそうです。

■不安映す「地政学リスク」 市場から浸透、安保で重要性増す(2017.6.16)


「地政学的リスク」とか「地政学上のリスク」とは言いますが「地政学リスク」という言い方は耳にしたことがありませんでした。

地政学リスクとは、特定の地域が抱える政治的・軍事的・社会的な問題が経済の先行きを不透明にするリスク。市場が見通せない様々な不確実性や不安をまとめて呼んでいる、ようです。

とても違和感のある用語。地政学が原因で発生するリスクではない訳で、同様に例えば「物理学リスク」等と言うことがあるでしょうか。
また、「政治・軍事・社会的な問題→経済の先行き」というのでは、対象の範囲や因果もまったく不明瞭です。上記記事でも防衛研究所の石津朋之氏も「言葉がうまく定義されないまま使われている」とコメントしています。

なお、地政学はとても重要だと思います。
地政学における構想として、自由と繁栄の弧(日本)、真珠の首飾り(中国)、ダイヤのネックレス(インド)等。

本論とは関係ありませんが、記事には「不沈空母」中曽根が登場しており、個人的に少しなつかしかったです。

成熟度モデル

成熟度モデル(Maturity Model)とは、ある目標に至るまでに複数の状態(段階、レベル)を経ることを想定したモデルのこと。

単なる多肢(5択とか)ではなく、〇と×の過程にある△の状態を含めて多段階化しているのが特徴。3~5段階の階層化が多く使用されています。

例えば、人事や能力開発の分野でよく引用されるマズローの欲求段階説は、典型的な成熟度モデルのひとつと思われます。また、昨日記事をアップした、デジタル・マインドセット チェックリストも成熟度モデルになっています。

PEST(政治、経済、社会、技術)

昨日、政治リスク絡みでチラッと触れたPESTですが、「経営キーワード」の過去記事でアップしていないことに気付いたので少し補足を。

PESTとは、戦略策定等で企業の外部環境を大まかに4つに整理する枠組みで、政治(Politics)、経済(Economics)、社会(Society)、技術(Technology)の頭文字を取ったもの。

ポイントは、あくまで、自社(特定企業)の外部環境を「整理する」ためのフレームワークということ。
もちろん、PESTをチェックリスト的に捉え、分析のスタートとしてもかまいませんが、この4つが網羅的という訳ではなく、またどの企業に対して最適である訳でもありません。

実際、PESTでは不十分だとして、環境(Ecology)を追加した、SEPTEmber(セプテンバーと呼ぶ)なるフレームワークも考案されています。
トヨタのような政治リスクがほとんど関係ないのであれば、「P」抜きの「EST」でよく、その代わり、技術(Technology)は何層も深堀りが必要かもしれません。

政治リスクとPEST


新年早々、体調を崩しておりました。
未来に展望が開けなくなると、病気に罹りやすくなるらしいけど…orz

トランプ氏絡みで「トヨタに政治リスク」あり、というマスコミ報道を見かけました。メキシコに建設予定の工場の件です。

政治リスク(Political Risk)とは、企業経営に関して政治又は政治家から受ける不確実性のこと。
企業戦略で外部環境を整理するPESTという、いわゆるフレームワークがあります。政治(Politics)、経済(Economics)、社会(Society)、技術(Technology)の頭文字を取ったものですが、このP(政治)に対応する不確実性と言えばよいでしょうか。

リスクは通常両方向有り得ますが、トランプ氏の政治リスクについてはトヨタのはネガティブ、孫さんのSBはポジティブという感じかと。

Brexit(英国のEU離脱)について

先般の宮家邦彦氏の講演聴講に関するエントリでも若干触れたBrexit(英国のEU離脱)ですが、この件の解釈に関して特に参考になった記事を備忘録として。

小幡績 慶應大学大学院経営管理研究学科准教授
■英国のEU離脱は、日本の誰が考えているよりも重い(2016.6.25)
http://www.newsweekjapan.jp/obata/2016/06/eu-1.php

野口悠紀雄 早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問
■イギリスのEU離脱は経済的に合理的な選択だ(6016.6.30)
http://diamond.jp/articles/-/93901

それにしても、離脱派の中心だったジョンソン前ロンドン市長がEU離脱交渉をおこなう次期首相レースに参戦しないというのは、まったく解せぬこと。
彼も本音は「まさかEU離脱が選択されるはずはない」と考えていて単に政争に利用していただけ、キャメロン首相の本当にバカげたギャンブルが愚民の本音を引き出してしまったということなのか…



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード