経口補水液



少し前から、熱中症絡みで聞くようになったキーワードですが、よく理解していなかったので備忘録として。

経口補水液とは、脱水症状の治療に用いる食塩(ナトリウム)と糖類を含んだ水のこと。
点滴に準じた水分補給手段で、主に軽度から中度の脱水症状の治療・改善に用いるとのこと。
通常、水分は大腸から吸収されますが、ナトリウムと糖類が小腸で吸収される際に(通常は小腸から吸収されない)水分も同時に吸収される仕組みを利用しているそうです。ここがポイントで、下痢等で大腸が機能不全に陥っても、その手前の小腸から水分補給できる訳です。

大塚製薬工業の販売している経口補水液 オーエスワン(OS-1)という商品があります。

■大塚製薬工場:経口補水液 オーエスワンシリーズ
http://www.otsukakj.jp/2products/02foods/

病者用食品と明記してあり、注意書きとして「医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください。」ともあります。CMのイメージとはちょっと異なり、スポーツドリンクのように気軽にガブ飲みするようなものではないようです。
ゼリータイプもあるんですね。いざという時の備えに、どちらか用意しておこうと思います。

なお、経口補水液は、水に食塩と糖類を加えることで、簡易に作ることができます。

経口補水液のレシピ(参考)
- 水 1l

- 砂糖 40g(大さじ:4.5程度)

- 食塩 3g(小さじ:0.5程度)


多くのレシピが公開されており、砂糖、食塩の量は、レシピによって微妙に違うようですが、あまり本質的な問題ではないと思います。酸味を加えるのも、良いようですね。



スポンサーサイト

郵便物の特定記録

郵便のオプションも様々ありますね。古い人間なので&昔の職業柄、書留(一般書留、現金書留、簡易書留)、速達、内容証明、配達証明は、一時よく利用しておりました。

知らなかったのですが、今は「特定記録」というのもあるそう(2009年3月から)。特定記録とは、郵便物等の引き受けを記録するオプション。Webから追跡サービスを利用できますが、配達自体は一般の郵便物等と同様に郵便箱への投函で、書留のような配達/受領の確認はしません。
念のため「郵便物等を差し出した記録を残したいとき」が主な用途になります。

■日本郵便:特定記録
http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/tokutei_kiroku/


ある団体の証明書が期限切れとなり返納する必要があったので、この特定記録を本日初めて利用してみました。証明書自体はすでに利用不能で価値はありませんから書留や配達証明にするほどの意味はなさそうですが、返納は強制されているので、確かに返納手続したことは明らかにしておきたいと思いまして。

■日本郵便:オプションサービスの加算料金一覧
http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html


料金は、郵便物等の基本料金にプラス160円なり。
つまり、

【例】定形郵便物25g以内(82円)
基本料金:82円 + 特定記録:160円 = 242円

になります。

書留だと、簡易書留でもプラス310円の料金となるのですが、特定記録はその半額とリーズナブルな料金設定。万一の場合の損害の填補が不要な送付物であれば、特定記録で十分かと思いました。

宇宙ロケットと弾道ミサイルの構造は同じ

某国の「衛星打ち上げ用宇宙ロケット」の件、マスコミが共通して「事実上の長距離弾道ミサイル」と表現していたのが興味深いです。ネットでいろいろと詳しい解説がなされていますが、宇宙ロケットと長距離弾道ミサイルは、構造的にはほぼ同じものです。
(このあたり、詳しく正確に知りたい方は、ミリタリー関係のサイト等で詳しく説明されていますので、そちらをお薦めします。)

主な違いは、目的とそのために積載するもの。前者は宇宙観測等のため衛星や宇宙船になり、後者は軍事用の弾頭(爆弾)になります。発酵と腐敗の異同と、少し似ているかもしれません。

なお、ミサイルとロケットという用語は位相が違うので、これらを並列して、どちらか?を論ずることは本来は適当ではありません。
といって、それで某国からの脅威が減る訳ではありませんが。

数学が何の役に立つか? 例えば宝くじを買わないために

「数学なんて、社会に出てから何の役にも立たない」などと、言う方がおられます。そういう方が宝くじを買っていたりするから、ちょっと面白い。

管理人は数学があまり出来ませんが、宝くじを買ってはいけない、という程度のことは理解しております。
日本の宝くじは、控除率が約55%。つまり、5割以上を賭博の胴元等が取り、残りを購入者への支払いに充てる仕組み。購入者へ還元されるのは約45%です。
「一等 X億円」などと言われると多く見えますが、要するに上位クラスに大きな金額傾斜を付けて(但し口数は少なく)配分しているだけのこと。購入金額の少なくとも半分以上はドブに捨てている計算になります。

宝くじの仕組みは単純で、購入者にできることはほとんどありません。例えば、購入金額をいつもの10倍にしたところで、期待される当選金額にはほとんど影響しません。
どこで購入するか等は、まったく意味がありません。「X等の当選が出ました!」という売り場のPOPは、単なる偶然か、多くの枚数が売れたことによるものです。

運試し、寺社へのお賽銭程度なら別ですが、騙されて、真剣に、宝くじを買ったりすることのないように。そのためには、少しだけ数学を学習する必要があるのです。

数Ⅰ、数ⅡB、数Ⅲ(←こんな区分だった)の全授業時間を睡眠に充てたりせず数学を学習しておけば、もう少し違ったビジネス人生があったかもしれないと時々思います。(それでもダメだったかもしれませんが)

人間こそが最凶の外来生物

ご存知のように、外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害防止に関する法律)というのがありまして、海外からの外来種を制限しています。
外来種とは「もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと(外来生物法の定義)」。ブルーギルやカミツキガメなどは、よく聞く名前です。

生態系を守る趣旨は判りますし、法は遵守すべきですが、少しひっかかるところもあります。

もともと、地球が誕生した時には生物なんていなかった訳で。どこかで誕生したものが、各地に伝播したはず。生物が自己の生存圏の拡大をはかるのは自然なこと。中でもアフリカを起源として、世界各地に拡散した人間こそが、地球の生態系を改変・破壊している最凶の外来生物かと。他の生物からみれば「お前らだけには言われたくない!」でしょう。

主に人間が伝播に手を貸していることを非難する方もおられますが、他の生物を利用してエリアを広げるのも、よく見られる話です。

あと、外来生物法の対象はもっぱら明治時代以降とのことで、ここ100年ほど。あくまで人間の利害と農林水産業の保護を目的として現時の生態系を守る(固定する)もののようです。

飛躍しますが、その時点の利害のために、中近東やアフリカに勝手に線引き、当事者を無視して国を作り国境を固定等した結果、今になって、大きなしっぺ返しを受けている西欧各国(米国だけでなく、英国、仏国など)の所業に似たものがあるのでは、と。(←考えすぎ)

[参考]
環境省
■特定外来生物による生態系等に係る被害防止に関する法律
https://www.env.go.jp/nature/intro/

印鑑のお辞儀押し、枠外はみ出し、超薄い印影

少し前にTLで印鑑の「お辞儀押し」が話題になっていましたが、先週の日経のあるコラムにも、また載っていました。

お辞儀押しとは、稟議書などの書類に印鑑を押す際、(次の)上司の方に、つまり左に向け30度ほど傾けて押印して、敬意をあらわすことです。押印の傾きを、頭を下げてお辞儀をしたと見立てたのでしょう。
主に金融や不動産業界の慣習と思われているようですが、管理人のいた会社ではこのような慣習は見たことも、聞いたこともありません。

ただ、自分が本心では賛成しない(したくない)案件について、わざわざ枠を外して押印する人はいました。このときも、実は傾けて押印します。これ、けっこう活用されていました…。
あと、かなり見えにくい、薄い印影でわざと押す人とか(当時の社長でしたが)。

反対ならば、そう言うか、または押印しなければよいのですが。へんなことをする人は、どこの会社にも、いるものです。

ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウム

アルコール系消毒剤(消毒用エタノール)による手指や食器、テーブル等の殺菌が一般的になりました。これは、インフルエンザウイルスには有効で、気軽に利用できます。

ただ、このアルコール系消毒剤は、感染症胃腸炎を引き起こすノロウイルスに対しては有効ではありません。
ノロウイルスの効力を失わせるには、加熱するか又は次亜塩素酸ナトリウムが有効です。食器等にはハイター等の塩素系漂白剤をご利用下さい。

{厚生労働省}
■ノロウイルスに関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

玉子のマトリクス?

突然ですが、温泉玉子(タマゴ)が苦手です。
(通常「卵」と書くと思いますが、「玉子」という表記が好きなので本日はこれでいきます。)

もちろん料理として出されれば食べますし、文句を言ったりはしませんが、自分から注文することはなく、選択できる場合には選びません。
ゆで玉子、それも「半熟」玉子が好きなんですね。

などど、暇にまかせてウダウダ(←死語)考えていたら、そうか、温泉玉子と半熟玉子はちょうど反対(対)の関係なんだ、と気付いた次第。
マトリクスにすると、こんな感じ。

玉子のマトリクス
黄身
固体ゲル状
白身固体  堅ゆで玉子  半熟ゆで玉子
ゲル状温泉玉子生玉子
 







つまり、白身は完全に固まっていて、黄身がゲル状?なのが、管理人の好みなのです。温泉玉子は、ちょうど、その逆なのだ!!(知らんがな?!)
厳密には、「ゲル状」の程度には幅があるので、散布図の方がよいのでしょうが。目玉焼や玉子焼等もマッピングできますしね。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード