スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森博嗣「作家の収支」



暫く空いてしまいましたが、読み終えた本の話など。

■「作家の収支」 森博嗣 幻冬舎新書 2015.11.30刊


著者は、ミステリ作家の森博嗣氏。実は、この著者の書く小説「以外」の書籍は、ほとんど入手しています。(読了は一部で、他は積読中)

本書は「一人の作家の経済活動を概説」した内容ということで、以前に読んだ「小説家という職業」と対になる本という位置付けのようです。
原稿料や印税に始まり、講演料、対談料等まで、細々と開示されています。
作家(小説家)に成りたい希望がある訳ではまったく無いのですが、作家(小説家)のビジネスモデル、特に収益モデルに関する論考として、大変興味深く読みました。
著者や出版社の意図にはそぐわないでしょうが、経営戦略やビジネスモデルの理解を深めるのに、とても役立つ書籍だと思います。もちろん、作家に成りたい方には、直接的に役に立つことでしょう。

なお、細事ですが、税金や財務に関する記述に、やや不正確なところがいくつか散見されます。
特にp37の「在庫は課税対象になる」というのは、明らかな誤りです。在庫は原価や経費になりませんが、それは資産なので当然のこと。「原価や費用(=損金)にならない」と言うべきで、それを「資産は課税される」と表現するのはおかしいです。



スポンサーサイト

「予約一名、角野卓造でございます。【京都編】」



飲食関係も、こちらのブログに書いてしまうことにしましたので。

関西で断続的に仕事を頂いていた時期があり京都泊も多く、また近頃は遊びでも年に数回京都に行きます。
数多い京都のグルメ本(←死語)から。

■「予約一名、角野卓造でございます。【京都編】」 角野卓造 京阪神エルマガジン社 2017.12.18刊



京阪神の飲食中心の地域情報誌『Meets Regional(ミーツ リージョナル)』の連載記事が元になっており、何軒か読んだ記憶があるものも。
角野さんは年に何度か、数日~2週間ほど、京都へ単身で旅されるそう。その際の飲食店訪問記で、本文はミーツ?のライターが書いて角野さんのコメントが挟まるという体裁。

割烹のようなやや高級なお店の掲載が多く、予算枠の関係で管理人が訪問したことのあるお店は、京極スタンド、マルシン飯店、大鵬くらいしかありませんでしたが、悪くないセレクト。
太田和彦氏と対談されているのも、氏のファンには魅力です。

本書とは関係ありませんが、京都では、居酒屋の川端二条「赤垣屋」さん、河原町「たつみ」さん、大和大路五条「櫻バー」さんあたりに伺うことが多いです。京都に来てまでハズレを引きたくないと、どうしても(アタリと判ってる)同じ店に行ってしまう悲しい性。
(これらのお店については、また書くかも)



伊藤公一朗「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」



またまた間が空いてしまいました。
積読の山からやっと1冊消化しましたので、ご紹介を。

■「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」 伊藤公一朗 光文社新書 2017.4.20刊


著者曰く「実践的データ分析に焦点を当てた、計量経済学への超入門書」(p265)。数式を使わず解説されています(数学付録除く)ので、データ分析の知識がまったく無い方へもお薦め。
p12に「本書の構成」として、全体の内容がフロー図で描かれています。難解なテーマでは、こういうのが超大事。

特に、p39の図解「図表1-3 データ分析から因果関係を立証することはなぜ難しい?」は、因果関係(と混同?される相関関係も)の概念を簡明な要因図で解説しています。これをキチンと理解するだけで、世に溢れる怪しいデータ分析結果やグラフに騙されにくくなるかと。
余談ですが、例えば経営分野では、ホーソン実験の結果がこの図解で説明できます。

データ分析手法としては、ランダム化比較試験(RCT)と3つの自然実験(RDデザイン、集積分析、パネル・データ分析)が挙げられています。管理人はパネル・データ分析以外は初見でしたが、理解自体は特に難しくありません。

後半の実践編や上級編では、データ分析をビジネス等に生かすポイントや、データ分析の不完全性や限界も。非常にフェアなスタンスです。
最終章では、参考図書が紹介され、継続的な学習の指針も示されています。

リンダ・グラットン 「LIFE SHIFT」

こちらも、以前にご紹介した「ひらめきスイッチ大全」同様に積読の山から発掘されたので、少し前の刊行です。なぜか、最後の十数頁だけ読み残されていた(謎
2014.11頃に購入したので、読了に延べ1年以上かかった計算…です。

「LIFE SHIFT」 リンダ・グラットン 東洋経済新報社 2016.10.21刊





リンダ・グラットン氏はロンドン大教授。
前作の「ワーク・シフト」はベストセラーになりました。(ご紹介のエントリはこちら、関連する対談のご紹介はこちら

「ワーク・シフト」は文字通り仕事に焦点がありましたが、その続編として「LIFE SHIFT」は今度は個人の生活の方に焦点を当て、人が100年生きること(100年ライフ)を前提に従来の3ステージ型人生の課題や、いくつかのシナリオ、対策の考え方等を整理しています。
特に、エクスプローラー(探検者)、インディペンデント・プロデューサー(独立生産者)、ポートフォリオ・ワーカーという3つのステージを示しているあたりがポイントかと。これらの認識次第で本書に対する評価は大きく変わるかもしれません。

[参考]
■リンダ・グラットン「日本の女性の皆さん、100歳まで生きる準備はできていますか?」プレジデント ウーマン 2017年1月号
http://president.jp/articles/-/20884/

ちなみに、リンダ・グラットン氏は、政府の「人生100年時代構想会議」の議員にもなっているそうです。
[参考]
■人生100年時代構想会議
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/jinsei100nen/

「ひらめきスイッチ大全」

久しぶりに書籍のご紹介。

■「ひらめきスイッチ大全」 サンクチュアリ出版 2013.9.17刊



アイディアや発想に関するノウハウ(スイッチ)を225個集めた書籍です。
いわゆる発想法だけでなくアイディアに関する観点、切り口、果ては怪しげな風水まで、それぞれを見開き2ページに整理されています。約450頁の大部。

内容は引用及びリライトでしょうし、記載の文字数、情報量はごく少なく、また発想法については仕事柄、多くが既知でしたが、これだけ集まるとなかなかのもの。「アイディアはまずは数を出す」を実践しています。

このような厚い本は、読み進める気力が失せてしまうことがあります。この書籍も2年半ほど温めておりましたが、就寝前に毎日10項目(20頁)ずつ読むことにしたところ、毎日約15分で予定通り20日ほどで読了しました。
分量の多いものごとは、少量の容易にこなせる作業(タスク)に分けて、それ繰り返すことで、意外と楽におこなえる場合があります。(一般化)

各項目(スイッチ)には、数件を除き、ほぼすべてに出典や参考文献、又はその両方の記載があります。気になったものは原典に当たるのが、よい利用法かと。
なお、巻末に膨大な参考文献が挙げられていますが、こちらはスペースの関係か、改行なく詰め込まれ、とても読みにくいです。

日経「ブロックチェーンの可能性」リーディング・リスト

日本経済新聞読書面のコラム「今を読み解く」で、ブロックチェーンに関する書籍が紹介されています。

■「ブロックチェーンの可能性 社会基盤に高まる期待」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2673758009022018MY5000/


ブロックチェーンは、ビットコイン等の仮想通貨を支える中核的な技術ですが、それ自体も仮想通貨とは別に応用が研究されています。分散型台帳技術とも。

■「ブロックチェーン革命」野口悠紀雄 日本経済新聞出版社 2017.1.19刊
ブロックチェーンの社会的なインパクトと金融及び非金融分野の導入事例。ビットコイン等の仮想通貨に肯定的な野口悠紀雄氏の著作です。



■「ブロックチェーンの未来」 翁百合、柳川範之、岩下直行 編著 日本経済新聞出版社 2017.9.23刊
金融、法律、IT等の専門家がブロックチェーンについて包括的に解説。編著者は昨日のエントリにも名前のあった岩下直行氏ほか金融畑の方々ですね。



■「ブロックチェーン技術の未解決問題」 松尾真一郎他 日経BP社 2018.1.18刊
ブロックチェーン記述は発展途上段階で万能感の広がりに注意喚起。近刊。ややネガティブな取り上げ方の模様ですが、ぜひ読んでみたい。

ここのところ、車中読書した書籍

大変ご無沙汰しております。
2ヶ月半ほど、空白になっておりました。

7月下旬頃から、諸事情により生活が一変しており、時間があるからブログが書ける訳ではないものの、時間が無いとやっぱり書けないということでございました。
ただ、通勤というものが生じて、しかも従前よりも長い経路を辿る必要から、車中での読書という習慣も2年ぶりくらいに復活。
今年前半は、ほとんど何も読まなかったのに、このところ、15冊ほど読んでおりました。管理人にとって、読書に必要なのは「通勤」だった、というオチ…

いろいろと参考になる事項や考えたこともありましたので、これからボチボチと書評(?)としてアップする所存。(←あくまで予定ですが)
なお、約1年半~半年前に購入した書籍が多く、書評としての旬はとうに過ぎていたりしますので、まあ、どこまでご参考になるかは判りませんが、相変わらずの個人的な備忘録としてご容赦を賜りたく。

書名を挙げておきますと、
■「捨てられる銀行」 橋本卓典 講談社 2016.5.20刊

■「会社のITはエンジニアに任せるな!」 白川 克 ダイヤモンド社 2015.12.3刊

■「リストマニアになろう!」 ポーラ・リッツォ 飛鳥新社 2016.6.5刊

■「撤退戦の研究」 半藤一利/江坂 彰 青春出版社 2015.7.15刊

■「ストレスフリーの整理術」(全面改訂版) デビット・アレン 二見書房 2015.12.25刊

■「戦後経済史」 野口悠紀雄 東洋経済新報社 2015.6.11刊

■「ほぼ日手帳公式ガイドブック2017」 ほぼ日刊イトイ新聞 編 マガジンハウス 2016.8.22刊

■「ジオエコノミクスの世紀」 イアン・ブレマー/御立尚資 日本経済新聞出版社 2015.10.23

■「ビジネス思考実験」 根来龍之 日経BP社 2015.12.21刊

■「戦略読書」 三谷宏治 ダイヤモンド社 2015.12.17刊

■「発想法の使い方」 加藤昌治 日本経済新聞出版社 2015.4.15刊

■「「超」集中法」 野口悠紀雄 講談社 2015.9.20刊

■「クリエーターが知っておくべき管理や法律を教わってきました。」 鷹野 凌/福井健策 監 インプレス 2015.4.21刊

■「明日のプランニング」 佐藤尚之 講談社 2015.5.20刊

■「ひとり税理士の仕事術」 井ノ上陽一 大蔵財務協会 2015.6.22刊

■「「未来を読む」ビジネス戦略の教科書」 西村行功 毎日新聞出版 2015.9.25

手元不如意のなかで、厳選して購入した書籍群だったからか、なかなか良い本たちでございました。
特に、「ビジネス思考実験」は、気に入りました。再読決定。



デボノ博士の「6つの帽子思考法」

エドワード・デボノ博士の提唱した創造手法「6ハット」。思考パターンを6つに区分しそれぞれホワイト、グリーン等の色付けした帽子に見立て、帽子を取り換えるように思考パターンを切り替える手法です。

人間の思考パターンには特徴というか、偏向があります。強制的に思考パターンを変えるのがこの手法のメリット。グループ・ワークに際して紹介されることが多いようですが、個人でも有用な手法と思います。6つすべての手法を適用しなければならない訳でもありませんし。

原著「Six Thinking Hats」が、昨年末に「6つの帽子思考法」という書名で新訳され出版されているようです。
(過去に二訳あったが絶版と記憶)

ジェームス・W・ヤングの「アイデアの作り方」ほどではないにしろ、創造手法としては古典的と言ってよい部類の書籍なので、未読の方は一度目を通されるのもよいかと。



スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。