FC2ブログ

野口悠紀雄先生講演会「ICOについて」

2017.9.29に行われた早大大学院の野口悠紀雄先生の特別講義「ICOについて」を聴講して来ました。
以下は聴講内容に、管理人が調べた内容等を加味して記述しています。

1. ICOとは
ICO(Initial Coin Offering)とは、ブロックチェーン関連のプロジェクトが、将来提供するサービスで用いる仮想通貨(トークン)をサービス提供前に売り出すこと。

管理人は誤認していたのですが、主語は、あくまで「ブロックチェーン関連のプロジェクト」で、ブロックチェーンと無関係なプロジェクトがICOをおこなうことはできない(ICOとは言わない)のですね。
資金提供者が手にするのは、株式やそのプロジェクトの商品・サービス等そのものではなく、あくまで仮想通貨(トークン)。仮想通貨Ethereum等を利用し、払い込み?も仮想通貨。このあたりも恥ずかしながら、誤認しておりました。

一般的なクラウドファンディングとICOの違いは重要。

2. 資金調達とICO
ブロックチェーン関連プロジェクトに限ると、この数ヶ月ではICOによる資金調達がVCからの資金調達を上回る状況で、2017年累計12.5億ドルとのこと。

ベンチャー企業は例えば、シード→アーリー→ミドル→レイターといった成長ステージに区分できます。資金調達手段は一般的に、アーリー、ミドルあたりがベンチャーキャピタル(VC)、レイターで新規株式公開(IPO、Initial Public Offering)というイメージです。
ICOは、ホワイトペーパー(White Paper)という事業計画書か目論見書に相当するドキュメントに基づいて、シード等の早い段階でおこなわれるようです。IPOはもちろん、VC投資よりも早いイメージ。例えば独Slock.it社

ICOは、VCや投資銀行を介さないため資金調達に伴う高額な手数料(又はそれに相当するもの)が不要。IPOに比べて手続等が容易なため、PJ側だけでなく投資家にもメリットがあるそう。
これらを資金調達方法の「民主化」とみなす考え方もあるようです。

3. ICOの規制
ICOした仮想通貨(トークン)は後に(仮想通貨の)取引所へ上場され、ICOへの投資は上場による値上がりが目的。近年は明らかにバブルの様相が見られ、また詐欺的なものも多数現れているそう。
手掛かりはホワイトペーパーだけで、プロジェクトの実現性や収益性はもとより、実在性についても精査されていないのですから当然と言えます。

そのため、中国はICOを全面的に禁止韓国も2017.9.29に禁止を発表
金融庁が2017.9.29に仮想通貨交換業者登録一覧等を公表しましたが、ICOについては今のところ特段の情報はありません。

[参考]
■日経:仮想通貨、透明化へ一歩 金融庁が11社を取引所登録
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF29H0X_29092017EA4000/

ICOに関する野口先生のご見解は、以下。
-ICOの全面禁止は愚か。中国はブロックチェーン関連分野で深刻な遅れに見舞われる可能性が大。
-但し、ホワイトペーパーの内容等のルールの確立、売り出し方法の工夫(オークション等)など改善は必要。
ホワイトペーパーは取引所が精査すべき。(←このご主張はちょっと無理があると思いました。仮想通貨の取引所にVCや投資銀行的なスキルは無いだろうし、もし仮にあるのであれば同じ程度のコスト(手数料)が必要になるかと…)
-なお、日本でICOをおこなうプロジェクトが出てこないことが大きな問題。

[参考]
■野口悠紀雄の「ブロックチェーン」講義(THE21 ONLINE)
第1回「ブロックチェーンとは何なのか」(2017.1.5)
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3506
第2回「2つのブロックチェーン」(2017.2.27)
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3588
第3回「DAO」は会社と仕事をどう変えるか?(2017.5.5)
http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3864



tag : 仮想通貨

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。