野口悠紀雄先生講演会「トランプの経済政策について」

早大大学院の野口悠紀雄先生の特別講義「トランプの経済政策について」を聴講して来ました。
ポイントをメモ。

トランプ氏の経済政策で懸念されるのは、H-1Bビザ(特殊技能職に認められる就労ビザ)の廃止。もし実施されれば、ハイテク技術の才能が海外流出し、米国の技術開発力が低下する懸念が大きい。
Calexit(カリフォルニアの米国からの離脱)を求める声も出てる由。実際には困難だが。

すでにビジネスの生態系やサプライチェーンが全消滅しており、旧来型の製造業はもちろん、ITメーカーも米国での再興は困難。トランプ氏を支持したと言われる白人工場労働者が報われることは無い。
恩恵は、インフラ投資に伴う建設労働者くらい。

中国を為替操作国と認定し、45%の報復関税を課すなど、無理。消費者に反対され出来るはずがない。

TPPは、もともと日米双方にほとんど実効の無い制度。なので発効しなくても影響はない。ただ、すでに独自経済圏の確立に成功した中国にとって邪魔が少なくなったことから、日本に負の側面はある。
日本の経済外交の失敗で、中米に二股を掛けておくべきだった。

日本は、為替の影響で株価上昇、消費者物価もアップするが、実体経済には影響がない。実質消費は増えない。
恐れるべきは、米国の金利上昇に伴う、国内金利の上昇。財政破綻が目前となる可能性あり。

米国のITが凋落しても、日本がそれに成り代わることはない。
日本国内では、中国を未だに発展途上国や、せいぜい製造業の国と捉える人が多いが、まったく間違い。非効率な国営大企業は併存するが、他方でITやサービス、新興企業など、多くの点ですでに日本を大きく凌ぎ、米国に次ぐような国になっている。

スポンサーサイト

変わるビジネスリュック購入

周回遅れのネタですが、SUPER CLASSIC社の、変わるビジネスリュックを購入しました。

■SUPER CLASSIC 変わるビジネスリュック
http://superclassic.jp/?pid=80703


ご存知の方も多いと思いますが、変わるビジネスリュックは、いしたに まさきさん、コグレマサトさんのプロジェクト「SUPER CONSUMER」から開発された製品。PC等を持ち歩くビジネス利用のリュック(ザック)で、横持ちのバッグ風にもなるというもの。堀 E. 正岳さんのブログ記事を拝見して以来、ずっと気になっていました。

ただ、価格が2万円弱で管理人にとっては高額な投資対象のため、実物を見たかった。基本的に通信販売ですが、南青山(表参道)に直営のGallery &Storeがあることを知り、行ってみました。
数時間ずつの営業ですが、土日だけでなく、平日にも開いている日があります。

使用感について。
とても軽くて、取り回しもよく満足ですが、やはりサイズは相当に大きいです。一般のザックのように中身が入って無くても潰せませんので、都内のラッシュ時の通勤用としては、やや躊躇します。当面は、PCを持参しての地方出張又は旅行用となりそうです。

ちなみに、2016.12.4(日)には、大阪でSUPER CLASSICのGallery & Storeが臨時オープンするようです。
全商品の展示・販売をされるそうですので、実物を手に取ってみたい関西方面の方は行ってみては如何でしょうか。

Excelの小技メモ

少し前、科研費の関係でExcel方眼紙が話題でしたが、そもそもExcelを使ったら負けだと思っている管理人です。

ところが、某IT会社でも、ワープロ代わりにExcelを使うのが会社標準になっておりまして…orz
まあ、強制されたおかげで、自分では絶対に使わないような小技も多少は憶えました。といっても直ぐに忘れるので、備忘録を。

1. 表の行と列を入れ替える

形式を選択して貼り付けの、貼り付け→行列を入れ替える

よく考えずに表を作り始めてしまい、後で「これ、行と列が逆だなぁ」となった場合(←たまにやる)等に。

2. 図をリンクして貼り付ける

その他の貼り付けオプション→リンクされた図

図そのものはリンク貼り付けできないですが、図形を含むセルや範囲を図として扱いリンクする等の用途に。

3. セルを結合せず元のセルを生かしたまま、範囲の中央に表示。

セルの書式設定→配置タブ→文字の配置→横位置で選択範囲内で中央

これはまさにExcel方眼紙の技ですね。悪い意味での職人技。

4. 文字に取り消し線を上書き

消したいテキスト(文字)部分を選択して、セルの書式設定→取り消し線を選択してチェック。

pptやWordだと、リボンのアイコンにある一般的な機能ですが、Excelだとこんなところにあるんですね。
なお、図形上のテキストには、取り消し線は書き込めません。

5. 斜め罫線

罫線→斜め罫線

表の左上、行・列の凡例に利用できるか。これもExcel方眼紙技。

6. 文字のあるセルに罫線を自動入力

条件付き書式→新しいルール→指定の値を含むセルだけを書式設定→空白なし→書式→罫線

これは、他の方が作成したExcelに設定されていた(と思われる)機能。加筆修正で文字を入力すると、なぜか罫線が自動で引かれ…大迷惑。
暇にまかせて、(だけどネットには繋がらないので)Excelの機能を自分でいろいろ試し、試行錯誤していたら、条件付き書式でやってるのではないか、との仮説に行き当たりました。
この機能が設定されていることは外見からは判らないので、他人と共用するExcelに注釈も無くこういう設定をする奴は本当にXXだと思いました。

7. スクリーンショットの挿入

リボンの挿入→スクリーンショット。

部分的に方形に切り取ることもできるのが便利です。

PC設定の備忘録

このところ、諸事情によりオフィス数ヶ所転々とし、その会社所有の共用PCや他人のPCを「この端末使って!」って感じで使わされることが多い。この数ヶ月の間で、この年まで公私で使ったすべてのPC台数より多い端末(PC)を次々と使った気がする…。

端末という言葉も、久しぶりに聞いたねぇ。ネットに繋がないPCも多く、これはまさにイントラの端末(クライアント)なんだけれど、お若い方にイメージ伝わるでしょうか?

PCが変わるその度に自用にPCの設定も少しだけ変えるのだけど、これがけっこう面倒で、でもやり忘れると操作中にイライラするし。精神の健康のためにも、最初にやっておくべき小事。
ということで、Windows PC+Windows7+MS Officeに関する設定の個人的な備忘録です。

1. IME設定
タスクバーのIMEアイコンのオプション(▼)→プロパティにチェック。
プロパティ→全般タブ→スペースの入力を常に半角。
辞書/学習タブ→カタナカ英語辞書を追加。
単語の登録→頻繁に使う用語を登録。

2. MS Office(アプリ毎に設定が必要)
2.1 オートコレクト
ファイル→オプション→文章校正→オートコレクトのオプションでスペルチェックのチェックを外す。

2.2 図形と線
図形の線や色、フォント等を自己の最も頻度の高いタイプに変更。
図形を選択し、右クリックから→既定の図形に設定。
線も同様に。
こちらも、ppt、Excel等のアプリ毎に設定が必要ですが、資料で図形を多用する管理人には必須の手続です。自己とまったく異なる色や線種、フォントが設定されている(ことが多い)と本当にイライラしてしまう…。

2.3 ルーラー、ガイドの設定(ppt)
リボンの表示→ルーラー、ガイドのにチェックを入れる。
表示→表示→描画オブジェクトをグリッド線に合わせるにチェック。
IT会社だとpptはあまり使われていないのか、初期設定のままの場合が多かったですが、管理人はpptを多用するので、この設定は必須。

ここのところ、車中読書した書籍

大変ご無沙汰しております。
2ヶ月半ほど、空白になっておりました。

7月下旬頃から、諸事情により生活が一変しており、時間があるからブログが書ける訳ではないものの、時間が無いとやっぱり書けないということでございました。
ただ、通勤というものが生じて、しかも従前よりも長い経路を辿る必要から、車中での読書という習慣も2年ぶりくらいに復活。
今年前半は、ほとんど何も読まなかったのに、このところ、15冊ほど読んでおりました。管理人にとって、読書に必要なのは「通勤」だった、というオチ…

いろいろと参考になる事項や考えたこともありましたので、これからボチボチと書評(?)としてアップする所存。(←あくまで予定ですが)
なお、約1年半~半年前に購入した書籍が多く、書評としての旬はとうに過ぎていたりしますので、まあ、どこまでご参考になるかは判りませんが、相変わらずの個人的な備忘録としてご容赦を賜りたく。

書名を挙げておきますと、
■「捨てられる銀行」 橋本卓典 講談社 2016.5.20刊

■「会社のITはエンジニアに任せるな!」 白川 克 ダイヤモンド社 2015.12.3刊

■「リストマニアになろう!」 ポーラ・リッツォ 飛鳥新社 2016.6.5刊

■「撤退戦の研究」 半藤一利/江坂 彰 青春出版社 2015.7.15刊

■「ストレスフリーの整理術」(全面改訂版) デビット・アレン 二見書房 2015.12.25刊

■「戦後経済史」 野口悠紀雄 東洋経済新報社 2015.6.11刊

■「ほぼ日手帳公式ガイドブック2017」 ほぼ日刊イトイ新聞 編 マガジンハウス 2016.8.22刊

■「ジオエコノミクスの世紀」 イアン・ブレマー/御立尚資 日本経済新聞出版社 2015.10.23

■「ビジネス思考実験」 根来龍之 日経BP社 2015.12.21刊

■「戦略読書」 三谷宏治 ダイヤモンド社 2015.12.17刊

■「発想法の使い方」 加藤昌治 日本経済新聞出版社 2015.4.15刊

■「「超」集中法」 野口悠紀雄 講談社 2015.9.20刊

■「クリエーターが知っておくべき管理や法律を教わってきました。」 鷹野 凌/福井健策 監 インプレス 2015.4.21刊

■「明日のプランニング」 佐藤尚之 講談社 2015.5.20刊

■「ひとり税理士の仕事術」 井ノ上陽一 大蔵財務協会 2015.6.22刊

■「「未来を読む」ビジネス戦略の教科書」 西村行功 毎日新聞出版 2015.9.25

手元不如意のなかで、厳選して購入した書籍群だったからか、なかなか良い本たちでございました。
特に、「ビジネス思考実験」は、気に入りました。再読決定。



請求書の作成のポイント

すっかり、ご無沙汰してしまいましたが、久しぶりに備忘録的なものを少々。

業務が終了した後などに、その代金を請求するために作成する書類が請求書です。現金販売や口頭契約のケースを除き、ビジネスでは最も多くやり取りされる書類のひとつでしょうか。

ただ、大手企業やその系列ですと、不正防止等の観点から、現場とは別の部署が請求~代金回収の業務をおこなうのがむしろ一般的で、請求書の作成も現場がやるケースは少ないと思います。
大手系のコンサル会社では、そういう業務フローだったため、業務~納品~検収までが担当で、それ以降は管理部門の業務であり、ほぼタッチしていませんでした。ごく稀に、スポットの講演やセミナー等で(管理部門がタッチしない場合)「請求書が欲しい」という顧客がいた場合も、会社制定の請求書フォーマットに金額や内容を付記して終わり、と。

今般、諸事情から請求書を作成する必要が生じ、改めていろいろ考えてみると、フォーマット自体はネット上に溢れているのですが、不明確なことも多くて…。
整理してみました。

請求書に必要な項目
請求書について定められた法的な要件は特に無いようですが、代金を請求するための書式として、最低限以下の項目が必要になります。

- 日付
- 請求先
- 請求元
- 請求の根拠となる内容
- 金額
- 支払期日
- 支払方法


日付
請求日です。例えば、コンサルだと、作業終了日又は検収終了日(以降)等でしょうか。また、継続的な売買等だと、締日なども必要になります。

請求先
代金等を請求する相手先の顧客です。企業名か、部署名か、担当まで入れるのか、などの選択支があり。

請求元
自分又は自社です。

請求の根拠となる内容
実施した作業や売買等の内容です。基本的に契約書や注文書等の内容と一致させます。

請求金額
一番大事なのがこちらで、代金+消費税(カッコ書き)→合計金額。

支払期日
いつまでに支払が必要かという期限。支払条件、振込期日などと書く場合もあり。

支払方法
一般的な振込の場合は、銀行・支店名、預金種別・口座番号、口座名義を記載します。
振込手数料の負担の件を付記することも。

これ以外にも、

請求番号

が記載してあると、自社での管理や請求先とのやり取りに便利です。

その他、
「請求書」という文書名
「平素は格別の~」等という前書き
「以上」
など、文書の体裁を整えて、請求書が出来上がりです。

個人事業税と業種

地方税のひとつに、個人事業税というのがあります。
企業ではなく、事業をやっている個人、いわゆる個人事業主に対する課税ですね。

都道府県内で第1種事業から第3種事業にあたる特定の事業を営む場合、前年の事業による所得金額から事業主控除額などを差し引き、それに税率を乗じたのが税額です。

個人事業税の税額 = (前年の事業所得金額 - 繰越控除等 - 事業主控除額)× 税率


基準が前年の事業所得なので、開業の年には課税されません。2年目以降ですね。支払った個人事業税は、事業所得(国税)の計算では、必要経費になります。

コンサルタント業は、第3種事業として明記されています。税率5%。
管理人の場合、システム開発の一部としてコンサルティング作業をおこなうケースもあるのですが、システム開発業は業種として明記されていません。

疑問に思ったので、都道府県税事務所に問合せしてみたところ、契約等の内容によるが一般的には請負業として課税されるケースが多いのでは、とのこと。請負業は第1種事業になります。こちらも税率は5%。
逆に、請負に該当しない準委任や無名契約等であれば、課税対象にならない場合もあるということのようです。

なお、業種が変更になった場合、国税は確定申告の際に業種の記入欄があるので記入しますが、その情報は都道府県税事務所へは連携されないとのこと。別途、変更の届出が必要とのことでした。

Googleカレンダーの検索結果がすべて表示される

行動予定と実績の管理には主にGoogleカレンダーを使っており、とても便利なのですが、ただ、以前にエントリを上げたように検索結果が最大6件しか表示されないのが不満でした。「検索」のGoogleのはずなのに、と。

件数だけは判るものの明細は6件のみ表示なので、すべての明細を見るには検索結果が6件以内に収まるように検索期間の日付をいちいち調整して、分割する必要があったのですね。

ところが本日、検索していると、アレっ!?ズラズラと長いリストが表示されます。仕様が変更されたようですね。
いくつかのワードで検索してみましたが、カレンダー作成以降のすべてが検索結果として一覧表示されているようです。
これは、とても便利な変更です。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード